医学部入試問題を斬る

医学部入試問題を斬る

エースメディカルみなとみらいの峰岸先生が様々なテーマを扱い医学部入試を徹底解説。

峰岸先生が徹底解説!『医学部入試問題を斬る』

「医学部入試の攻略」というテーマで医学部入試の対策講座を開設しています。

入試問題の解説の他、受験に関する様々なテーマで入試に切り込んでいきます。入試問題についても英語のみならず各科目はもとより、小論文、面接といったものも幅広く扱う予定です。

第247回.医学部入試問題-英語「長文読解-日本医科大学(2011年)」10

今回は日本医科大学の入試問題(2011年)を解いています。

今日は問2を解いてから第3パラグラフ第7文を読み進めていきましょう。解説の都合上本文やパラグラフに番号を入れています。

次の英文を読んで以下の問に答えなさい。

(3)①Most people say yes to the first version and no to the second, even though both versions involve sacrificing one life for five.②This has been tested in surveys of over 150,000 people, 90 percent of whom said yes to pulling the lever, and no to pushing the man.③Instinct, and not rational judgment, seems to make the second choice “wrong.” ④In fact, however, medical researchers have found that the “instinctive” emotional response is governed by a part of the brain called the ventromedial prefrontal cortex (vmPFC).⑤People with damaged vmPFCs would push that large man just as easily as they would pull the lever. ⑥(2)In contrast, those of us with undamaged vmPFCs would no more push the man than we would allow a surgeon to kill one healthy person in order to use his organs to save the lives of five patients who would die without them. ⑦Our emotional response is more powerful than any abstract rational calculation of the most beneficial outcome.

問2 下線部(2)では2つの事例が類比的に示されているが,両者の類似性は何か,句読点を含む50字以内の日本語で簡潔に説明しなさい。

問2を解きます。まず、設問の本文と訳を確認しましょう。

本文はIn contrast, those of us with undamaged vmPFCs would no more push the man than we would allow a surgeon to kill one healthy person in order to use his organs to save the lives of five patients who would die without them.(対照的に、腹内側前頭葉皮質に損傷を受けていない人は、臓器がないと死んでしまう患者5人の命を救うために一人の健康な人を外科医が殺してその臓器を使うことを許さないのと同様にその男性を押すことはしないでしょう)です。

設問文を検討しましょう。「下線部(2)では2つの事例が類比的に示されているが,両者の類似性は何か~」となっているので、まず「2つの事例が類比的に示されている」を確認しましょう。本文で出てきた事例を整理します。

①暴走列車がこのままだと線路上の5人の作業員をはねてしまうので、レバーを引いて列車を別の線路に誘導する。5人は助かるが誘導先にいる作業員1人を殺してしまう。

②暴走列車がこのままだと線路上の5人の作業員をはねてしまうので、その線路上に一人を突き落として列車を止める。5人は助かるが、落とされた1人を殺してしまうことになる。

③臓器がないと死んでしまう5人患者がいて、彼らの命を救うために1人の健康な人を殺してその臓器を使う。

そして、下線部(2)の第6文では①を踏まえたうえで、この3つの事例のうち、vmPFCs(腹内側前頭葉皮質)に損傷がない人は②と③を許さない、というをことが述べられました。

つまり、第4文でPeople with damaged vmPFCs would push that large man just as easily as they would pull the lever.(脳の腹内側前頭葉皮質に損傷のある人はレバーを引くのと同じくらいの手軽さでその大きな男性を押すでしょう)と書いたことを裏打ちしている文ですね。

さらに第5文ではIn fact, however, medical researchers have found that the “instinctive” emotional response is governed by a part of the brain called the ventromedial prefrontal cortex (vmPFC).(しかしながら実は医療研究チームは「本能的」な感情の反応は腹内側前頭葉皮質と呼ばれる脳の部位で支配されていることを発見しました)とあるので、設問の「2つの事例が類比的」なのは②と③であり「両者の類似性比較」は①を踏まえてvmPFCsとの関係を書けばいいですね。

解答例
本能的な感情を司るvmPFCsが機能していないと、5人の命を救うために簡単に1人の命を犠牲にできる(48字)

第3パラグラフ

第7文

Our emotional response is more powerful than any abstract rational calculation of the most beneficial outcome.

この文の主語はOur emotional response(私たちの感情の反応)で術後はis more powerful(より強力です)です。「何より強力なのか」は than any abstract rational calculation(どんな抽象的かつ合理的な計算)です。「どのような計算か」はof the most beneficial outcome(最も利益にある結果)です。

訳:

私たちの感情の反応というものは、最も利益を伴うような結果に対してのどんな抽象的かつ合理的な計算よりも強力なのです。

*****************************************

いかがでしょう?今回の設問を50字でまとめるのはなかなか難しかったかもしれません。解答を作る前にポイントを整理してまとめる癖をつけてください。時間との戦いですね。本文はいよいよ最終パラグラフに入っていきます。次回もお楽しみに。

*****************************************

エースメディカルみなとみらいでは、生徒各個人に合わせて英文のレベルを分け、中学生レベルの英文から科学雑誌の英文までを準備しています。

医学部に受かる力の養成に直結した授業を展開しています。無料レッスン随時受け付け中です。お問い合わせください。

2021年7月16日
プロフィール
峰岸敏之

峰岸 敏之

1964年生まれ。早稲田大学大学院・法学研究科前期課程修了、法学修士。大手新聞社で新聞記者を経験後、講師業に転向。

河合塾や城南予備校、栄光ゼミナールなどの大手予備校や医学部予備校などで、大学受験ブロック長や英語科責任者などを務める。指導教科は英語と小論文。

2013年春に横浜に医学部予備校を開校し、「30年以上続く予備校を作り、医学部への合格者を1000人を出す」が目標。