メビオ

メビオは学費は高いですが合格実績は高く関西屈指の医学部予備校です。

比較ランキングサイト

医学部予備校TOP > メビオ

大阪で初めて誕生した医学部予備校【メビオ】

メビオ

メビオは、大阪ではじめて医学部進学を目的として創設された医学部専門予備校です。

創設39年の長い歴史を持ち、数多くの医学部合格者を輩出している歴史と実績が自慢の医学部予備校で、学費が高いにもかからず、生徒は全国各地から集まるほど評価が高い。

九州で実績豊富な進学塾「英進館」のグループとなり、メビオは今後も質の高い指導とサポートが期待できます。

これまでの医学部合格者数合計5,437名で、進学者数はなんと2,759名とメビオの合格実績は医学部予備校の中でもトップクラス。

特に関西にある私立大学医学部への合格実績が豊富なので、関西圏の医学部を目指す受験生にはおすすめの医学部予備校と1つと言えるでしょう。

メビオ

合格に直結!医学部予備校をリードする学習システム

メビオは関西で初の医学部予備校を創設しただけでなく、「少人数制クラスの導入」、「集中授業」、「入試直前までのカリキュラム」、「オリジナルテキスト」なと、昨今の医学部専門予備校では当たり前の授業スタイルをいち早く取り入れ、効果的な学習指導方法を確立しています。

講師も京大・阪大出身をはじめとする優秀な講師陣が指導を行い、生徒一人ひとりの指導密度・指導レベルを高く維持することに日々精進。

授業は各生徒に最も合った指導を行い、学力を最大限に伸ばす体制作りに注力し続けているため、多くの生徒から支持されています。

メビオは、1クラス10名程度の少人数規模なのに、担任は常勤講師が3名もつくという徹底ぶり

異なる科目の講師が複数人担当することで、学習計画の見直しも教科間のバランスを取りながら最適な提案ができるのはもちろん、志望校選定や学習アドバイスも科目ごとの特徴を適切に捉えながら提供できるメリットもあります。

他の医学部予備校をリードする学習システムと指導体制により、メビオから毎年多くの医学部合格者が誕生しています。

そんなメビオの高い合格実績や指導体制が評価されており、東進が実施する日本最大の医学部模試にも参画する医学部予備校の1つ。

学費は高額だけど、合格実績の高さで評判が良い専門予備校の1つ

メビオの学費は高いという評判をよく耳にしますが、年間に換算すると700万円以上かかると言われています。

高卒生の場合、どれくらいの学費がかかるか確認してみましょう。

入会金 300,000円
授業料 3,900円/1時間 ※年間授業時間約1,100時間+季節・直前講習約700時間

つまり、授業料だけで3,900円×(1100時間+700時間)=7,020,000円(税別)が発生します。

入会金を合わせると7,320,000円です。

なお、生徒によって授業時間数は異なってくるため、授業料はあくまで目安であり、増減してきます。

これ以外にも1日3食分の食費や遠方の受験生の場合は寮費が上乗せされるので費用負担は増加

したがって、メビオの学費は医学部予備校の中でも高いと言われているのです。

そんな学費の高い医学部予備校のメビオになぜ毎年多くの受験生が集まるのか。

それは、やはり高い学費を払っても可能性が期待できるだけの合格実績の豊富さであると言えるでしょう

メビオの合格実績は私立大学医学部が中心ですが、1校舎から毎年100名以上の合格者を輩出(2020年は177名)。

しかも、近年は関西のみならず、中部や九州など多くの医学部で二桁以上の合格者を輩出している点が、メビオが大阪にある他の医学部予備校との違いです。

1年で医学部合格が実現できれば700万円も安いと考える家庭も少なくありません。

上記理由から高額な学費でもメビオは医学部予備校の中でもトップレベルの人気を誇っているのです。

直営寮および校舎内食堂で生活・食事面から完全サポート

メビオは、学習面以外のサポートも徹底しています。

まず、メビオは医学部予備校の中でも数少ない直営寮を所有しており、しかも3棟という充実ぶり。

これだけ多くの直営寮を持っているのは、大阪や関西だけでなく全国各地から多くの受験生が集まる証拠です。

門限23時で、全ての寮にセコムのセキュリティシステムが完備されており、住み込みの寮母が365日24時間サポートしてくれるので、緊急時のサポートも安心です。

また、メビオでは寮だけでなく、食事面にも力を入れています。

医学部予備校でも珍しく校舎内に厨房付き食堂を設置しており、朝・昼・晩の3食とることが可能です。

管理栄養士や調理師の資格を持った専任スタッフが、栄養バランスを考えて受験生にふさわしい料理を提供。

食事面から日々の受験勉強をサポートしてくれるので、メビオなら高い学習効果も期待できます。

メビオの医学部予備校詳細

指導形態 集団クラス
寮のタイプ 直営寮
コース・学費 【学費】
入会金:300,000円 高卒・高3生:3,900円/時間 高2生:3,500円/時間
【授業料の目安】
・高卒生:約7,200,000円(本科 約1,120時間+講習 約710時間)
・高3生:約5,500,000円(本科 約700時間+講習 約710時間)
【食費】
朝食:500円 昼食:700円 夕食:950円
【寮費】
敷金・礼金:0円 寮費:82,000円~/月
合格実績(2020) 【国公立】
高知大学(1)、島根大学(1)、名古屋市立大学(1)
【私立】
愛知医科大学(15)、岩手医科大学(9)、大阪医科大学(11)、金沢医科大学(6)、川崎医科大学(11)、北里大学(1)、関西医科大学(21)、杏林大学(3)、近畿大学(22)、久留米大学(15)、埼玉医科大学(1)、順天堂大学(1)、聖マリアンナ医科大学(1)、東海大学(2)、東京慈恵会医科大学(1)、東京女子医科大学(2)、日本大学(2)、日本医科大学(1)、兵庫医科大学(24)、福岡大学(15)、藤田医科大学(15)
予備校所在地 〒540-0033 大阪市中央区石町2-3-12 ベルヴォア天満橋
お問合せ先 TEL:0120-146-156
(9:30~21:30)

資料請求はこちら

メビオの口コミ・体験談

投稿者:魔王 (男性)

本気で合格したかったらここにすべき。学費が高いだのなんだのガタガタ言う貧乏人は駿台行ってろ。授業の復習と宿題をちゃんと1年間やればどこでも受かる。下手に自己流すると落ちるぞ。復習と宿題以外なんもするな。

2017/5/05
投稿者:むっちゃん (女性)

メビオでは実力テストが年に4回あるので自分のレベルを知ることができます。友人と順位を競っうことでモチベーションが上がりましたし、こういった競争心があったからこそ学力を伸ばすことができたと思います。

2016/10/22
投稿者:鉄拳さん (男性)

関西で国公立大学医学部を目指すことができる数少ない医学部専門の予備校だと思います。先生方は京大をはじめとした一流大学出身ばかりで教え方も非常に分かりやすいです。本気で医学部合格を目指している受験生にjはおすすめの予備校です。

2014/1/13
投稿者:ウルトラさん (男性)

スタッフや先生は面倒見がとても良く辛い受験勉強のなか何度も救われました。志望校に合格できたのはメビオのおかげだと思っています。授業料は高額ですが、その分のサポートは徹底していると思います。長年の合格実績も高くレベルの高い医学部も目指せる環境があるので検討して見る価値ありです。

2013/12/18
投稿者:ぐっさん (男性)

大阪で医学部受験の対策予備校を探しているのであればメビオの実績は高いほうになります。多にも医学部予備校はたくさんあるけど経済的な問題がクリアできるならおすすめです。経済的に厳しいなら大手予備校のKかSに行くのが無難だと思います。

2013/11/22
投稿者:たっぺい (男性)

関西で医学部専門予備校考えているならメビオが無難。授業料は高いけど。自己管理がちゃんとできる人は河合とかの大手予備校で良いとは思う。

2013/11/04
投稿者:ドロハン派 (男性)

メビオは半強制的に学習させるので基礎が乏しい人や自己管理が苦手な人に向いている。講師は質のバラつきがあるものの理系科目はわかりやすい講師が多い。

2013/10/28
投稿者:ペンシル (男性)

講師との距離が近くいつでも質問できる環境が整っています。ただし上位クラスに入るっていう強い意志がないと合格は厳しいかも。

2013/10/26

当サイトでは、現在メビオの口コミ・体験談を募集しています。医学部志望の受験生に役立つ情報の場として、ぜひご協力お願いいたします。

口コミはこちら 資料請求はこちら
メビオの詳細をみる
page top