宮崎の医学部予備校

宮崎は医学部予備校の数が限定されるので通信講座や県外を選択肢に入れる必要があります。

比較ランキングサイト

医学部予備校TOP > 宮崎の医学部予備校

宮崎のおすすめ予備校

医学部受験ブームは高まっていますが、もともと地方は仕事の数も首都圏に比べて少ないので、昔から優秀な学生は名門進学校を卒業して地元の医学部へ進学して医者になるという1つの黄金ルートが存在しています。

これは宮崎でも例外ではなく、優秀な高校生は地元の医学部に進学する人も多いです。

そこで今回は宮崎県の医学部受験事情と、おすすめの医学部予備校について解説していきます。

【目次】

宮崎の医学部受験事情

宮崎県の医学部受験からまずは紹介していきます。宮崎県は九州の地方都市であるため、進学先にしても塾や予備校にしても、やはり選択肢は限定的。

それでも多くの医学部合格者を輩出している高校はあるので、医学部を目指すことは全然不可能ではありません。

それでは、まずは宮崎に設置されている医学部について見ていきましょう。

宮崎県地域の医学部設置大学は国立1校のみ

宮崎県内に設置されている医学部医学科は、国立大学法人の宮崎大学のみ。

医学部の中では歴史の浅い新設医学部に該当しますが、再受験生に比較的寛容なこともあり、人気は高いです。

ただし、宮崎大学医学部は進級判定が厳しいことで有名なので、入学後も気が抜けない学生生活が待っています。

宮崎大学の概要

  • キャンパス所在地:宮崎県宮崎市清武町木原5200
  • 偏差値:前期65、後期70
  • 募集定員:前期50名、後期20名、推薦入試40名
  • 男女比率:52:48

宮崎大学医学部への合格者数が多い高校はあの名門校

最初に触れたように、県内の優秀な高校生は地元宮崎大学医学部へ進学するのが一種の成功ルートとして古くから確率されています。

では、宮崎大学医学部医学科への合格者数が多い県内の高校はどこなのでしょうか。

まず、県内のトップ5校は、全て国公立で宮崎西、宮崎大宮、都城泉ヶ丘、都城高専、延岡となっています。

しかし、宮崎大学の医学部合格者数(2019年度)となると、トップの宮崎西高校は15名とやはり他校を圧倒していますが、次は私立の宮崎第一高が健闘しています。

高校名 宮崎大学医学部合格者数
宮崎西高校 15名
宮崎第一高校 6名
宮崎大宮高校 5名
延岡高校 5名

やはり、宮崎大学医学部だけでなく、医学部に進学を希望する小中学生の場合、偏差値の高い進学校を目指すのが近道と言えるでしょう。

大手予備校はフランチャイズ教室のみ

医学部合格を目指す進学校の生徒は、大手予備校の上位コースに通うことが多いものの、県内には大手予備校の直営校はゼロ。

高校生向けの河合塾マナビスや、映像授業の東進衛星予備校などのフランチャイズ教室しかありません。

よって、浪人生向けの大学受験科コースに通いたい場合は、浪人して福岡や東京などで寮を利用しながら勉強することになります。

しかし、医学部合格を目指す場合は大手予備校に通うよりもa専門予備校に通う方が丁寧な指導が受けられるので合格への可能性は高まります

特に、現時点の学力が合格からほど遠い受験生ほど、合格率の高さが魅力の医学部予備校に通うことが現実的です。

では、宮崎県にはどんな医学部予備校があるのかを次は確認していきましょう。

宮崎でおすすめの医学部予備校一覧

家庭教師のトライ トライ式医学部合格コースを設置して専門的な対策ができる
増進塾 地元の進学予備校で医学部受験コースを設置

宮崎で医学部予備校を探すとなると非常に数が限定されてしまい、家庭教師のトライか増進学の2つしか専門的な対策はできません。

あとは、河合塾マナビスや東進で医学部受験対策の映像授業を受講する方法があります。

やはり都市部に比べて医学部予備校の数は極端に少ないので、全国のライバルと争うには学習環境の面でハンデを負っていると言わざるを負えないでしょう。

ただし、県外の医学部予備校や通信講座を候補に入れることで、高い学習効果を期待することができます。

浪人生は県外の合格実績豊富な医学部予備校もおすすめ

宮崎だけでなく、九州なら福岡、都市部なら東京、関西にある医学部予備校を候補に入れることで、選択肢を増やすことが可能です。

県外には合格実績が豊富な医学部予備校も多く、1年で合格するだけの学力を身につけることができる場合も少なくありません。

しかも、全寮制の医学部予備校もあるので、保護者の方も安心して子供を預けることが可能です。

したがって、後がない浪人生など短期間で合格を実現したい受験生は県外の医学部予備校も選択肢に入れることが重要です。

経済的負担は軽くありませんが、地元宮崎で何年もかけて合格を目指すよりも安上がりなうえ、医学部進学の可能性を大きく伸ばすことができます

高校生は評判の良い通信講座もあり

高校生の現役生は、学校の授業があるので県外の医学部予備校に行きたくでも地元を離れることはできません。

この場合は、首都圏を中心に提供されている医学部予備校の通信講座を受講して勉強することをおすすめします。

映像授業と違って、通信講座ではオンライン上のTV電話を使って講師から直接指導を受けることが可能です。

しかも、1対1のマンツーマン指導のため、個別指導のように自分の学力や目標に合わせた授業が受けられます。

これなら首都圏の医学部予備校に通う受験生と同じ教材やカリキュラム並びに講師の授業が受けられるため、ライバルに負けない質の高い受験対策を実現

医学部予備校側も通学生とそん色のないサポートが提供できるよう各予備校で工夫されているので、一度検討してみてはいかがでしょうか。

医学部予備校の通信講座は、授業料が通学タイプよりも割安であることが多いので、経済的負担を抑えたい浪人生にもおすすめです。

【まとめ】校舎数が少ないので学習法には工夫が必要

以上のように、宮崎県内にはトライや地元の進学予備校など専門的な対策ができる医学部予備校の数は非常に限られているのが現実です。

したがって、質の高い受験対策ができるよう、県外にある評判の良い医学部予備校に通うか、あるいは通信講座を利用することが最短ルートで合格するためのカギとなります。

まずは、当サイトを使って口コミ評価の高い医学部予備校の存在を知り、資料請求や体験授業などを通じて自分との相性を良い医学部予備校を見つけることから始めてみましょう。

おすすめ医学部予備校

野田クルゼ

40年以上の伝統と歴史を誇る実績トップクラスの医学部予備校

学び舎東京

医学部および難関大学に強い個別専門予備校

太宰府アカデミー

福岡で合格実績豊富な全寮制の医学部予備校

ウインダム

生徒の2人に1人が医学部進学を実現させる実力派予備校

おすすめ学習ツール

メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

page top