四谷学院

四谷学院は科目別能力別授業と55段階別個別指導により理解力と解答力を身につけます。

比較ランキングサイト

医学部予備校TOP > 四谷学院

55段階個別指導は医学部受験にも効果的【四谷学院】

40年以上の歴史を誇る全国規模の四谷学院は医学部予備校に負けない実績が魅力。

現役生や浪人生のみならず、社会人の医学部再受験の実績も豊富です。

そんな医学部予備校希望者にもおすすめできる四谷学院の評判や特徴を紹介していきます。

医学部予備校にはない独自の学習法に注目

四谷学院

四谷学院は、55段階個別指導で有名なユニークな授業システムを展開している予備校です。

医学部志望者のためのコースを設置しており、東大医学部コース、京大医学部コース、国公立医歯薬コース、および私立医学部コースがあります。

特徴的なのは、特待生制度を設けていないことです。これは、合格実績が上げやすい優秀な学生を集めることに特化せず、どんなレベルの学生でも質の高い指導を行っていくことで難関大学へ合格させられるという自負があるからです

現に、四谷学院が柱としている理解力と解答力の育成は生徒からも定評があり、現に毎年多くの難関大学合格者を輩出しています。

「なんで私が○○大に!?」でお馴染みの四谷学院なら、医学部逆転合格が実現可能です。

四谷学院

55段階個別指導

四谷学院といえば、55段階個別指導が有名です。

これは、過去の入試問題を徹底的に分析して最初は中学1年レベルから最後は東大合格レベルまでの範囲に及びます。

その際に、同じ内容を難易度を分けて何回も出題させることで曖昧な理解を避け、本質的な理解が期待できます。

一人ひとりの学力に合わせてマンツーマン指導を行うので、プロの講師が弱点部分をしっかり見つけてくれます。また、その場で些細な質問にもしっかり答えてくれるので未消化の部分がでません。

さらに採点・解説をその場でしてくれるので、自分がなぜ間違えたのか記憶に残っているうちに正しいプロセスを教えてもらえるので効率良く理解できます

志望校対策も55段階最終ステージに設けられているので安心です。入試での得点力を最大に発揮するためにも、部分点を積み上げていく方法を詳細に指導してもらえるのが魅力です。

独自のダブル教育システム

四谷学院では、理解力と解答力のダブル教育システムが定評があります。

解答力は55段階個別指導で、ブレない答案作成能力を身につけていきます。

いっぽう、理解力は科目別能力別授業によって、学力に合った授業を受けることができます。

科目別能力別授業は、少人数制を採用しているので講師が生徒の理解度を見逃すことなく、生徒一人ひとりの表情を確認しながら授業を展開してくれます。

また、科目別にクラスが分けられ細分化されているので、総合点などでクラスが決まってしまう他の予備校と違い、自分のレベルに応じた授業を全ての科目で受けることができます

毎月レベル診断テストが実施されるので、いつでも自分に合ったクラスで授業することができ、自分の努力次第でどんどん上のクラスにチャレンジできるので学習意欲にもつながります。

四谷学院の評判

四谷学院では、大手予備校にもかかわらず、アットホームな雰囲気で講師やスタッフとの距離が近いことに魅力を感じている生徒が多いようです。

少人数クラスの科目別能力別と55段階個別指導と、講師から丁寧な指導が受けられることが高い満足度につながっています。

特に、評判高い55段階個別指導は中学レベルの基礎から着実に学んでいけるので盲点や苦手分野の発見、そして自分に足りないものなど今後の課題を明確化させることが可能です。

課題の克服しながら達成感や自信を持つことで、学力を飛躍的に伸ばす学生がたくさんいます。

基礎学力の強化はセンター試験でも高得点につながっており、国公立大学医学部への合格者も多いのが特徴です。

医学部予備校に匹敵する少人数で丁寧な指導と、割安料金な学費体系で多くの受験生が四谷学院を支持しています。

四谷学院の予備校詳細

指導形態 集団クラス、個別指導
寮のタイプ 直営および提携
コース・学費 【高卒生の料金・諸経費】
・東大医学部コース:450,000円
・京大医学部コース:450,000円
・国公立医学部コース:450,000円
・私立医学部コース:440,000円
※別途入学金:100,000円
【高3生の料金・諸経費】
・週1コマ:110,200円
・週2コマ:217,500円
・週3コマ:316,100円
・週4コマ:400,200円
・週5コマ:472,700円
・週6コマ:545,200円
・週7コマ~:496,480円~
※週7コマ以上は2割引で受講可能
※別途入学金:100,000円
合格実績
(2016~2018年)
【国公立大学】
東京医科歯科大学、大阪大学、東北大学、九州大学、千葉大学、名古屋大学、神戸大学、北海道大学、京都府立医科大学、大阪市立医科大学、筑波大学、横浜市立大学、広島大学、名古屋市立大学、新潟大学、奈良県立医科大学、札幌医科大学、徳島大学、滋賀医科大学、弘前大学、秋田大学、山形大学、鳥取大学、旭川医科大学、福島県立医科大学、富山大学、福井大学、大分大学、島根大学、高知大学、佐賀大学、信州大学、山口大学、三重大学、高知大学、長崎大学、宮崎大学など
【私立大学】
慶應義塾大学、東京慈恵会医科大学、順天堂大学、日本医科大学、自治医科大学、東京医科大学 他
予備校所在地 【北海道・東北】
札幌校、仙台校
【関東】
川越校、大宮校、南浦和校(2019年2月開校)、柏校、船橋校、千葉校、池袋校、四谷校、自由が丘校、下北沢校(現役校※2018年2月開校)、吉祥寺校(現役校)、立川校、八王子教室(個別指導専門)、町田校、厚木校(現役校)、横浜校、藤沢校 、たまプラーザ駅前教室 (個別指導専門)
【東海】
静岡校、名古屋校
【関西】
京都校、梅田校、なんば校、天王寺校(2017年2月開校)、神戸校
【中国】
広島校
【九州】
北九州校、福岡天神校
お問合せ先 TEL:0120-428255
(9:30~21:00 ※日曜17:00まで)

資料請求はこちら

四谷学院の口コミ・体験談

投稿者:とん兵衛 (男性)

基礎が怪しい人にはおすすめです。しっかりと基礎から勉強していけるので、模試の成績が安定してきます。医学部合格者も意外と多いので専門予備校に負けない指導力があると思います。

2019/1/06
投稿者:チャマ (女性)

難関の医学部を突破ために必要な力を身につけられるのは四谷だと思い入学しました。なぜなら、四谷学院は55段階のカリキュラムがあるからです。基礎の基礎から始まるので最初はこんな簡単なところからやるのかと不安になりましたが、演習を進めていくうちに理解が不十分だった基礎事項がたくさん見えてきて、基礎を徐々に補完していくことができました。

2016/10/01
投稿者:鷹男 (男性)

大学卒業後に医学部受験を決意したので基礎から着実に学べて1年で合格できる環境を求めて四谷学院を選びました。ダブル授業は相乗効果がありとても効率が良かったと思います。55段階で習ったことがクラス授業で出たりしていたので知識を徹底的に定着化できたのが合格につながったと思います。55段階で演習量をこなしながらポイントや問題背景などを学ぶうちに演習スピードも速くなり解けない問題も少なくなりました。基礎から改めて学習しなおしたい人にはおすすめだと思います。

2014/1/17
投稿者:たま (男性)

四谷学院は基礎からじっくり自分に合ったレベルの学習ができるので良かったです。見落としがちな論点や勘違いなど改善することができました。センター試験は基礎が重要なので国公立大学医学部を志望している人には適していると思います。

2013/12/23
投稿者:パセリ (男性)

自分には55段階個別指導法は合いませんでした。混んでるときは結構提出してから講師が解説してくれるまで時間がかかったし効率が良いとは思えませんでした。確かに基礎の基礎から学べますが時間がかかります。現役で通ってたので学校との両立も結構苦労しました。

2013/11/10
投稿者:KOKO (女性)

55段階個別指導はじっくりと着実に基礎を築いていく感じなのでペースが遅く感じる人もいるかもしれません。もともと医学部合格圏内の受験生よりも偏差値50代や再受験生など基礎をしっかりと定着させることが最優先の人には向いていると思います。

2013/10/30
投稿者:ルナ (女性)

55段階は個別指導と言っても他の予備校のようなマンツーマンでみっちり指導を受けるのではなく、各自テストを解いて先生に提出します。そして、その場で採点してくれて間違った箇所や解法テクニックなどを先生から直接指導を受けるようなシステムです。小テストを解いて解説を聞くというパターンを段を上げながらひたすら繰り返すので合う人は学力がうんと上がりますが、合わない人は飽きてやる気がなくなります。

2013/10/28
投稿者:ペンシル (男性)

55段階は月に1度自分が間違えた箇所がまとめられたシートがもらえるので復習を効率よく行なうことができます。質問も講師にいつでも気軽にできる環境がありますよ。ただし、大手と比べると授業料は高めの設定になってます。

2013/10/25

当サイトでは、現在四谷学院の口コミ・体験談を募集しています。医学部志望の受験生に役立つ情報の場として、ぜひご協力お願いいたします。

口コミはこちら 資料請求はこちら
四谷学院の詳細をみる
page top