現役生必見!合格実績豊富な個別指導型の医学部予備校

学校生活との両立が実現可能な個別指導型の医学部予備校なら高校生でも現役合格が実現可能。

比較ランキングサイト

医学部予備校TOP > 現役生必見!合格実績豊富な個別指導型の医学部予備校

個別指導型の医学部予備校

個別指導は自分の学力やペースに合わせて講師から直接指導が受けられることから、医学部受験のみならず、小学生から中学生と幅広い世代で人気の指導形態です。

少子化に子供一人にかける教育費も増えており、丁寧に指導が受けられる個別指導は保護者の方からの評判も高い。

近年は、そんな背景もあり大手進学予備校も個別指導に力を入れるなど、多くの教室が開校されています。

この傾向は医学部予備校も例外ではなく、最近は多くの個別専門の医学部予備校が誕生。

特に高校生活が忙しい現役生にとっては、無理なく受験対策可能な個別指導型医学部予備校は理想の環境が整っていると言えます。

そこで今回は、集団指導と比較しながら医学部予備校の個別指導で得られるメリットやおすすめの予備校を紹介していきます。

【目次】

現役受験生に人気の高い個別指導とは

個別指導とは、講師が生徒一人ひとりに指導を行う授業形態のこと。

自分だけの授業をしてもらえるため、丁寧に指導が受けられるとあって生徒・保護者両方から高い評判があります。

講師側も生徒の学力や性格に合わせた指導ができるため、大きく学力を伸ばしてあげることが可能です。

以前は個別指導塾と言えば、学校授業の補填的な位置づけの教室が多く、難関中高校や大学を目指す場合は、学習塾や予備校に通うのが一般的でした。

しかし、最近は個別指導のニーズ高まりを受け、難関受験対策に強い大手の学習塾や予備校でも多くの校舎で個別指導を取り入れています。

よって、個別指導は、学校の定期テスト対策だけでなく、東大や医学部へも合格できる実績豊富な教室が誕生しているほどです。

個別指導の種類

個別指導と言えば、講師と生徒がマンツーマンで授業を行う1対1のイメージを持つ人が多いともいますが、実は様々な指導スタイルが提供されています。

そこで今回は、個別指導の種類について1対1、1対2、巡回指導の3つを紹介していくので参考にしてみて下さい。

マンツーマン(1対1)

個別指導と言えば、マンツーマン指導。

生徒は講師から自分だけの授業が受けられるので、自分の学力や得意・苦手な範囲に応じて常に最適な指導が受けられます。

一言でいうと、「無駄のない指導」が受けられるので、学習効果は高いです。

大学生が講師として担当するパターンも多いですが、医学部予備校など難関入試対策を得意とする校舎では、実績豊富なプロ講師が指導を行うことが一般的。

そのため、医学部予備校などの個別指導では学費は高い傾向にあります。

1対2

講師1名につき生徒2名で授業を受ける個別指導。

一人の生徒が指導を受けている間、もう一人の生は問題を解くという、「授業」「演習」を交互に行うことで効率の良い指導を実現しています。

講師を独占しない分、マンツーマンに比べて費用は割安で、学費がネックになっている人におすすめです。

多くの時間を割いて講師から直接指導が受けられるので学習効率は高く、受験対策向けの個別指導塾や予備校でも採用されています。

ただし、医学部のような超難関受験対策となるとマンツーマンの個別指導のほうが採用されがちです。

巡回指導

巡回指導は、大手個別指導塾で採用されているケースが多い指導スタイル。

一人の講師が、複数の生徒が勉強する席を回って順番に指導していきます。

講師の指導を受けるまでは演習問題を解いて過ごすため、無駄な時間を過ごすことはありませんが、指導時間が他の個別指導と比較して限定的。

講師も大学生が担当する教室が多いので、定期テスト対策など学校授業のフォロー向けの教室で多く採用されている方法となります。

講師がアルバイト講師であること、そして1名の講師で多くの生徒を担当できるため、個別指導の中では最も料金体系が安いです。

集団指導との違い及び授業スタイルの選び方

個別指導と集団指導で悩む受験生は多いと思います。

医学部合格を目指す場合、どっちが良いかと言えば、それは受験生一人ひとりの学力や性格によっても応えは変わってきます。

そこで、集団指導と個別指導の違いを特徴を踏まえてここでは紹介していくので、まずはどっちの指導スタイルが向いているのかを見極めてみましょう。

集団指導はライバルの存在が刺激になる人向け

集団指導はクラス授業のため、他の生徒と一緒に授業を受けることになります。

医学部予備校に関係なく、学力別に分けられているので授業のレベルに大きく開きが起きることはありません。

それでも、分野によって得意だったり、苦手だったりする部分がどうしても生じてしまうので授業内容に無駄や不足が生じてしまいます。

ただし、レベル別にクラスが分けられるということは、自分の立ち位置が把握できます。

また、同じクラスの生徒はライバルであり、勉強に対する姿勢や成績など刺激を受ける場面が多いので、負けず嫌いな人ほど学力が伸びる環境です。

カリキュラムも集団指導は試験日から逆算して作りこまれているので、授業のペースは一定であり、毎日必死についていけば、遅れを取ることもありません。

逆に一度ぺースが乱れてしまうと、追いついてけずに落ちこぼれてしまうリスクもあるので要注意

すなわち、負けず嫌いな受験生にはピッタリと言える授業スタイルです。

個別指導はマイペースに勉強したい人向け

個別指導は、自分の学力や志望校に合わせたオリジナルプランで医学部が目指せるので、まず無理・無駄がありません。

学習進捗に合わせて適宜カリキュラムを調整できるため、自分のペースで学習できるので苦手科目防止にもつながります。

また、授業は自分だけの時間なので、中断して質問しても他の生徒に迷惑をかけることもないです。

その結果、授業時間内にしっかりと不明点を解決させることができ、復習時間も効率よく勉強することができるようになります。

また、集団指導だと講師との距離が遠くなりがちですが、マンツーマン指導の場合なら優秀な講師を独占

授業内容が分かりやすいのはもちろんのこと、受験生のやる気を引き出すことに長けているため、モチベーションを維持しながら勉強できること間違いなしです。

すなわち、講師を独占しながらマイペースに勉強したい人に最適な授業スタイルです。

個別指導型医学部予備校の特徴

個別指導型の医学部予備校は、難易度の高い医学部受験には最適な指導法の1つと言えます。

学力を大きく伸ばすには、やはり一人ひとりに合ったカリキュラムを作成し、時間をかけて生徒にじっくりと指導を行うほうが高い効果が期待できるからです。

また、医学部受験の場合は、特に私立だと大学ごとの傾向が大きく異なってくるので、志望校に合わせた対策をしたほうが合格できる可能性も高くなるので個別指導型の医学部予備校の理想的な場合も。

そこで、医学部予備校の中には個別指導を専門に行っている校舎も増加中です。

個別指導型の医学部予備校なら集団授業でしか受講できないような実力派講師からマンツーマンで指導が受けられるので1年で医学部合格を実現させることも夢ではなくなります。

もちろん集団指導を行う医学部予備校と同様に、小論文や面接対策もしっかりと行ってくれるので安心です。

現役生におすすめ

個別指導という授業スタイルは、実は医学部合格を目指す現役生におすすめの勉強スタイルです。

というのも、浪人生と違い、現役生は学校生活があるのでクラブ活動や行事がある場合は、受講できないケースもでてきます。

個別指導の場合、時間割は個人で設定できるため、学校生活が忙しくても無理なく受講できるのが魅力

また、進学校にもなると学校の授業が充実しているケースも多いですよね。

そんな時は、苦手科目や志望する医学部対策として、数学だけといった形で科目を絞って受講するのも1つの方法です。

個別指導の場合は、1科目から受講可能なので、学校の授業と上手く併用すれば学費負担を抑えながら効率よく医学部受験対策を行うことができます。

実際、医学部予備校の現役生向けのコースでは、1科目から受講可能な個別指導を採用しているケースが多く見受けられます。

【現役生必見】医学部予備校おすすめランキング

ランキング1位
学び舎グループ
特徴 詳細 公式HP
英語の指導法で一躍有名になった個別指導予備校 学び舎グループの詳細 学び舎グループの公式HP

学び舎グループは、東京と京都の2か所に校舎を構える医学部・難関大学向けの個別指導型予備校です。医学部予備校に負けない専門的な指導が受けられると受験生から評判で、特に英語の指導法で有名。授業はマンツーマンで自分の学力と志望校に合わせて指導してもらえます。学費も他の医学部予備校と比較すると割安な料金体系になっているので、経済的負担を抑えたい受験生にもおすすめです。四谷(東京)と烏丸(京都)に校舎があるので、現役生も通学しやすく候補に入れておきたい医学部予備校の1つとなります。

ランキング2位
四谷学院
特徴 詳細 公式HP
基礎学力をしっかりと定着できると評判 四谷学院の詳細 四谷学院の公式HP

どんなに超難関受験であっても、基礎学力が定着していなければ、高度な問題にも対応できません。四谷学院なら55段階個別指導によって中学生レベルから着実に学力を定着させていけるので、基礎学力が徹底できます。また、科目別能力別の集団クラスも採用しており、個別指導と集団指導両方のメリットを受けながら受験対策ができるため、高い学習効果が期待できます。再受験合格者も多数輩出しており、医学部予備校に負けない合格実績を誇っています。全国の主要地域に校舎を構えており、医学部予備校が限られる地域でも専門的な対策が可能です。

ランキング3位
野田クルゼ
特徴 詳細 公式HP
医学部予備校創業49年!現役生校舎もあり 野田クルゼの詳細 野田クルゼの公式HP

医学部予備校として専門指導を49年も行う伝統校で、生徒は親子二代にわたります。医学部予備校の中では珍しく国立大学医学部に強く、また現役生専用の校舎も設置しているのが特徴です。現役生専門の学習環境は、浪人生に気を遣うこともなくノビノビと受験勉強が行えます。個別指導と集団指導の2種類の授業形態が選択可能で、合格実績が豊富なプロ講師陣から丁寧な指導が受けられると評判です。合格者数も豊富な医学部予備校のため、医大生の学生チューターもたくさん在籍しており、貴重な情報が沢山入手できるのも魅力。

おすすめ医学部予備校

野田クルゼ

40年以上の伝統と歴史を誇る実績トップクラスの医学部予備校

学び舎東京

医学部および難関大学に強い個別専門予備校

代官山MEDICAL

1校舎からの医学部進学者数が違う!

おすすめ学習ツール

メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

page top