岡山の医学部予備校

岡山は政令都市のため多くの医学部予備校が進出しており、選択肢が豊富です。

比較ランキングサイト

医学部予備校TOP > 岡山の医学部予備校

岡山のおすすめ医学部予備校

岡山県内には、旧制医科大のルーツを持つ名門岡山大学医学部の他に、私立では中国・四国唯一の医科大学である川崎医科大学があります。岡山は都市規模も大く、医学部設置大学も複数あるため、医学部受験生は多いと言えます。

したがって、専門的な受験対策を行う医学部予備校は地方にしては豊富なほうです。

各医学部予備校で個性的な指導を行っているので、自分の性格や目標に合った環境が見つかります。

それでは岡山にあるおすすめの医学部予備校についてみていきましょう。

【目次】

岡山の医学受験事情

岡山県は公立高校よりも私立高校のほうが偏差値は高く、東大・医学部合格を目指す進学コースが用意されているなど、入学後から入試に向けた対策を始められるのが魅力。

特に合格実績が豊富な高校が岡山白陵高校で、2020年度も下記のように多くの合格者を輩出。

しかも、その中の1名は東京大学理科三類も含まれているので、レベルの高さが分かると思います。

他にも、就実、明誠学院、岡山などの高校は県内で進学校として有名であるため、医学部合格を目指す小学生・中学生は入学を目指したいところです。

また、岡山白陵高校もそうですが、全国的にも医学部合格者が多い学校は中高一貫校を採用しています。

6年という豊富な期間を使って受験対策が行えるメリットはやはり大きいので、中高一貫校への入学がおすすめです。

岡山白陵高校 私立 国公立大学:24名
私立大学:45名

医学部合格への最短ルート?川崎医科大学附属高校

日本一学費が高いと言われる川崎医科大学附属高校で、3年間の学費は約1,500万円でそのうち寄付金は990万円を占めるのが特徴。

それでも多くの受験生が集まるのはほとんどの生徒が川崎医科大学医学部医学科へ進学できるからです。

国内唯一の医科大学附属高校として、最短ルートで医学部進学が実現できるのは間違いありません

しかも、高校生のうちから大学と連携して現役医師による講演や病院実習など、誰よりも早く医学教育を受けらえるのも特徴。

ただし、注意点として、難関入試を突破する受験対策をしていないことから外部から入学してくる学生との学力差に苦しむこともあります。

実際、留年する多くの学生は内部進学というケースも多いようです。

それでも、浪人することなく現役で医学部進学がほぼ約束されている川崎医科大学附属高校は、医師を目指す人にとっては最適な選択肢の1つと言えるでしょう。

名門医学部あり!岡山の医学科設置大学を紹介

大学名 区分 偏差値 学費6年分 募集定員
岡山大学 国立 67 約350万円 一般:95名
国際バカロレア:5名
川崎医科大学 私立 54 4550万円 一般:約50名
特別推薦:約20名
地域枠:約24名
内部推薦:約30名

国立の岡山大学は旧帝大の次に古い旧医科大学をルーツに持つ名門大学医学部で、中国・四国をはじめ250を超える関連病院を全国に有しているのが特徴。

転勤など大移動のリスクはあるものの、様々な医療機関で経験を詰めることができる貴重な大学の1つ。

また、名門大学だけあって、中国・四国地方の優秀な受験生が集まり、地方国立大学の中でもトップレベルの難易度を誇ります

岡山大学医学部と言えば移植手術が有名で、特に肺移植の手術件数は国内トップを誇る実績があるほか、ハーバード大学医学部とも提携しており、留学のチャンスがあるのが魅力。

いっぽう、川崎医科大学は中国四国にある唯一の私立大学医学部で、前述した通り附属高校を持つ唯一の医科大学です。

学費が最も高いことで有名ですが、その分、難易度は下がるため、金銭的な問題がなければ穴場と言えます。

県内にある医学部予備校の種類

岡山県内では、大手予備校、地元進学予備校、医学部予備校の3種類で医学部合格に向けた専門的な対策が行えます。

おすすめは何といっても医学部予備校です。

生徒は医学部合格を目指す受験生しかおらず、志高い環境下で良い刺激を受けながら勉強に取り組めます。

また、大手予備校や進学予備校は、医学部コースは選抜になっていることが多く、偏差値が低いと専門的な対策ができないことも多いです。

いっぽう、医学部予備校なら学力に関係なく、医学部合格に向けた効率のいい対策が最初からできるので、短期間で学力アップも夢ではなくなります。

医学部予備校では、集団授業、個別指導、または家庭教師といった様々な指導スタイルがあるので、自分に合った指導法を選ぶのがポイント。

費用は医学部予備校が一番高額ですが、合格の可能性を高めるなら一択と言えます。

東京や大阪の医学部予備校は実績が豊富で人気の高い校舎が沢山ありますが、まずは寮がいらず地元から通える岡山の医学部予備校から探してみると良いでしょう。

おすすめ医学部予備校ランキング~岡山編~

ランキング1位
富士学院
特徴 詳細 公式HP
合格者総数1800名を超える豊富な実績が魅力 富士学院の詳細 富士学院の公式HP

富士学院は、20年以上の指導実績を誇る医学部予備校で、これまでの合格者総数は1800名を超えています。地元岡山にある川崎医科大学の対策講座を開校するなど地元の医学部進学を目指す受験生には最適です。また、富士学院は医学部予備校では規模が大きく、全国8校舎と連携を取りながら最新の受験情報をもとに志望校合格へと導いてくれます。岡山だけでなく、県外の対策も充実している医学部予備校です。直営校では医学部予備校No.1を誇ります。

  • 医学部予備校情報
  • 【住所】岡山県岡山市北区清心町3-27
  • 【電話番号】0120-9179-00
  • 【アクセス方法】JR「岡山駅」徒歩7分
ランキング2位
家庭教師のトライ
特徴 詳細 公式HP
医学部専門講座で効率よく学べる 家庭教師のトライの詳細 家庭教師のトライの公式HP

家庭教師のトライは、家庭教師および個別指導教室でNo.1の実績を誇っています。医学部専用コースを設置し、医学部予備校に負けない学習システムとマンツーマン指導により高い学習効果が期待。模試E判定から医学部合格を実現している生徒もいます。なお、自宅での学習が進まない人は個別教室のトライなら自習室も使ておすすめ。全教室が直営だから安心。

  • 医学部予備校情報
  • 【住所】岡山県岡山市北区下石井1丁目1−1 岡山アーバンオフィスビル 2F
  • 【電話番号】0120-555-202
  • 【アクセス方法】JR「岡山駅」徒歩3分
ランキング3位
メディカル・ラボ
特徴 詳細 公式HP
合格者総数1800名を超える豊富な実績が魅力 メディカル・ラボの詳細 メディカル・ラボの公式HP

メディカル・ラボは、フランチャイズを含め完全個別指導で全国27ヶ所に校舎を展開する医学部予備校では最大規模を誇ります。したがって、合格実績も豊富で国公立・私立を合わせると1,000名を超えています。ただし、医学部合格率は公表されていないので、どれくらいの生徒が合格を実現しているかは不明です。岡山には2011年から指導行っており、地元のみならず、関西圏や首都圏の合格実績も豊富なのが特徴です。

  • 医学部予備校情報
  • 【住所】岡山県岡山市北区駅元町15-1 リットシティビル6F
  • 【電話番号】0120-456-877
  • 【アクセス方法】JR「岡山駅」徒歩1分

医学部系専門予備校

学校名 医学部進学会
特徴 医学部合格者が実体験をもとに効果的な指導を提供する合格率の高い医学部予備校
授業料 高卒生で通年コースの場合480万円 ※合格保証制度あり
詳細 医学部進学会の詳細 公式HP 医学部進学会の公式HP
学校名 富士学院
特徴 創立20年以上の豊富な指導実績とノウハウにより、多くの医学部合格者が誕生する人気医学部予備校
授業料 授業料は公式HPよりご確認ください
詳細 富士学院の詳細 公式HP 富士学院の公式HP
学校名 家庭教師のトライ
特徴 E判定から医学部合格が実現できるプロ家庭教師・個別指導塾
授業料 詳細は公式HPより直接お問い合わせください。
詳細 家庭教師のトライの詳細 公式HP 家庭教師のトライの公式HP

おすすめ医学部予備校

野田クルゼ

40年以上の伝統と歴史を誇る実績トップクラスの医学部予備校

学び舎東京

医学部および難関大学に強い個別専門予備校

太宰府アカデミー

福岡で合格実績豊富な全寮制の医学部予備校

ウインダム

生徒の2人に1人が医学部進学を実現させる実力派予備校

おすすめ学習ツール

メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

page top