大分の医学部予備校

大分県は医学部予備校はないため通信講座や県外で入寮して勉強するかの方法がおすすめです。

比較ランキングサイト

医学部予備校TOP > 大分の医学部予備校

大分のおすすめ予備校

医学部入試は首都圏のライバルも九州や大分の大学を受験してくるため、合格を勝ち取るには全国の受験生に負けない学力を身につける必要があります。

しかし、首都圏と比較すると大分はどうしても医学部予備校を含め学習環境が限られてしまうのがネックとなりがち。

そこで大分の受験生は、医学部予備校探しをはじめ、合格に向けてどう対策をすれば良いかをここでは解説していきたいと思います。

【目次】

大分の医学部受験事情

大分県は、私立よりも公立高校のほうが難易度が高く、医学部を目指す層も多いのが特徴。

しかし、私立でも選抜コースを設けている高校は医学部への合格実績も豊富です。

大分主要高校の医学部合格実績

高校名 医学部合格実績(2019)
大分上野丘高校(公立) 国公立大学:41名<br>私立大学:6名
大分舞鶴高校(公立) 国公立大学:5名
大分東明高校(私立) 16名(特別進学コース)

なかでも大分上野丘高校の医学部合格実績は非常に豊富で、地元の大分大学医学部医学科へは2019年度だけで25名もの合格者を輩出

やはり、大分県トップの高校だけあって医学部受験にも強いことが証明されています。

また、私立の大分東明高校も選抜コースに入ることで、東京大学理科三類の合格者を輩出するなど、医学部合格に向けた質の高い対策を受けることが可能です。

医学部医学科は国立の大分大学のみ

大分県は、新設医大の1つ国立大学法人大分大学に唯一医学部医学科が設置されています。

地元のにある、しかも学費の安い国立大学だけあって目指している受験生も多いのではないのでしょうか。

AO入試の地域枠で大分大学医学部に合格すると、県から修学資金が貸与されて卒業後に一定期間指定された医療機関で医師として従事すると返済免除となります。

また、大分大学は再受験生にも寛容な姿勢を取る数少ない医学部でもあるため、全国から受験生が集まる傾向にあります。

2016年にカリキュラムを変更し、国際基準に準拠した内容になった分、勉強はハードになり進級も厳しくなっている点には注意が必要です。

大分の医学部予備校事情

大分は地方都市だけあって、大手予備校に進出は少なく地元の塾や予備校で勉強するのが一般的です。

したがって、医学部予備校もなく、塾や予備校の専門コースで対策することになります。

ここでは、合格実績が豊富なおすすめの医学部対策コースを設置する進学塾または予備校を紹介していきます。

家庭教師と個別指導が選べるトライグループ

全国No.1の家庭教師を誇るトライグループは大分にも教室を設置しており、校舎で学ぶ個別指導も選択可能です。

トライ式医学部コースを設置しており、プロ講師がマンツーマンで指導を行ってくれるので、医学部予備校に負けない対策が可能

また、トライは全て直営校として管理されているので、東京と同じクオリティで指導が受けられるので安心です。

現役生が学校授業と並行して苦手科目の対策や志望校対策として活用するのがおすすめかもしれません。

全員がプロ講師のディック学園

こちらは大分の地元学習塾で学生アルバイト講師が一切いないことが強みのプロ家庭教師です。

小中高を対象にした指導を行っており、早期から医学部対策を始めたい人におすすめ。

入会金や年会費など無駄な料金が設定されていないのが魅力。

また、創業43年以上で医歯薬にも強いので、地元の医学部へ進学したい人は候補に入れてみると良いでしょう。

県外の医学部予備校も含めて探すのがおすすめ

浪人生は全寮制の医学部予備校が評判が高い

浪人生で本気で医学部合格を実現したい人は、福岡や東京にある医学部予備校で勉強するひとが多いようです。

やはり、医学部予備校の豊富なノウハウと情報量は難関医学部入試を有利に進めるためには必要不可欠であり、1年合格も夢ではないからです。

なお、県外の医学部予備校に通うなら直営寮完備の医学部予備校がおすすめ。

しかも、全寮制なら生徒が同じ環境下で規則正しい勉強生活を送るため、学習への相乗効果も高いと評判です。

学習面だけでなく生活面も24時間365日サポートしてくれるので、ご両親も安心して我が子を預けることができます。

東京の有名予備校の通信コースなら現役合格が目指せる

高校生の場合は大分から離れることは不可能ですが、通信コースなら自宅で東京や大阪になる医学部予備校の授業が受けられます。

しかも、インターネット上のテレビ電話を使ってプロ講師から個別に指導してもらえるので、映像授業のような単調な授業ではありません。

最新の試験情報を入手できるのはもちろん、全国の医学部に対応した医学部予備校ならではの専門的な指導が受けられるのが特徴です。

医学部予備校に通う生徒に匹敵するサポートが受けられるよう工夫されているので、圧倒的な合格実績を誇る医学部予備校から指導を受けたい人は、通信コースも検討することをおすすめします。

【まとめ】地元には専門予備校はなく医学部コースで候補に入る

以上のように大分には地元の医学部予備校はないので、専門的な対策を行うなら県外の医学部予備校か通信コースで対策することになります。

自己管理が苦手なので、環境から自分を追い込みたいという人は直営寮の医学部予備校がおすすめです。

いっぽう、現役生や学費を抑えたい受験生は東京をはじめとした医学部予備校の個別指導が受けられる通信コースを検討してみると良いと思います。

まずは、医学部予備校を探すことから始め、興味のあるところは積極的に資料請求や説明会に参加して詳しく確認してみてください。

おすすめ医学部予備校

野田クルゼ

40年以上の伝統と歴史を誇る実績トップクラスの医学部予備校

学び舎東京

医学部および難関大学に強い個別専門予備校

太宰府アカデミー

福岡で合格実績豊富な全寮制の医学部予備校

ウインダム

生徒の2人に1人が医学部進学を実現させる実力派予備校

おすすめ学習ツール

メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

page top