再受験の医学部予備校選び

医学部再受験を対象とした医学部予備校選びのポイントを紹介しています。

比較ランキングサイト

医学部予備校TOP > 再受験の医学部予備校選び

専用コースがあればなお可

社会人などの再受験生は面倒見が良い医学部予備校で学ぶのが合格への最短ルート。

大手予備校や独学を選びがちですが、失敗リスクが高いので回避すべきです。

ここでは再受験生が適切な医学部予備校を選びができるようまとめています。。

【目次】

再受験生は学習環境と費用とのバランスが重要

医学部再受験生は受験勉強から遠ざかっている人が多いので医学部予備校選びは重要となってきます。

さらに、社会人など仕事との両立で医学部受験を目指す再受験生も多いため、学費を自己負担する人も多いと思うので料金体系で気になる人は多いと思います。

ただし、料金がいくら安くてもフォロー体制がしっかりしていなければ学力向上はもちろんのこと、モチベーションの維持が難しく、志半ばで挫折してしまいます

さらに、年齢差別や年齢に寛容などというワードがあるように再受験生は年齢問題にも直面してくるため、いかに短期間で医学部合格を勝ち取るかが重要となります。

2chや掲示板あるいはまとめサイトなどで、医学部再受験生の闇として受験生の末路が紹介されていますが、あながち嘘でもありません。

再受験を成功させるためには、まず合格できるレベルまで学力を上げるのが先決であり、手厚いフォローと豊富な学習時間を確保できる再受験生に豊富な指導実績のある医学部予備校がおすすめとなります。

私立大学医学部も選択肢に含める

医学部再受験生に多いのが、学費負担の少ない国立や効率の医学部を目指す傾向にありますが、医者という職業を本気で目指すなら私立の医大も選択肢に入れることです。

私学の場合は高額な授業料がイメージされがちですが、近年は大幅な値下げを行っている大学も増えており、6年総額が2000万円台のケースも珍しくありません。

また、奨学金や地域枠、学力に自信がある方は特待生などに挑戦することでさらに費用負担を軽減することが可能で、国立よりも安くなるといったこともあります。

私立は、併願受験が可能で国立と違って受験機会を増やせるので合格できる可能性が大きく上がります。

医学部予備校の合格体験記を確認してもわかる通り、医学部合格を勝ち取っている再受験生は私立も選択肢に入れています。

再受験生は学士編入も可能

さらに、社会人経験がある人は編入試験で医学部を目指す方法もあります。

編入試験の場合、現役生や浪人生と競争する必要がないうえに、2年次もしくは3年次に編入することも可能なので、その分の時間とお金を節約できます。

医学部の編入試験は私立大学よりも国立大学で活発に実施されており、大学によっては文系出身でも受験しやすい試験を行っていますが、募集定員が少ないためやはり厳しい試験内容となっています。

医学部再受験生のなかには編入がだめなら一般試験を受験しようと思う人がいるかもしれませんが、それぞれ別の対策が必要になり、どちらも高難易度であるため1本に絞ることをおすすめします。

医学部再受験生のブログは参考程度に

ネット上には医学部再受験のブログが沢山あって参考にしている人も多いと思いますが、成功している人はほんの一握りです。

もちろん合格しているブログを読むと独学の人もいるので自分も目指せると思ってしまいがちですが、再受験はあそこまで甘くはありません。

医学部再受験を本気で実現したいなら独学よりも、医学部予備校に通うなどしてプロの指導を受けたほうが絶対に可能性は高まります。

ただし、医学部再受験ブログでは、日々の勉強への取り組み方やモチベーション維持の方法など参考になる部分も多いのでチェックしておいて損はありませんが、あくまで通学時間など空いた時間で読む程度に留めるくらいの位置づけで十分です。

医学部予備校に通えばプロ講師から適切なアドバイスや指導が受けられるので、あとは予備校を信じて勉強に専念するだけになります。

学習支援が充実の医学部予備校がおすすめ

再受験の人は基礎を一から徹底して学習していく必要があるのでフォロー体制が充実している医学部予備校がおすすめです。

おすすめとしては専用自習室があったり、講師が常時質問待機している環境が整備されている学校が良いと思います。

基礎学力がないと、どうしても不明点や疑問点などが頻出しがちになるので、自習していてすぐに質問できる環境のほうが知識の未消化防止につながり、苦手論点などが生まれにくくなります。

さらに、自己管理が苦手な人は厳しく学習管理をしてくれる学校を選ぶようにしてください。受験は長期戦になるうえ自分との戦いでもあります。半強制的に学習する環境下に身をおいたほうが後悔することなく勉強に専念できます

ここでは、学習環境やフォロー体制が充実している医学部専門予備校を中心に紹介しています。専門予備校だと中小規模なので講師との距離が近く少人数の環境で指導を受けることができます。

また、医学部再受験生の指導実績が豊富だと、ノウハウや情報量が豊富だったり、適切な志望校選定から面接対策など受けたりすることが可能です。

野田クルゼ
特徴 詳細 公式HP
クルゼ方式で医学部合格者増加中 野田クルゼの詳細 公式HP

野田クルゼは、少人数教育・個別指導で医学部合格を目指す伝統ある医学部専門予備校です。アットホームな環境できめ細かなサポートを受けることが可能です。医学部受験指導40年以上の豊富な指導実績があり、多くの再受験生も合格させてきた経験値があります。特待制度が充実しているので学力に自信がある方なら経済的負担を抑えることが可能です。

代官山MEDICAL
特徴 詳細 公式HP
数少ない医学部再受験コース設置の実力派予備校 代官山MEDICALの詳細 公式HP

代官山MEDICALは、1クラス9名以下の少人数クラスで丁寧な指導が受けられる東京渋谷にある医学部予備校です。医学部予備校の中では珍しく再受験生専用コースを設置して、別途対策やサポート体制を強化しています。これまで多くの社会人経験のある医学部合格者を誕生させており、公式サイトの合格体験記には多くの再受験生が紹介されていて信頼できます。

四谷学院
特徴 詳細 公式HP
55段階個別指導で基礎から応用まで徹底学習 四谷学院の詳細 公式HP

四谷学院は、55段階個別指導法により中学レベルの学習から始められるので基礎が乏しい再受験生には魅力。自分に合ったレベルで学習を進めれます。二次試験で必要不可欠となる小論文や面接対策も充実しています。

授業料の負担が軽い医学部予備校

医学部の再受験を目指している受験生の中では独学を選んで学習している人もいますが、正直言って挫折する人が多いのが現状です。

医学部予備校には、勉強を教えてもらうだけでなく、相談や質問ができるフォロー体制、そして切磋琢磨できる仲間などモチベーションを高く維持し短期間で医学部合格を勝ち取れる精神面の存在がかなり大きく影響します。

したがって、1講座から選べる単科コースからでも良いので医学部予備校に通うことを強くおすすめします。教育ローンを利用する方法もあります。こちらのほうが結果的には時間もお金も節約することになります

ここでは、比較的授業料が安い大手を中心とした医学部予備校を紹介しています。単科講座を開設している学校も多く、大手なら様々なバックグラウンドがある受験生が集まっているので再受験生も目立つ心配がありません。

大手の場合は、予備校卒業生で現役医学部生がバイトでチューター業務などをやっていることも多いので、キャンパスライフなどリアル情報を沢山入手できます。

KGS
特徴 詳細 公式HP
毎年全国各地から生徒が集まる人気予備校 KGSの詳細 KGSの公式HP

KGSは、名古屋にある少人数制の医学部予備校で合格率が自慢です。合格実績が豊富な上に学費もリーズナブルというコストパフォーマンスに優れた医学部予備校として人気が高く、募集終了のコースが毎年出ています。学費は高卒生本科でも約99万円と大手並みの安さなので、再受験生にもおすすめです。面倒見が良いと評判なので、勉強から遠ざかっていた受験生も着実に学力アップが図れます。

河合塾
特徴 詳細 公式HP
教材と学習環境の質が高く受験生から高い支持 河合塾の詳細 公式HP

河合塾は、テキストの質が高いので基礎からじっくりと理解を深めることができます。また1講座から受講できる単科コースもあります。

駿台予備校
特徴 詳細 公式HP
医学への登竜門と称される名門予備校 駿台予備校の詳細 公式HP

駿台予備校は、医学部受験に関する情報量が豊富な実績の高い学校です。生活カウンセラーがサポートしてくれるので精神的な悩みもフォロー万全です。

おすすめ医学部予備校

野田クルゼ

40年以上の伝統と歴史を誇る実績トップクラスの医学部予備校

学び舎東京

医学部および難関大学に強い個別専門予備校

太宰府アカデミー

福岡で合格実績豊富な全寮制の医学部予備校

ウインダム

生徒の2人に1人が医学部進学を実現させる実力派予備校

おすすめ学習ツール

メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

page top