渋谷の医学部予備校

東京都内でも医学部予備校が集まる渋谷区は競争が激しい分、合格実績豊富な校舎が多いです。

比較ランキングサイト

医学部予備校TOP > 渋谷の医学部予備校

医学部予備校激戦区の渋谷は実力派が勢ぞろい

東京は日本の首都であり経済・教育・文化の中心地であるため、医学部医学科を設置する大学も一番多く、それに伴い医学部予備校の数も全国で1番を誇っています。

なかでも特に渋谷は都内屈指の医学部予備校激戦区と言われ、たくさんの校舎が設置されてるので、今回は渋谷に特化して解説していきます。

渋谷区内に医学部予備校が多いとうことは、競争原理が働き、各予備校で学習環境の整備や学習システムの改革に努めていることが多いのが特徴です。

その結果、医学部合格実績が豊富な医学部予備校がたくさんあり、口コミ評判の高さも相まって多く毎年多くの受験生が集まる要因となっています。

当ページが、そんな競争が激しい渋谷で医学部予備校を探す受験生の参考になれば幸いです。

渋谷に医学部予備校が多い理由

渋谷に医学部予備校が集まるには様々な理由が考えられますが、大きなポイントとしては以下のようなことがあげられます。

立地および環境ともに恵まれた渋谷は1年間受験生活を送るうえでも最適なので、ぜひ候補に入れて検討してみると良いでしょう。

交通アクセスが充実

渋谷駅は、JR東日本、京王電鉄、東急電鉄、東京メトロの駅が集まる巨大ターミナル駅であり、利用者数は1日平均331万人で新宿駅に次ぐ第二位の規模を誇っています。

東京都内だけでなく、埼玉や神奈川からのアクセスも非常によく、通学も不可能ではないため医学部予備校以外の予備校も校舎がたくさん設置されています。

医学部予備校には毎日通うことになるため、やはり通学アクセスは1年間無理なく通うためには非常に重要な要素であり、勉強への影響は大きいです。

したがって、沢山の地域から電車1本で通える渋谷には受験生のニーズも高く多くの医学部予備校が集まる理由にもなっています。

閑静な場所が多く学習環境に向いている

渋谷と言えば、喧噪な街であるイメージが持たれがちですが、それは駅前などごく一部に限られており、少し離れると多くは閑静な住宅街や文京エリアが広がっています。

また、恵比寿や代官山といったオシャレで落ち着いた雰囲気の街も渋谷区です。

したがって、落ち着いた環境下で勉強できる地域も多いので、安易に渋谷は勉強するのに不向きという考えは間違いだということになります。

特に地方出身者だと渋谷と聞いたら学習環境には適していないと思うかもしれないので、ぜひ一度足を運んで医学部予備校の周辺環境を散策してみると良いでしょう。

地方医学部の試験会場で有名な五反田TOCも近い

渋谷駅はターミナル駅で多くの路線が利用できるため、本試験の場合も非常に便利です。

特に、地方にある多くの医学部が一般入試の試験会場として利用する五反田TOCビルまでのアクセスが非常に良く、試験終わりに予備校に戻ることもできます。

また、医学部予備校と同じようにアクセスできるため、いつも通りの生活リズムで本試験に臨めるのも魅了。

自分の力を一番発揮しやすい状態で試験を受けることは、それだけ合格できる可能性も高まるというこです。

渋谷で学ぶ注意点

渋谷の医学部予備校に通うことにメリットがあるとうことはデメリットもあるとうことです。

デメリットはどこの医学部予備校に通ったとしてもよくあることなので、渋谷だけが特に悪いということではありません。

しかし、1年間通う地域ではあるので、医学部予備校選びはデメリットも踏まえて検討すほうが良いでしょう。

繁華街が近く誘惑も多い

渋谷は、流行の最先端の商業施設が集まり、評判の高い注目のお店も多いので、ついつい通ってしまい勉強に支障になってしまうリスクも否定できません

受験生活は正直辛いので、息抜きついでに商業施設へと通い、それが癖になってしまう受験生もなかにはいます。

駅前が発展しており通学に避けては通れないことも多いですが、なるべく寄り道はしないようにしましょう。

また、友人に渋谷にいるからと誘いを受けても、勉強を理由にちゃんと断る勇気を持つことが医学部合格への近道となります。

夜は治安が悪い場所もあるので注意

渋谷は、東京を代表する都市の1つであり多くの人が集まるため、やはり治安はあまりよくありません。

特に夜間の治安が悪いので、医学部予備校で夜遅くまで勉強した場合は、十分気を付けて帰宅することが重要です。

特に女性の受験生は、なるべく人通りが多くて街灯の明るい道を通って帰るようにしましょう。

ただし、渋谷にある多くの医学部予備校では、21時過ぎには下校とするところも多いので過度に心配する必要はないかもしれません。

事実、多く女子受験生が渋谷の医学部予備校で勉強しています。

地価が高く寮費が高い傾向

渋谷のある渋谷区は23区でしかも都市規模の大きい地域でもあるため、地価が他に比べて高いです。

したがって、校舎付近に設けている寮などの賃料が高くなる傾向にあるので、地方出身者で寮からの通学を考えている人は経済的負担がどうしても重くなってしまいます。

校舎から徒歩1分などの寮だと治安の心配はありませんが、その分の費用がかかってしまいます。

学費に加えて寮費まで負担することになると年間費用が500万円を超えることも珍しくないので、この場合は都内でも他の地域が候補になるかもしれません。

渋谷で医学部予備校を選ぶなら

ここまで渋谷の医学部予備校事情について解説してきましたが、では実際にどこの予備校を選べば良いかをおすすめランキングで紹介します。

口コミ評判が良く合格実績も豊富なおすすめの医学部予備校を紹介しますので、あとは資料請求、学習相談会、そして無料体験授業を通じて自分との相性を確認してみて下さい。

医学部予備校は学費が高いと言われがちですが、それだけ多くの授業時間と学習時間がカリキュラムにぎっしりと詰め込まれ、大手で活躍するプロ講師人を少人数・個別で独占できる理想的な環境が用意されています。

個性豊かな医学部予備校が渋谷には集まっているので、自分にピッタリの予備校がきっと見つかるはずです。

おすすめランキング~渋谷編~

ランキング1位
ウインダム
特徴 詳細 公式HP
約半数の生徒が医学部へ入学 ウインダムの詳細 ウインダムの公式HP

ウインダムは、私立大学医学部に豊富な合格実績を誇る医学部予備校です。授業は対話式で進むので、眠くなる暇がないほど集中できると評判で理解も深まります。医学生ではなく、ベテラン講師陣が夜遅くまで残って生徒の質問や相談に対応してくれるので、授業で学んだことはその日のうちに理解していくことが可能です。全科目レベル別の少人数教育だから学力の伸び具合が違います。早期から二次対策も始め、確実に完全合格へと導いていきます。現役生も個別指導だけでなく少人数クラスを用意するなど力を入れています。

ランキング2位
メルリックス
特徴 詳細 公式HP
推薦入試対策に強い メルリックスの詳細 メルリックスの公式HP

私立大学医学部に特化した指導を行うメルリックスは情報量とノウハウが違います。特に推薦入試・AO入試の対策がに定評があり、過去には私立医歯学部の推薦入試で8年連続の合格者No.1に輝くほどです。入手困難な情報を正確に伝えることで、模擬面接で自信をつけ本番でも緊張することなく挑むことができます。学費は月謝制を採用し受けた分の費用しか負担しなくて良いので、推薦入試で早期合格を実現した場合はその分だけ授業料の節約へとつながるので、推薦合格を目指すなら学費は安いほうに該当します。高校生は完全個別で現役合格を実現。

ランキング3位
レクサス教育センター
特徴 詳細 公式HP
「厳しいけど伸びる」で評判 レクサス教育センターの詳細 レクサス教育センターの公式HP

厳格な学習管理で有名なレクサス教育センターは、厳しくて辛い受験生活が待っていますが、それを乗り越えれば医学部合格が待っています。授業は1分でも遅刻したら受講できない徹底ぶりは、日ごろから緊張感をもって勉強に取り組むことが可能です。英語と数学は夜間個別指導で徹底的に伸ばしていきます。これまで1000名を超える医学部合格者を輩出してきたなかには、東大理三をはじめ難関医学部も多く含まれているのが特徴。厳しい分、難関医学部が狙えます。

東京都内で医学部予備校を探す

おすすめ医学部予備校

野田クルゼ

40年以上の伝統と歴史を誇る実績トップクラスの医学部予備校

学び舎東京

医学部および難関大学に強い個別専門予備校

代官山MEDICAL

1校舎からの医学部進学者数が違う!

おすすめ学習ツール

メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

page top