親が知っておきたい医学部予備校選び

医学部予備校を探す際に受験生の親が押さえておきたいポイントを解説しています。

比較ランキングサイト

医学部予備校TOP > 親が知っておきたい医学部予備校選び

親ができるサポート

友人の紹介や広告だけで医学部予備校を選んでしまうのは危険です。

特色ある指導を各予備校で行っているので、自分との相性を合うかを確認するには説明会など実際に足を運んで見極める他ありません。

説明会と体験授業に参加して自分に最適な医学部予備校であるかをしっかりと見極めることが合否にも大きく影響してきます。

【目次】

親の世代と今の医学部受験は全然違う

親子

医師という職業は、安定して高い地位と報酬が得られため、進学校に在籍する受験生から非常に高い人気を誇っています。

したがって、医学部受験ブームが上位層で起こり、非常に難易度が高まっています。

ひと昔前であれば、私立大学医学部なら偏差値50台でも複数校あったのですが、近年は最も安易な大学でも偏差値62.5(河合塾)以上の高い学力が要求されています。

したがって、親の世代よりも医学部受験に難易度が大きく上昇しているので、自分たちの時代感覚で子供にアドバスしないよう気をつけましょう。

安易に行ってしまうと子供を怒らせたり、あるいは勉強に悪影響を与えたりするリスクがあるので注意が必要です。

主な医学部難易度の新旧比較

大学 1980代 2017年度
順天堂大学 50 70 +20
帝京大学 47.5 65 +17.5
川崎医科大学 47.5 65 +17.5
聖マリアンナ医科大学 47.5 62.5 +15.5
関西医科大学 55 67.5 +12.5
東京慈恵会医科大学 60 70 +10
大阪医科大学 60 67.5 +7.5

※参考:河合塾

医学部予備校の最終決定権は子供に委ねる

医学部予備校を子供より積極的に探している保護者の方はたくさんいますが、あくまで最終決断は子供に委ねることが重要です。

どんなに親の立場で医学部受験に理想的な環境だと思っても、子供の共感が得られなければ高い学習効果は期待できません。

あくまで勉強するのは保護者ではなく子供本人のため、子供の意見を第一に尊重してあげることが重要です。

ただし、医学部予備校探しを親が一緒になって探すことは全然悪いことではなく、むしろ子供の負担も減ったり、よき相談相手になったりとメリットもたくさんあります。

子供はどうしても友達と一緒の予備校や居心地の良い環境を好みがちで、合格実績や学習環境などは二の次となりがちです。

的確なアドバイスを提供し、子供が良い判断をできるように導くことは親の役目と言っても過言ではないでしょう。

受験勉強は家族が総力をあげて挑むことで、子供にとって最適な環境作りをサポートしてあげることが可能です。

効率の良い医学部予備校の探し方

上記でも述べた通り、子供は楽な道や楽しい道を選択しがちなため、親が軌道修正を図る必要があります。

まず、親が探す際は、興味のある医学部予備校の責任者や担当者と子供抜きで話を聞きに行きましょう。

そして、親目線で学習環境や指導理念ならびに講師やスタッフを確認して候補をピックアップしていきます。

候補が固まったら、子供に提案して今度は子供と一緒に医学部予備校に行き、体験授業や学習相談会に参加してみましょう。

最後に、子供と一緒に議論して子供の意思を尊重しつつ入塾する医学部予備校を決定する方法がスムーズとなります。

  • 資料請求を公式サイトで医学部予備校の情報収集を行う
  • 気になる医学部予備校へ親だけで話に行く
  • 候補を固め、子供と一緒に見学に行く
  • 子供の意見を尊重しながら一緒に決める

医学部予備校と親と生徒との三位一体が成功のカギ

中学受験や高校受験で、塾と保護者と生徒が連携しあって合格を実現するように、医学部受験でも三者が連携し合うことで学習効果を飛躍的に伸ばすことが可能となります。

子供が医学部予備校に滞在している間は予備校側に任せて、家庭にいる間にサポートすることになります。

日々の生活習慣の管理から、栄養バランスの考えた食事、体調管理に至るまで家庭でバックアップできることは意外とたくさんあります。

医学部予備校からは、出席状況や成績、日ごろ勉強態度など定期的にレポートが送られてきます。

さらに、1年に複数回実施される3者面談や保護者面談を通じて志望校選定や学力分析など、一緒になって話し合いながら今後の計画を立てていきます。

特に直前期になるとストレスやプレッシャーにより精神的に不安定になることもありますが、その際は適切なサポートができるよう医学部予備校側と連携しあって不安を取り除いてあげましょう

親が自らの判断でサポートするよりも、何十人、何百二人という受験生を見てきた医学部予備校のアドバイスを参考にしながら我が子の性格を加味して対応してあげるのが一番です。

おすすめ医学部予備校

野田クルゼ

40年以上の伝統と歴史を誇る実績トップクラスの医学部予備校

学び舎東京

医学部および難関大学に強い個別専門予備校

代官山MEDICAL

1校舎からの医学部進学者数が違う!

おすすめ学習ツール

メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

page top