医学部卒業は何年かかる?医師で活躍するまでの過程

医学部卒業には何年かかり、臨床実習を経て一人前の医者になるにはどれだけの時間を要するのか。

比較ランキングサイト

医学部予備校TOP > 医学部卒業は何年かかる?医師で活躍するまでの過程

医学部卒業は何年かかる?医師で活躍するまでの過程

日本で医師になるには、大学の医学部を卒業し医師免許を取得、さらに2年以上の臨床研修を受けることが義務付けられています。何年もの年月をかけて医師に必要な知識や経験を積んでいく必要がありますが、医師として活躍するまでには具体的に何年かかるのでしょうか。

この記事では、6年制の医学部医学科は何年で卒業できるのかご説明するとともに、医学部の3大関門試験や卒業後の臨床研修を経て、医師として活躍するまでには何年かかるのか解説していきます。

医学部を志望する受験生、医師になるには何年必要か具体的な年数を知りたい方に役立つ内容となっていますので、ぜひ参考になさってください。

【目次】

6年制の医学部医学科は現実的に何年で卒業できる?

大学の医学部医学科は6年生制のため、留年せずにストレートで進級できれば最短6年で卒業できます。

医学部で学ぶ学問は主に「基礎医学」と「臨床医学」であり、大学の1〜4年次で学んでいきます。

その後は共用試験の受験・合格を経て、5・6年次で大学病院や総合病院で臨床実習に参加します。

このように、医学部では医学に関する専門知識や臨床実習を通し、医師としての実践的な能力を培っていくカリキュラムが組まれています。

専門的な領域である分、誰もがストレートで卒業できるわけではなく、何年か留年を経験する人も出てきます。

他学部と比較して留年率が高い

4年制の他学部と比べると、医学部は留年率が高い傾向があります。

文部科学省の調査によると、平成26年度に医学部医学科に入った学生がストレートで卒業した割合は以下のようになりました。

大学種別 最低修業年限での卒業率
国立大学 85.2%
公立大学 87.5%
私立大学 81.1%
国公私立大学すべて 83.9%

【引用】文部科学省『令和2年度 医学部医学科⼊学状況』

つまり、国立大学では全体の約15%、公立大学では12.5%、私立大学では19%ほどの学生はストレートで卒業しておらず、何年か留年、もしくは退学していると考えられます。

医学部に留年が多い理由は、その年次でしか受けられない科目がいくつもあり、1科目単位を落とすだけでも留年してしまう可能性があるからです

ただし、6年制の医学部だからといって何年も留年できるとは限りません

大学によって在籍できる年数は異なるため、そもそも最長で何年在籍できるのかあらかじめ把握しておき、そのうえで卒業まであと何年かかるのか考える必要があります。

進級判定の厳しさは大学によって違う

医学部の場合、進級判定の厳しさは大学によって違います。

授業や試験の難易度、評価基準(出席点と試験の点数をどう考慮するか)、何年生から何年生への進級が厳しいなどは大学によって異なるため、「医学部は進級が難しい」と一概にはいえません。

ただし、医学部では必修科目をひとつでも落とすと進級できない場合がほとんどであり、他の学部と比べ進級判定が厳しいのは間違いないでしょう。

医学部の3大関門試験

大学の医学部に入学すると、医師になるまでに以下の3つの試験に合格しなければなりません。

  • 共用試験(CBT/OSCE)
  • 卒業試験
  • 医師国家試験

医学部卒業までに何年かかるか、医師として活躍するまでに何年かかるかは、これらの試験の合否によって左右されます。

共用試験(CBT/OSCE)

共用試験とは、病院での臨床実習が始まる前に全国の医学生が受験する試験です。

大学によって試験の実施時期は異なりますが、多くは4年次の後半に実施されます。

共用試験には以下の2種類があります。

  • CBT(Computer Based Testing)
  • OSCE(Objective Structured Clinical Examination)

CBTでは医学・医療知識、OSCEでは患者への医療面接や診察の技能が確認されます。

共用試験は医学生の知識や技能が一定水準以上であることを示すための試験であり、共用試験に合格できなかった医学生は臨床実習に参加することはできません。

卒業試験

医学部の卒業試験は科目数が多く、試験期間も1〜3ヶ月ほどと長期間続きます。

卒業試験に落ちると追試、もしくは留年となり、合格するまで医師国家試験を受験することはできません。

医師国家試験の合格率は例年90%前後と高めなため、医師になるまで何年かかるかは卒業試験の合否が大きく影響しそうです。

医学部の卒業試験は他学部と比べても非常に難易度が高く、6年生になると臨床実習をこなしながら卒業試験に向けて猛勉強する必要があるでしょう。

医師国家試験

毎年2月に実施される医師国家試験では、「臨床上必要な医学及び公衆衛生に関して、医師として具有すべき知識及び技能」が問われます。

医師国家試験の合格率は高く、2020年2月に実施された第114回医師国家試験における国公私立大学(修業年限超過者を含む新卒者)の合格率は95.6%です。なお、受験生全体の合格率は92.1%でした。

参考:文部科学省『令和2年度 医学部医学科⼊学状況』

参考:厚生労働省『第114回医師国家試験の合格発表について』

医師として活躍するまでには何年かかる?

大学の医学部を卒業して国家試験に合格し、医師として活躍するまでには何年かかるのでしょうか。

医師国家試験に合格し医師免許を取得すると、医療行為が行えるようになります。

しかし、医師として活躍するには臨床経験が必要なため、最初の2年間は初期臨床研修が義務付けられています

よって、医学部の卒業試験と医師国家試験をストレートで合格すれば、2年の初期臨床研修を含め「最短8年」で医師として活躍できるようになります。

ただし、任意ではあるものの後期臨床研修でより専門的な実績を積む医師がほとんどであり、何年もの年月をかけて一人前の医師となっているのです。

2年間の初期臨床研修

初期臨床研修では、2年間で基本的な診療能力を修得していきます。

研修先の病院は、医学部在学中に希望を出し「医師臨床研修マッチング」によって組み合わせが決められます。

診療に従事する医師は2年以上の臨床研修を受けることが法律によって義務化されており、医師免許取得後は研修医として必ず初期臨床研修を受けなければなりません。

後期臨床研修(任意)

後期臨床研修とは、初期臨床研修で修得した医師としての臨床能力をもとに、さらに3〜5年をかけて医療技術の専門的な実績を積んでいくための研修です。

後期臨床研修に進むには、初期臨床研修を修了、もしくは修了見込みであることが条件となります。

後期臨床研修は、病院によってはいくつかの科をまわる研修プログラムもありますが、自分が進みたい専門科で研修を受けるのが一般的です。

また、2018年4月から導入された新専門医制度により、専門医を目指して研修する医師は従来の「後期研修医」から「専攻医」へと呼び方が変わっています。

まとめ

大学の医学部を卒業するまでに何年かかるかというと、医学部は6年制のため、留年することなく進級できれば最短6年で卒業できます。

しかし、医学部は必修科目の単位をひとつでも落とすと進級が難しく、他学部と比べると留年率は高めです。

6年制の医学部とはいえ何年も留年できるとは限らないため、大学に最長で何年在籍できるか、卒業までにあと何年かかるか把握しておく必要があります。

また、4・5年次の臨床実習は、共用試験(CBT/OSCE)に合格しなければ参加できません。

医学部卒業試験、医師国家試験とあわせ、医学部生の3大関門といえるでしょう。

医師免許取得後は、基本的な診療能力を積むために2年間の初期臨床研修が義務付けられています。

初期臨床研修が終わると3〜5年の後期臨床研修に進む医師がほとんどなため、医学部入学から医師として活躍するまでに何年かかるかというと、目安としておよそ10年は必要と考えておきましょう。

おすすめ医学部予備校

野田クルゼ

40年以上の伝統と歴史を誇る実績トップクラスの医学部予備校

学び舎東京

医学部および難関大学に強い個別専門予備校

太宰府アカデミー

福岡で合格実績豊富な全寮制の医学部予備校

ウインダム

生徒の2人に1人が医学部進学を実現させる実力派予備校

おすすめ学習ツール

メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

page top