医学部予備校の入試

医学部予備校の中には入塾の可否を判断する試験を設けている学校もあります。

比較ランキングサイト

医学部予備校TOP > 医学部予備校の入試

医学部予備校で入試が実施される理由

医学部入試だけでなく、医学部予備校に入る段階でも最初に学科試験と面接(面談)を受けることがあります。

なかには不合格となってしまい入塾を断られる予備校もあるので注意してください。

ここでは、医学部予備校で実施される入試の仕組みについて紹介していきます。

【目次】

医学部予備校で入試制度が設けられている理由

医学部予備校のなかには、高校生など現役生ではなく、浪人生向けの本科生が対象に入塾テストが実施されています。

これは、学生一人ひとりに合った指導プランやカリキュラムを作成するための現在の学力状況と弱点科目を把握するため、入学前に試験を課しているだけです。

なかには、少数ですが合格実績や合格率の高さを売りにしている予備校もあり、結果を出すために入塾前から学生を選抜しているところもあります。

この場合は、不合格になって入塾できないこともありますが、そういった予備校はほんの一握りです。

合格実績で評判のある医学部予備校でも入試で生徒を振るい落とさないケースも多いので、現時点での学力に自信がない受験生も安心してください。

なお、入試で不合格にしはないものの、選抜クラスや特待クラスといった上位クスラスには入試で好成績を残さないと在籍できない点は理解しておきましょう。

入学後の成績アップでステップアップも十分可能ですが、普通は難関大学の医学部や国公立大学医学部を目指すコースは選抜クラスであることが多いようです。

入塾テストは筆記試験と面接が一般的

医学部予備校の入学試験は学科試験と面接試験から構成されているケースが多いようです。

そして、私立大学医学部に特化している予備校が多いので、試験科目は「数学」「英語」「理科二科目(物理、化学、生物のいずれか)」であることが一般的です。

現状の学力と苦手科目や得意科目を予備校側も把握したいと思うので、特に勉強しておく必要はないかもしれませんが、上位クラスや特待生を目指す場合は話は別となります。

いっぽう、個別に実施される面接試験では、医師としての適正、人間性、コミュニケーション能力、またはやる気や覚悟があるかを確認するためです。

また、入試で選抜を実施していない医学部予備校でも、学力が問題というわけではなく、面接が理由で入学を断られるケースはたまに見受けられます。

受験生の態度や受け答え方、勉強に対する姿勢や覚悟並びに医学部予備校の理念に沿わない人は要らないと思われるかもしれません。

面接試験は講師でも責任者や校長などが対応するケースがほとんどなので、失礼のないよう真摯に取り組むことが重要です。

再チャレンジ可能

医学部予備校に入学する際に入学試験を課す予備校もありますが、たとえ不合格となっても再度チャレンジできる機会を提供しています。

予備校もビジネスですので、あえて落とすような難関試験ではないと思われます。

予備校側の生徒の選び方としては、1年間厳しい受験生活に耐えられるか、やる気はあるのかそこが一番重要なはずです。

したがって、ある一定の基礎学力を持っていれば不合格になることはあまりないようなので、緊張せずにこれから1年間必死に頑張るという態度で挑めば良いでしょう。

また、評価の高い医学部予備校は沢山あるので、1校がダメでも落ち込まずに他の予備校を受験すれば良いだけのことです。

入塾の際は面接だけが実施され、入ってから学力判定テストが行われる医学部予備校も多いので、入試が気になる人は入塾テストを課さない予備校を選ぶことも1つの方法かもしれません。

特待生・選抜クラスの入試は対策必須

特待生を選抜する方法としては、筆記試験を採用している医学部予備校がほとんどですが、なかには入試なしで授業料割引や入学金免除の特典を用意しているところもあります。

審査基準は様々ですが、河合塾や駿台などの大手予備校主催の模試結果や医学部一次試験の合格通知などを取り入れている無試験の医学部予備校もあります。

特に模試結果であれば、複数回受験していると思うので、成績が一番良いもの使って申請してみると審査に合格できるかもしれないので積極的に挑戦してみましょう。

ただし、筆記試験と比較すると免除額や割引額などが小さくなってしまうので、安い学費を実現したい人は筆記試験に臨むことをおすすめします。

筆記試験で上位クラスを目指す場合は、事前に勉強して対策するほうが選抜される可能性は高くなこと間違いありません。

【まとめ】医学部予備校の入塾テストは深刻に捉えないこと

以上のように、医学部予備校では入試が実施されるケースはありますが、そこまで気負いすることはありません。

学科試験と面接試験は、現時点での学力分析と勉強を頑張れるかの意思確認くらいの位置づけで捉えておいて良いでしょう。

入試がない医学部予備校もたくさんあるので、あえて避けることも可能です。

ただし、選抜クラスを目指すなら優秀な受験生が集まるので事前の対策は必要不可欠となります。

選抜や特待生に選ばれると、学費が安い、優秀な生徒と切磋琢磨できる、などといったメリットもあるので、挑戦してみましょう。

最後に医学部予備校の候補がまだ決まっていない人は、実績や口コミ評判まとめたおすすめランキングを参考にしてみてはいかがでしょうか。

医学部予備校のおすすめランキングを確認

おすすめ医学部予備校

野田クルゼ

40年以上の伝統と歴史を誇る実績トップクラスの医学部予備校

学び舎東京

医学部および難関大学に強い個別専門予備校

太宰府アカデミー

福岡で合格実績豊富な全寮制の医学部予備校

ウインダム

生徒の2人に1人が医学部進学を実現させる実力派予備校

おすすめ学習ツール

メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

page top