医学部予備校の比較
名古屋の医学部予備校

名古屋の医学部予備校

名古屋のある愛知県には医学部に強い高校や受験生に人気の医科大があるため、専門的な指導を行う合格実績豊富な医学部予備校が集まっています。

東京、大阪に次ぐ規模を誇る名古屋は東海地区の中心地として進学校や名門大学が多いことから、医学部予備校の需要も非常に高いです。

医学部の数も国公立私立で合計4つの医学部があり、中部・東海地方から多くの受験生が集まるため、医学部予備校など専門予備校での対策が合格のカギとなります。

そこで今回は、名古屋を始め愛知県の医学部受験事情を紹介しながら、名古屋にあるおすすめの医学部予備校を比較やランキングで詳細に解説しています。

愛知県の医学部受験事情

愛知県の医学部受験事情

愛知県で医学部に強い高校と言えば東海高校。

メディアでも医学部受験に強い高校として多く取り上げられるほど有名で、2019年度の国公立医学部合格者数ランキングでは116名の全国第1位を獲得しています。

また、私立大学医学部合格者数ランキングでも106名で全国第6位と、名古屋で医学部を目指す受験生にとっては最適な高校です。

他にも、愛知県には東海高校の他にも、滝、南山、旭丘、岡崎といった高校がトップレベルの合格実績を誇っており、愛知県には医学部を目指せる高校が多いのが特徴。

名古屋市や愛知県から医者を目指すなら上記のいずれかの高校に進学することが合格への近道となります。

医学部合格実績が豊富な高校一覧(2019年)

こちら週刊朝日が調査した全国の高校別医学部合格者ランキングの結果を参考に、愛知県で合格実績が豊富な高校をまとめています。

これから中学受験や高校受験を控える受験生は参考にしてみてはいかがでしょうか。

高校名 区分 国公立 私立
東海 私立 116名 106名
私立 38名 67名
南山 私立 42名 61名
旭丘 公立 44名 不明
岡崎 公立 32名 不明

愛知県名古屋市周辺にある医学部

愛知県名古屋市周辺にある医学部

名古屋大学

偏差値 68.75
定員 前:90名、後:5名、
共テ推薦:12名
学費 約340万円
所在地 愛知県名古屋市昭和区鶴舞町65番地

名古屋大学は、旧帝大を起源とする医学部で長い歴史と伝統を誇る名門大学です。中部地区ではトップの難易度を誇る名古屋大学は全国のなかでも上位の国立大学医学部として人気があります。

中部地区を代表する医学部として関連病院の数も多く、愛知県の優秀な受験生が多く集まります。また、名古屋大学は学士編入では3年次編入ができる希少な大学です。

名古屋市立大学

偏差値 66.75
定員 前:70、後:20、地域:5
学費 約340万円
所在地 愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂町字川澄1

名古屋市立大学は、名古屋市瑞穂区という好立地な場所にキャンパスを設置する公立大学医学部です。中部地区では、名古屋大学の次に三重大学や岐阜大学と毎年難易度が均衡しています。

共通テストでは日本史Aや世界史Aが選択可能で、二次では理科の配転比率が高いなど特徴があります。

愛知医科大学

偏差値 62.0
定員 一般:約65名、共通:約20名、
地域:約10名、推薦:約20名
学費 3,420万円
所在地 愛知県長久手市岩作雁又1-1

愛知医科大学は、1971年設立の比較的新しい新設の単科大学です。愛知県地域特別枠入学者は学費が1,410万円まで減額されるので、経済的に私立大学医学部が難しい受験生でも挑戦したい大学です。

キャンパスのある長久手市は住みやすさでも有名な文京地区で人気があります。

藤田医科大学

偏差値 61.5
定員 一般前:約80名、
一般後:約5名、
共通前:約10名、
共通後:約5名、
AO:約15名
学費 2,980万円
所在地 愛知県豊明市沓掛町田楽ヶ窪1-98

藤田医科大学は、1972年設立の新設医大で難易度も愛知科大学と同じくらいの医療系総合大学です。2018年に藤田保健衛生大学から藤田医科大学へと名称を変えています。

かつでは再受験生にも寛容だと受験生は全国各地から集まっていました。近年は学費の値下げを行い3000万円を切ったことから、難易度は上昇傾向にあります。

イギリスのタイムズ・ハイアー・エデュケーションが公表している世界的に有名な「THE世界大学ランキング」では、2017年に600以内にランクインした12大学の一つで、私立大学ではなんと第1位に選ばれる世界的評価も高い医科大学です。

最短ルートで合格が目指せる医学部予備校の魅力

最短ルートで合格が目指せる医学部予備校の魅力

医学部受験ブームに伴い、以前にもまして注目を浴びているのが医学部予備校です。

医学部受験に特化した学習体制を整え、在籍する生徒も医者を目指す生徒がほとんどのため非常にモチベーションが高く、切磋琢磨しながら勉強できる理想的な環境が医学部予備校には存在しています。

医学部予備校は、大手予備校と違いアットホームな少人数教育を実施しており、講師との距離が非常に近いので生徒一人ひとりが丁寧な指導を受けることが可能です。

面倒見の良いサポートを行っているので、特に計画通りに勉強できない人や、誘惑に負けてしまうような自己管理が苦手な人に最適な環境と言えるでしょう。

したがって、偏差値40台から逆転合格を実現させたり、合格率が8割を超えるなど、大手に負けない実績を誇る医学部予備校も多く、その指導力とサポート力が高く評価されています。

人気の高い医学部予備校では、名古屋市内だけでなく遠方から寮を利用して通う人もいるほどです。

医学部予備校の学費は決して安いとは言えませんが、それ以上の圧倒的な学習量と豊富なノウハウによって最短ルートで医学部合格を狙えます

推薦入試、後期試験、編入対策、再受験など様々な受験に対応しているので、まずは自分の性格やニーズに合った医学部予備校を見つけだしましょう。

名古屋の予備校事情とおすすめランキング

名古屋の予備校事情とおすすめランキング

名古屋は旧帝大の1つ名古屋大学医学部および私立医大で人気の愛知医科大学、藤田医科大学医学部があるので、大手をはじめとする医学部予備校が多数あります。

各校とも地元医学部への進学に力を入れており、地域密着型の地元予備校だけでなく、大手を始め首都圏や大都市圏で人気の医学部予備校も数多く進出しています。

特に、私立医学部として人気上位にランクインされている藤田医科大学に対しては、多くの医学部予備校が専用の対策講義や合格実績を有しているため独学で学ぶよりも効率的な学習を進めることができます

また、名古屋は河合塾の本拠地としても有名で、医学部進学に特化した医進館を名古屋駅前に設置しており、「名大医進コース」によって名古屋大学進学を目標としている講座をはじめ、医学部進学に向けた特別講座を開講し医学部予備校に負けない指導を行っています。

ここでは名古屋にある大手および医学部専門予備校を、合格実績、信頼性、および評価などからピックアップしてランキング化。

まずは、複数校の資料を請求したり、体験授業に参加したりするなどして自分との相性を見極め、1年間信頼して勉強できる学習環境を見つけることから始めましょう。

おすすめ医学部予備校ランキング~名古屋編~

ランキング1位
河合塾
河合塾
特徴
  • 名駅キャンパスには医学部受験生専用フロアを用意
  • 大手予備校だけあって講師やチューターの人数が充実
  • 教材と学習環境の質が高く受験生から高い支持
解説

河合塾は、「机の河合」・「テキストの河合」と呼ばれるほど質の高い学習環境が魅力です。国公立をはじめとする難関医学部への合格実績が高いのが特長です。

名古屋駅近くの名駅キャンパスには、東大・京大・医学部医学科に特化した校舎が設置されており、専用フロアと専用自習室で集中して勉強可能です。

大量の医学部合格者を輩出してきた河合塾には豊富な情報量とノウハウがあり、最適な指導を受けることができます。

ランキング2位
KGS
KGS
特徴
  • 医学部進学率は脅威の80%超
  • 超少人数&個別指導で学力大幅アップ
  • 年間4000時間超の学習時間を確保
解説

KGSは、1クラス6名以下の超少人数クラスと個別指導を自由に組み合わせて学習できる医学部および難関大学専門の予備校です。

生徒の医学部進学率は80%を超えている名古屋でも評判高い医学部予備校の1つとなります。専用自習室を使って年間4,000時間を超える学習時間を確保できるので、学力向上が実感できます。

KGSの授業は大手予備校や医学部予備校で活躍した一流講師陣が丁寧に指導してくれるので学習効果が非常に高いことが特徴。

合格実績や指導レべうが高いことが口コミ評判で広がり、今では名古屋に留まらず全国各地から生徒が集まる人気の高い医学部予備校にまで成長しています。

ランキング2位
メディカルトレナ
メディカルトレナ
特徴
  • 1対1の個別指導で1年で医学部合格
  • 国公立大学医学部も完全対応
  • 偏差値50台から70超へと導く
解説

メディカルトレナは、大手予備校や有名予備校でも指導している、医学部受験を知り尽くしたプロの講師が、1対1の個別指導で講義、指導を行っている医学部専門予備校です。

プラスアルファの講師力と授業力、そして、正しい復習の方法などで、1年で医学部合格を実現します。

ランキング2位
ビクセス予備校
ビクセス予備校
特徴
  • 現役医学部生による完全個別指導
  • 総勢80名を超える講師陣が受験生活をサポート
  • 名古屋大学や名古屋市立大学など地元医学部に強いと評判
解説

ビクセス予備校は、名古屋大および名古屋市大の現役医学部生によるマンツーマン個別指導を行う進学予備校です。

難関医学部受験を突破した講師から指導が受けられるので授業の質は高く、またアドバイスには説得力があります。

現役合格をはじめ、毎年多くの生徒が難関大学や医学部へ合格している高い実績が評判です。

特に名古屋大学や名古屋市立大学、藤田医科大学といった地元の医学部への合格実績が豊富なので愛知県など中部エリアの医学部を目指す人におすすめとなります。

ランキング5位
四谷学院
四谷学院
特徴
  • 名古屋駅徒歩2分で快適な新校舎で学べる
  • 55段階で基礎学力を徹底的に習得できる
  • 医学部逆転合格者を数多く輩出中
解説

四谷学院の名古屋校は通学に便利な名古屋駅徒歩2分に位置するため、愛知県内のみならず岐阜県や三重県からも多くの生徒が通っています。

新校舎には休憩室や自習室が広く確保されており、快適に勉強することが可能です。

医学部受験でも豊富な実績を誇る「55段階個別指導」「科目別能力別授業」のダブル教育で偏差値を飛躍的に伸ばすことができます。

個別指導と集団授業双方のメリットを得ながら効率よく学習可能。

医学部再受験生の合格実績が豊富な予備校としても評判です。

2020年2月には名古屋校に加え、千種校が新規開校しより利便性が高まっています。

医学部予備校の動画配信

ラムス予備校 医進コース紹介

医学部予備校のオンライン授業もおすすめ

医学部予備校のオンライン授業もおすすめ

名古屋の医学部予備校には岐阜や三重からも通学している受験生が多いですが、通学時間がどうしてもかかってしまいます。

そこでおすすめなのが、医学部予備校のオンライン授業です。

インターネット上でZOOMなどのビデオ通話システムを使ってリアルタイム双方向の授業を実現。

通学生とそん色のない授業が受けられるので、名古屋市以外の遠方に在住している受験生におすすめします。

感染予防だけでなく、通学時間や通学費用の節約にもつながるので、ぜひ検討してみると良いでしょう。

ただし、オンライン授業の設備や学習システムは医学部予備校によって大きく異なりがち。

したがって、まずは体験授業を利用して確認することが重要になります。

ちなみにオンライン授業なら、名古屋以外の東京や大阪の合格実績豊富な医学部予備校も候補に入れることが可能です

医学部合格は自分と相性の良い医学部予備校で指導を受けるのが最も効果的な方法の1つ。

名古屋以外もオンライン授業などを候補に入れて豊富な選択肢の中から自分に合った医学部予備校を見つけ出しましょう。

通信講座でおすすめの医学部予備校を探す

大手予備校一覧

河合塾

特徴 名古屋が拠点だけあって
医学部専用校舎を設置するなど
施設や設備が充実
授業料 トップレベル
国公立大医進コース:
1,035,000円
ハイレベル
私立大医進アドバンス:
2,055,000円

駿台

特徴 医系に強いと評判で特に
難関医学部志望者の人気が高い
授業料 スーパー国公立医系:
841,000円
スーパー私立医系:
818,000円

代々木ゼミナール

特徴 質の高い講師陣と
オリジナルカリキュラム通称
「オリカリ」の評判が良い
授業料 スーパーレベル国公立医学:
730,000円
ハイレベル私立医学:
760,000円

四谷学院

特徴 名古屋駅すぐの
地理的メリットから
岐阜や三重から通う
生徒も多い人気予備校
授業料 東大・京大・国公立医学部:
605,000円
私立医学部:590,000円

医学部予備校一覧

KGS

特徴 完全定員制の
医学部専門予備校です。
学費の安さと、1年で
医学部合格へと
導く丁寧な
指導とサポートが魅力です。
授業料 【現役】個別1コマ18900円、集団1コマ12600円
【高卒生】個別1コマ21000円、集団1コマ14700円
※高卒生は年間最大997,920円

ビクセス予備校

特徴 医学部生講師による
質の高い個別指導で
毎年多くの医学部および
難関大学へ合格者を輩出
授業料 詳しくは公式サイトより
ご確認下さい。

メディカルトレナ

特徴 大手の予備校や有名予備校
でも指導している
医学部受験に
精通したプロの講師が、
1対1の個別指導で講義、
指導を行っている
医学部専門予備校です。
ワンランク上の講師力&授業力、
そして、合格できる正しい復習の方法などで、
1年で医学部合格を
勝ち取ります。
授業料 高卒生、高校生
(高3、高2、高1、中3):
1コマ90分授業で、12,750円 ※月謝制

メディカルロード

特徴 完全個別指導にこだわった私立医学科受験専門の医学部予備校
授業料 後払い定額制 
※学費の詳細は公式HPより
直接お問い合わせください。

東京メディカル学院

特徴 完全定員制の医学部専門予備校です。
学費の安さと、1年で医学部合格へと
導く丁寧な指導とサポートが魅力です。
授業料 医学部進学コース:
1,620,000円

家庭教師・個別教室のトライ

特徴 家庭教師または個別指導により
医学部専門コースで
集中した対策を実現
授業料 詳細は公式サイトより
ご確認下さい

ラムス予備校

特徴 医学部合格者も数多く輩出している個別指導型の進学予備校
授業料 月額29,000~36,000円

メルリックス

特徴 推薦入試や私立大学
医学部に強いこと
有名な東京の医学部予備校が
名古屋校を開校
授業料 詳細は公式サイトより
ご確認下さい

セント・メプレス

特徴 負担の少ない学費で医学部合格を実現してほしいという想いで
開校した実力派揃いの
医学部予備校
授業料 プロ講師の個別指導:
12,000円~/コマ

富士学院

特徴 地方医学部予備校の中でも
豊富なデータと
実力派の講師陣の指導力が
高いと評判
授業料 富士ゼミ:年間3,400,000~
3,700,000円

メディカルラボ

特徴 合格者数が豊富な全国規模の個別指導専門の医学部予備校だから、
自分だけのカリキュラムで
最短合格が狙えます
授業料 国公立医学部受験コースおよび
私立医学部受験コース:
4,950,000円(浪人生)

【まとめ】中部圏内から受験生が集まる名古屋の医学部予備校

今回は、名古屋を含めた愛知県にある医学部受験に強い高校から、医学部設置の大学紹介、並びに名古屋の医学部予備校について紹介してきました。

中部地区を代表する名古屋市には、大手進学予備校をはじめ多くの医学部予備校があるため、優秀な生徒が県外からも多く集まります。

したがって、質の高い指導を提供する実績豊富な医学部予備校が名古屋市には多いので、東京や大阪まで行かなくても十分医学部合格が狙えます

東京や大阪に行くよりも寮など費用負担が抑えられるので経済的メリットを享受することも可能です。

しかも、名古屋にある医学部予備校だけあって、地元の名古屋大学や藤田医科大学の合格実績が豊富で大学別講座など対策が充実しているのも魅力。

名古屋大学をはじめ、中部圏内の医学部を志望する受験生は名古屋にある医学部予備校で学ぶことをおすすめします。

医学部予備校の口コミを大募集!

当サイトでは、現在医学部予備校の口コミ・体験談を募集しています。医学部志望の受験生に役立つ情報の場として、ぜひご協力お願いいたします。

医学部予備校の
口コミ投稿はこちら
おすすめ医学部予備校
野田クルゼ
野田クルゼ

40年以上の伝統と歴史を誇る実績トップクラスの医学部予備校

学び舎東京
学び舎東京

医学部および難関大学に強い個別専門予備校

太宰府アカデミー
太宰府アカデミー

福岡で合格実績豊富な全寮制の医学部予備校

ウインダム
ウインダム

生徒の2人に1人が医学部進学を実現させる実力派予備校