医学部予備校詳細
九州の医学部予備校【PMD】の特徴や評判などを詳しく解説

PMD医学部専門予備校

九州の医学部予備校【PMD】の特徴や評判などを詳しく解説

PMD医学部専門予備校は圧倒的な学習量と質の高い学習内容が魅力の予備校です。

九州地区には福岡の博多を中心に大手や中小様々な医学部予備校が存在します。

今回はそのなかでも九州のみで校舎を展開する医学部予備校PMDグループを紹介します。

地元の進学校の生徒が多く所属しており、小規模ながら安定した合格実績をもつことが特徴です。

九州で医学部予備校を探している方は是非ご参考にされてください。

PMDはどんな医学部予備校?

PMDはどんな医学部予備校?
PMD予備校にはグループ指導と個別指導を行う「PMD医学部専門予備校」と個別指導に特化した「PMD医学部個別予備校」があります。

久留米大学や福岡大学への合格実績が豊富で多くの私立医学部情報を有しています。

PMD医学部個別予備校とは

福岡、長崎、熊本、鹿児島の4校舎をもつ中高生及び既卒生のための完全マンツーマン個別指導を行う医学部予備校です。

中高一貫コースや家庭教師コース、オンラインコースなど様々なニーズにこたえた指導方法を行っているのが特徴です。

基本的な内容はAI学習のatama+で、医学部受験に必要な専門的なことはプロ講師による完全個別指導を行っています。

PMD医学部専門予備校とは

PMD医学部専門予備校は福岡のPMD医学部個別予備校と同校舎に設置されている少人数でのゼミ形式の授業を主軸にしている医学部予備校です。

学力の向上のためには規則正しい生活をすることが必要という考えから、学習管理以外にもしっかりとした生活管理も行っているのが特徴です。

詳細は資料で確認!

資料請求はこちら

他の医学部予備校にはない魅力・メリット

他の医学部予備校にはない魅力・メリット
PMDの魅力は

  • 少人数制でモチベーションが保ちやすい環境
  • 個別指導は1科目から受講可能
  • 圧倒的な授業時間
  • 九州内のトップクラスの講師が担当
  • 編入試験にも対応
  • 自習室コースを設置

にあります。

少人数制でモチベーションが保ちやすい

PMD医学部専門予備校は5名程度の少人数ゼミ授業を行っています。

講師と生徒が対話しながら進む授業はその場で疑問を解決できる環境。

他生徒の質問も共有できる環境なので、効率の良い学力向上が期待できます。

また、同じ目標の仲間と一緒に勉強を進めることでモチベーションが維持しやすい環境といえます。

個別指導は1科目から受講可能

多くの医学部予備校がコースやパック受講を必須としている中で、PMD医学部個別予備校は1科目から受講可能です。

中高一貫現役生に対しては学校対応の授業も可能、再受験生や既卒生は苦手な特定の科目のみ受講ができるので、大手の予備校に通いながら特に対策したい科目のみを医学部予備校PMDで履修するのもおすすめです。

圧倒的な学習時間で管理

PMD医学部専門予備校は英語、数学は週5コマ、理科は週4コマずつと、圧倒的な授業時間を確保しています。

医系 小論文は隔週で1コマ、面接指導(個人、集団)、各種適正試験対策もおこなっており、サボるすきを与えません。

また、夜の22時までは自習室での夜学習を設置。

その日の授業で分からなかったところを質問したり、定着度が低い場合は補講が行われます。

確認テストなど定着度を図るシステムも導入しており、勉強に集中せざるを得ない環境となっています。

九州内トップクラスの講師が担当

PMD医学部専門予備校の講師は医学部受験指導経験豊富なものばかり。

九州内の大手予備校や映像授業で活躍している講師も在籍しています。

PMD医学部専門予備校は人気講師の授業を少人数・個別で受けられる非常に贅沢な環境といえそうです。

編入受験にも対応

PMD医学部個別予備校では編入コースも設置しています。編入コースででは編入試験の対策として

  • 書類選考の書類添削指導
  • 学科試験対策として生命化学・英語をメインとした医学部の基礎医学の授業
  • 最終試験対策として口頭試問、個人面接、集団面接 志望校の形式に合わせた面接練習

などをおこなっています。

九州内で編入コースを置く医学部予備校は少ないため、再受験を考えながら編入も視野に入れている方には最適な環境です。

自習室コースを設置

医学部予備校は基本的に授業をとらなければ自習室は使えません。

対しPMD医学部専門予備校は自習室利用のみのコース「きけるん♪」を設置。

医学部予備校に所属していない受験生も1ヶ月27.500円(税込)で医学部予備校校舎の自習室が利用できます。

しかも、PMDのテストや模試も受験でき、面接対策や出願書類の添削してもらえます。

医学部予備校校舎に来ている講師やチュータ―に質問することもできるため、医学部予備校は高額な学費のため通うことが難しいという方には非常におすすめです。

学費・コース紹介

学費・コース紹介
多くの医学部予備校は資料請求しないと料金がわかりませんがPMDはHPに細かい料金設定が記載されています。

完全個別指導を行う医学部予備校のなかでは比較的安めな価格設定といえます。

PMD医学部個別予備校のコース・学費

コース
授業時間
(1コマ)
入学金
管理費
(月々)
教材費
(年間)
単価/1回あたり
編入コース 100分 330,000円
(週3コマ以上)
220,000円
(週2コマ)
110,000円
(週1コマ)
110,000円 19,800円
既卒生コース
(数・英・理)
※atama+利用料含む
100分 330,000円
(週3コマ以上)
220,000円
(週2コマ)
110,000円
(週1コマ)
5,500円
※1科目あたり
110,000円 17,600円
既卒生コース
(国・社・小論)
100分 330,000円
(週3コマ以上)
220,000円
(週2コマ)
110,000円
(週1コマ)
110,000円 17,600円
現役生コース
(数・英・理)
※atama+利用料含む
90分 33,000円 2,200円 実費 11,000円
現役生コース
(国・社・小論)
90分 33,000円 2,200円 実費 9,900円

PMD医学部専門予備校のコース・学費

PMD少人数ゼミコース

コース 国公立コース 私立コース
授業時間
(1コマ)
100分 100分
入学金 330,000円 330,000円
教材費
(年間)
110,000円 110,000円
受講料 4,290,000円 3,740,000円
合計 4,730,000円 4,180,000円

atama+放題コース

コース 既卒生コース 現役生コース
入学金 110,000円 33,000円
管理費
(月々)
2,200円 2,200円
単価/1科目あたり 22,000円 22,000円
パック料金 33,000円(2科目)、55,000円(4科目) 33,000円(2科目)、55,000円(4科目)

PMDの合格実績

PMDの合格実績
2022年度合格実績は以下のとおりです。

国公立大学医学部医学科

  • 宮崎大学:1名
  • 鹿児島大学:1名

私立大学医学部医学科

  • 岩手医科大学:2名
  • 東北医科薬科大学:1名
  • 帝京大学:1名
  • 愛知医科大学:1名
  • 兵庫医科大学:1名
  • 川崎医科大学:1名
  • 久留米大学:1名
  • 福岡大学:1名

補欠合格

  • 北里大学:1名
  • 近畿大学:2名

上記以外も、個別指導部門からは獣医学部や歯学部、薬学部、早稲田や慶応など医学部以外の学部合格者も多くみられました。

2021年以前の合格者数をみると地元福岡大や久留米大への合格者を多く輩出ており地元九州の大学を狙う受験生にはおすすめの医学部予備校です。

生徒からの評判

生徒からの評判
医学部予備校口コミ掲示板や受験生blog、公式HPの合格者からの口コミによると

自分は何か決めてもらったことがないとなかなか自分では動かないタイプなので、日曜日も含めた演習はそれだけでよかったなと思います。

PMDは雰囲気が良かったのでさみしい思いもすることなく勉強に集中することができた。

少人数での授業なので、雰囲気が明るくて密度の濃い授業が受けられました。先生との距離が近いので質問もしやすく、個別授業の相談もしやすかったです。

など、その学習環境の質の高さに対する評価が多くみられました。

スタッフや教師の面倒見のよさや徹底した学習管理がおこなわれており満足度の高さがうかがえます。

PMDがおすすめの受験生

PMDがおすすめの受験生
PMDがおすすめの受験生は

  • 自己管理が特に苦手
  • 積極性がなく自分から相談できない
  • 大手予備校・他医学部予備校で成績が伸び悩んでしまった

です。

自己管理が苦手

PMD医学部専門予備校の既卒生コースは毎日朝から授業を設定しています。

勉強リズムをつけることを重視しており、他医学部予備校にくらべて圧倒的な授業時間数を設定。私立コースの場合、年間約1520時間という時間数は圧巻です。

合格者の口コミからも「自分から何かをきめてやることが苦手であったが先生が何をすべきか細かく指示してくれた」との声が多くみられており、自分で計画をたてることが苦手な受験生にはおすすめの環境といえるでしょう。

積極性がなく自分から相談できない

分からないところが出てきたり、志望校についての相談があったとしても自ら教師やスタッフに声をかけることが出来ない受験生は医学部予備校の中でも特に面倒見のよいPMDがおすすめです。

PMDは個別指導はもちろんグループ指導でも講師と生徒の距離が近く相談しやすい環境つくりを行っています。

スタッフから積極的に声をかけてくれるので、コミュニケーションをとるのが苦手な受験生でも安心です。

大手予備校や他医学部予備校で伸び悩んでしまった

PMDに入学する既卒生には他医学部予備校や大手予備校で学んできたものも多くいます。

集団授業の受け身的な授業では、知識が定着せず伸び悩んでしまうという例は少なくありません。

PMDは参加型の少人数制授業のため質疑応答を通し確実に知識が定着するのです。

少人数制のグループ指導に加えさらに個別指導を組み合わせることでさらに充実した医学部受験対策が期待できます。

医学部予備校情報

指導形態 集団クラス、個別指導
寮のタイプ 提携寮
オンライン指導 あり
体験授業 各科目1コマずつ
予備校
所在地

【福岡校】
〒810-0041
福岡県福岡市中央区大名2丁目11-25 新栄ビル6F

【熊本校】
〒860-0844
熊本市中央区水道町7-16 富士水道町ビル4階

【鹿児島校】
〒892-0847
鹿児島県鹿児島市西千石町11ー21 鹿児島MSビル8階

【長崎校】
〒852-8136
長崎県長崎市家野町8-6メルセデス長崎大学前2階

【広島校】
〒730-0051
広島県広島市中区大手町3-8-1 大手町中央ビル10階

お問合せ先 TEL:092-406-7088
(9:00~17:00)
詳細は資料で確認!

資料請求はこちら

PMD医学部専門予備校の口コミ・体験談

投稿者:こざとへん (男性)

PMDは交通アクセスが便利なうえ、自習室の設備が整っているので、勉強する環境は抜群で気に入ってます。

2014/09/07

投稿者:むしゃんよか (男性)

ここは膨大な量の演習をこなします。
とにかく徹底的に演習、解説、解きなおしを行っていくうちに入試レベルの問題が自然と解けるようになって答案作成力が身についてきました。
とても大変だったけど入試問題がスラスラ解けたときは嬉しかったです。
九州は医学部受験の専門予備校が少ないので首都圏に出ようかと思いましたが、PMDが福岡にあって本当に良かったです。

2014/06/23

投稿者:もじもじ (男性)

福岡の地元の医学部を目指していたので、医学部予備校を九州内で探してPMDを見つけたのが入学したきっかけです。
授業数と演習量がとにかく多いので予習・復習が大変ですが、おかげで成績は伸びました。
九州には医学部専門の予備校が少ないですが、PMDなら九州に居ながら医学部合格を目指すことが可能ですよ。

2014/02/20

「当サイトでは、現在PMD医学部専門予備校の口コミ・体験談を募集しています。医学部志望の受験生に役立つ情報の場として、ぜひご協力お願いいたします。

みんなの声を大募集

口コミ投稿はこちら

詳細は資料で確認!

資料請求はこちら

PMD医学部専門予備校の詳細をみる