医学部で偏差値・難易度が低くく合格しやすい大学はどこ?

医学部医学科の入試難易度は非常に高いですが、その中でも合格しやすい大学を厳選して紹介。

比較ランキングサイト

医学部予備校TOP > 医学部で偏差値・難易度が低くく合格しやすい大学はどこ?

医学部で偏差値・難易度が低くく合格しやすい大学はどこ?

医学部医学科は人気が高く、偏差値・難易度は非常に高いのが特徴。

上位医学部と底辺医学部の難易度の差は他学部に比べてそこまで大きな開きがありません。

それでも合格しやすい難易度の下がる医学部は誰でも知りたいところ。

そこで今回は国公立および私立の医学部入試で合格しやすい大学があるのかについてまとめています。

【目次】

国公立大学医学部医学科で難易度が下がる大学

国公立大学医学部医学科で難易度が下がる大学

まずは国公立大学医学部医学科。

学費が6年総額350万円程度と安いことから受験生にも非常人気が高く、底辺医学部でも東大他学部に合格できる偏差値が要求されます。

そんな国公立大学医学部医学科の中で難易度が下がる傾向を確認していきましょう。

地方の新設医科大学

国公立大学医学部の場合、旧帝大学、旧制医科大学、旧制学専門学校、新設医科大学と医学部が設置された順でヒエラルキー(序列)が形成されており、偏差値や難易度に大きく影響されています。

したがって、地方の大学でも旧制医科大学(熊本大学・長崎大学・岡山大学・新潟大学・金沢大学)だと、他の地域と比較して難易度が高め

そこでおすすめとなるのが、地方の新設医科大学です。

新設医科大学でも都市部にキャンパスがある国公立大学医学部は受験生の通いやすさや、充実した学生生活が送れることから難易度は高まります。

したがって、キャンパスまでの通学が不便な辺境の地に医学部が設置されている地方国公立大学で、新設医科大学と歴史の浅い大学を目指すと合格しやすいかもしれません。

入試科目の負担が少ない医学部

国公立大学医学部の場合、共通テスト(センター試験)の受験が必須で国語や社会といった文系科目も必須です。

しかし、二次試験は国公立大学によって異なっており、入試科目が全てが一緒ではありません。

かつては面接試験がない医学部もありましたが、2020年に九州大学は面接試験を導入して今では全医学部で実施されています。

ただし、二次試験の入試科目が少ない医学部を選べば、共通テスト後の二次試験対策の負担が軽減できるので、難易度が下がるかもしれません。

昔は信州大学のように数学・小論文・面接だけのような負担の少ない医学部もありました。

現在は二次試験の入試科目は全国の医学部で増加傾向で、最低でも英語と数学は必須ですが、理科科目がない医学部は穴場かもしれません

特に理科が苦手な受験生にとっては、難易度が下がると言っていいでしょう。

前期日程二次試験で理科のない医学部一覧

大学名 二次試験
旭川医科大学 英語150点、数学150点、面接50点
弘前大学 総合問題300点、面接200点
秋田大学 英語100点、数学100点、面接200点
島根大学 英語200点、数学200点、面接60点
徳島大学 英語200点、数学200点、面接
宮崎大学 英語300点、数学300点、面接

※弘前大学の総合問題は英語中心で一部に化学の内容が問われた(2021年度入試)

私立大学医学部医学科で難易度が下がる大学

国公立大学はヒエラルキー(格付け)が難易度に影響

私立大学医学部医学科の一般入試は国公立とはまた違う傾向があります。

それではどんな点で難易度が下がる傾向にあるのかを確認していきましょう。

学費が高額な大学は一般的に偏差値が下がる

私立大学医学部の場合は、ヒエラルキーよりも学費で難易度が大きく影響する傾向にあります。

やはり、私立大学医学部の学費は高額になるため、入学できる医学部は世帯によって大きく異なりがち。

そこで、学費の安い私立大学医学部は多くの受験生が目指せる大学として人気が集まり、毎年高い難易度を誇っています。

特に6年総額2000万円台前半の私立大学医学部には国公立の併願組も多く受験してくるため、偏差値は非常に高いです。

逆に学費が3500万円以上から4000万円超の私立となると経済的に厳しい受験生も多く敬遠する傾向にあるため、難易度は下がる傾向に。

したがって、経済的に問題がなければ、合格できる可能性は高まるということです。

2021年度の入試で言えば、東京女子医科大学が学費1200万円値上げすることを発表したことを受け、志願者が1362名(2020年)から945名と大幅に減少し穴場となりました

また、東京女子医科大学の学費値上げ前まで最高額だった川崎医科大学は偏差値は最も低い医学部として有名です。

帝京大学の試験は必須科目は英語だけで最大3回受験できる

帝京大学医学部は学費総額3938万円と高額であるのと、入試制度が他大学と異なることから合格しやすい医学部の1つとして有名です。

入試科目については必須科目は英語だけ

そして、選択科目の国語・数学・化学・物理・生物の5科目から2科目を選択することになります。

国語で受験できること、そして数学の範囲に数Ⅲが含まれないことから文系出身の受験生にとって難易度が下がることでも人気です。

また、試験日が3日間があり、最大3日受験でき、最も高い日の得点が合否に採用されるため、例え初日で失敗しても挽回可能なのが魅力。

もちろん、制度はライバルもみんな同じなので、合格得点が上がることは珍しいことではありません。

帝京大学を受験するなら3日間挑戦することが合格難易度を下げるためにもおすすめです。

東海大学は理科1科目で受験可能

私立大学医学部でも帝京大学を除き、理科二科目が必須であることがほとんど。

しかし、東海大学は英語・数学・理科1科目で受験が可能です。

したがって、理科の対策負担が軽減するため、難易度が下がる受験生もいることでしょう。

ただし、受験生がみんな得意な理科科目で受験してくるため、高得点争いとなり難易度がむしろ上がるという声も聞かれます。

理科2科目の対策しているけれど、1科目しか安定して高得点が取れないという受験生にとってはおすすめになるかもしれません。

一般入試 英語100点、数学100点、理科1科目100点、小論文、面接

まとめ

以上のように、今回は医学部の中で難易度の下がる大学を国公立・私立に分けて紹介してきました。

ただし、注意しておきたいのは医学部医学科の中で難易度が下がるだけで、大学入試全体を考えれば非常に難易度は高いことには変わりありません。

上記の合格しやすい大学でも甘くみてると不合格は当たり前。

偏差値がクリアしていても、過去問など活用してしっかりと大学別対策を行っておかないと合格できない受験生は毎年日常茶飯事です。

決して甘くみずに徹底的に準備して試験に臨むことが重要です。

医学部予備校の口コミを大募集!

当サイトでは、現在医学部予備校の口コミ・体験談を募集しています。医学部志望の受験生に役立つ情報の場として、ぜひご協力お願いいたします。

医学部予備校の口コミ投稿はこちら

おすすめ医学部予備校

野田クルゼ

40年以上の伝統と歴史を誇る実績トップクラスの医学部予備校

学び舎東京

医学部および難関大学に強い個別専門予備校

代官山MEDICAL

1校舎から圧倒的な医学部進学者数を実現する直営寮完備の医学部予備校

ウインダム

生徒の2人に1人が医学部進学を実現させる実力派予備校

page top