独学より医学部予備校が現実的

超難関医学部入試を突破するためには独学ではなく医学部予備校で対策するほうが現実的です。

比較ランキングサイト

医学部予備校TOP > 独学より医学部予備校が現実的

独学で医学部合格は非常に厳しい

書籍やブログなど、独学で医学部合格を実現した勉強法や体験記などが紹介されているので、自分も独学で医学部を目指そうと思っている人もいると思います。

独学なら、市販の参考書と大手予備校の模試だけのコストで勉強できるので、医学部予備校をはじめとした高額な授業料を負担する必要もなく非常に経済的です。

しかし、近年の医学部受験ブームに伴う難易度の上昇を鑑みると、独学は決しておすすめできる学習法とは言えません

独学で医学部合格を実現する人もいますが、ごく少数に限られると思っておいて間違いありません。

ほとんどの受験生は医学部予備校に通い質の高い指導やサポートを受けることで合格を実現させています。

独学で医学部を目指すメリット及びデメリット

独学のメリット

  • マイペースに勉強できる
  • 勉強場所を選ばない
  • 経済的

独学の場合、自分のペースで誰にも邪魔されずに勉強できるのが最大のメリットと言えるのではないでしょうか。

自分が勉強したい科目を好きなタイミングで好きなだけ行えるので、授業があるからと中途半端になることもありません。

また、学習場所も限定されていないので、図書館や自宅、カフェなど自分が好きな場所で学べると同時に、通勤・通学や昼休憩など空いた時間を有効活用できます

ずっと同じ環境下で勉強していると集中力が低下することがあるので、そんな時は場所を変えることも1つの方法です。

最後に、独学は参考書があれば勉強できるので予備校に比べて経済的負担が軽く済みます。

医学部合格に必要な学力は、市販の教材だけで習得できるくらい参考書の種類は豊富にそろっています。

医学部予備校に通うお金を節約した分、医学部の学費に備えることもできるので、社会人や高卒生を中心に独学を検討する受験生が少なくありません。

独学のデメリット

  • 継続が困難
  • 勉強が非効率になりがち
  • 自分の立ち位置が分からない
  • 情報量が不足しがち

独学は、自分で学習計画を立てて実行に移す必要があり、誰も管理してくれないなか計画通りに継続して勉強することは非常に難しいです。

思うように勉強が進まなかったり、成績が伸び悩んでしまったりすると、モチベーションの維持も困難になってしまい途中でドロップアウトしてしまうことは珍しくありません。

また、医学部合格には高度な学力が必要になるため、参考書の解説だけでは理解できないことも多々ありますが、その場合に質問できない問題も生じてしまいます。

質問できずに放置あるいは飛ばして先に進んでしまうと、基礎学力が欠如や苦手科目になるリスクが非常に高くなってしまいます。

また、自分が好きな科目ばかり勉強してしまい、科目間の勉強バランスが崩れて偏りができてしまうこともよくあります。

これが、成績の伸び悩みにつながってしまうため、苦手科目が許されない医学部入試では致命的になってきます。

さらに、独学であっても模試などを受けておかないと自分の立ち位置が分からず、自分ができた気になっているだけでライバルに大きく差をつけられていることもあるので、直前期に限らず定期的に模試は受験しておくことが重要です。

最後に、医学部受験の最新情報を把握していたないために受験で不利になることも考えられます。

最近はネット上でたくさんの医学部受験に関する情報を入手することが可能ですが、匿名性が高く全ての情報が正しいとは限らないので正確性を判断でいる能力が求められます。

以上のことから、独学はメリットよりもデメリットの要素が多く、特に偏差値60以上の高度な学力が必要な医学部受験においては予備校などに通うことが一般的とされています。

勉強が得意な人や自己管理ができる人など、独学でも医学部合格を実現する自信がある人以外は止めたほうが良いでしょう。

医学部予備校がおすすめされる理由

独学のデメリットを全て解消できるのが医学部予備校で学ぶという選択肢です。

医学部予備校の場合、経験豊富なプロ講師陣から質の高い指導およびサポートが受けるので合格の可能性が自ずと高くなります

独学は継続が困難ですが、医学部予備校なら同じ医学部を目指す仲間たちと切磋琢磨できる環境と、講師や教務スタッフによる定期的な面談やフォロー体制があるので、モチベーションの維持も容易です。

カリキュラムも本番から逆算し、各生徒の志望校や学力も考慮したうえで作りこまれているので、科目ごとの勉強バランスも含めて理想的な学習計画のもと効率よく対策できます。

また、分からない時は講師や医学部生チューターにいつでも質問できる体制が整えられており、その場で解決できるので知識の消化不良を防止できます。

独学のような無駄な勉強がなく、最低限の学習量により最短ルートで医学部を目指せることから偏差値40からの合格者が輩出している所以でもあります。

他にも、医学部予備校では定期的に確認テストや模試が実施されるので、自分の現在地を把握できる同時に必要な対策や目標を可視化させることができます。

そして、ライバルに遅れを取ることなく勉強を進めていき、着実に学力を身につけていけるシステムが確立されています。

他にも、医学部予備校では最新の入試情報をリアルタイムで入手できるのはもちろん、これまでの豊富なノウハウとデータをもとに最適な志望校選定ができるので、自分と相性の良い医学部を見つけることが可能です。

配点比率や出題範囲など大学によって異なってくるため、自分の実力が十二分に発揮できる相性の良い医学部が見つかれば、それだけ合格に近くなるということです。

ぴったりの医学部予備校を探そう

おすすめ医学部予備校

野田クルゼ

40年以上の伝統と歴史を誇る実績トップクラスの医学部予備校

学び舎東京

医学部および難関大学に強い個別専門予備校

慶応進学会フロンティア

多浪生および再受験生から圧倒的な支持を誇る

おすすめ学習ツール

メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

page top