医学部予備校の比較
横浜でおすすめの医学部予備校はどこ?

横浜でおすすめの医学部予備校はどこ?

横浜でおすすめの医学部予備校はどこ?

神奈川県横浜市にあるおすすめの医学部予備校を厳選紹介しています

神奈川県の県庁所在地横浜は、全国の市区町村で最も多い人口を有する大都市です。

横浜駅やみなとみらい駅周辺を中心に数多くの大手予備校や医学部予備校があり、大学受験に向けた学習環境が整っています。

この記事では、横浜市の医学部予備校事情とともに、医学部に特化した専門的な対策ができる予備校や、横浜で特におすすめの医学部予備校をご紹介します。

横浜市周辺で医学部予備校をお探しの受験生に役立つ内容となっていますので、ぜひ参考になさってください。

目次

横浜医学部予備校事情

横浜の医学部予備校事情横浜の医学部予備校の校舎や学習環境

神奈川県、とりわけ横浜市は医学部への合格実績が豊富な進学校を多く有しています。

横浜市は公共交通機関が充実し都内へのアクセスも抜群なため、神奈川県内だけでなく東京都の医学部予備校にも通いやすく、予備校選びの選択肢が多いといえます。

ここでは、横浜市の医学部予備校事情をご紹介します。

神奈川県で医学部医学科を有する大学

神奈川県には国公立・私立あわせて31校の大学があり、そのうち医学部医学科を有する大学は4校です。

横浜市にキャンパスを置く横浜市立大学をはじめ、東海大学(伊勢原市)、北里大学(相模原市)、聖マリアンナ医科大学(川崎市)に医学部医学科があります。

神奈川県内に複数の医学部を有していること、さらに東京都や関東圏の医学部へも通いやすいことから、神奈川県は医学部を目指す受験生にとって学びやすい環境といえるでしょう。

横浜には多くの予備校が集まっている

神奈川県は進学校が多く、特に横浜市の桐蔭学園高校や聖光学院高校、横浜翠嵐高校などで多くの医学部合格実績があります。

神奈川県は医学部を目指す優秀な学生が多いことから、横浜駅前やみなとみらい駅前など横浜市を中心に多くの大手予備校や医学部予備校が校舎を構えています。

神奈川県内だけでも予備校の選択肢は充実しているといえる一方、東京都内にはさらに多くの予備校が集中しています。

また、インターネットを介して講義を受けるオンラインコースを設置する医学部予備校も多数あるため、予備校選びの際は大きく視野を広げて探してみるのもおすすめです。

なお、横浜医学部予備校と言えば、合格実績や評判などから下記がおすすめです。

  • エースメディカルみなとみらい
  • 四谷学院
  • 城南医志塾
  • メディカルアーク
  • メディカルラボ

横浜医学部予備校といえば【エースメディカルみなとみらい】

エースメディカルみなとみらい横浜で豊富な合格実績を誇る医学部予備校

生徒一人ひとりへの手厚いサポートを望むなら、少人数クラスや個別指導の授業形式がとられる医学部予備校がおすすめです。

そこで、横浜市内でおすすめの医学部予備校といえば、馬車道駅・関内駅すぐそばにあるエースメディカルみなとみらいです。

医学部予備校は医学部受験に特化したカリキュラムが組まれ、受験に精通したプロフェッショナルな講師陣による質の高い授業が展開されています。

エースメディカルみなとみらいの授業形式は少人数制の集団授業とマンツーマン個別指導。

各大学の医学部入試傾向に特化したカリキュラムで、「国公立合格」と「特待生合格」を毎年積み重ねています。

基本情報

横浜医学部予備校「エースメディカルみなとみらい」の基本情報は次のとおりです。

遠方からも通えるよう、提携マンションや学生会館(学生寮)も用意されています。

エントランス風景エントランス風景
種別 医学部予備校
授業形式 少人数集団クラス・個別指導
設置コース 高卒生 本科コース/現役生 本科・単科コース/社会人 本科・速習コース
自習室 1人につき1機の自習用ブース完備(本科生の場合)
開校時間 9:00〜22:00(年中無休)
所在地 本館:神奈川県横浜市中区太田町4-55 横浜馬車道ビル2F、2号館:横浜市中区太田町4-49 MGS横浜馬車道ビル5F

少人数定員制だからサポートが手厚い

エースメディカルみなとみらいの授業は4〜8名の少人数定員制とし、医学部予備校ならではの手厚いサポートが評判です。

授業で習ったことを定着させるために確認テストを毎日おこない、さらに土曜日には実力テストを実施、基準に達しなった場合は日曜日に再テストとなります。

テストに合格しなかった場合は無料の個別授業が受けられるため、わからないまま先に進むことはありません

授業内容を確実に定着させるきめ細やかなサポート体制で、生徒の「わからない」や「理解できない」を徹底的になくしています。

高卒生・本科コースのクラス授業は次のとおりです。

コース名 定員 対応科目
スーパーメディカルコース(国公立医学部) 最大8名 基本4科目(英語・数学・理科2科目)+小論文+共通テスト対策
アドバンスコース(私立医学部) 最大8名 基本4科目(英語・数学・理科2科目)+小論文

個別指導が完全無料

授業風景授業風景

エースメディカルみなとみらいでは、東京・神奈川・横浜医学部予備校で唯一の「完全無料の個別指導」を導入しています。

少人数授業の医学部予備校の場合、個別指導はオプションとして別途料金がかかるのが一般的です

個別指導の完全無料化は、少人数定員制にこだわったエースメディカルだからこそできるのです。

エースメディカルみなとみらいの個別指導は生徒1人に講師1人のマンツーマン形式で、生徒が確実に理解できるまで徹底的に指導しています。

無料だからこそ生徒はいつでも気兼ねなく質問でき、授業の「わからない」をその日のうちに解決できます。

クラス授業もマンツーマン個別指導も医学部受験に精通したプロ講師が指導し、エースメディカルの目標である「全員合格」に向けて力強くサポートしています。

合格実績も国立や難関私立を含む

エースメディカルみなとみらいでは、8年連続で国公立合格と特待生合格の両方を輩出しています(2021年度情報)。

また、慶應義塾大学や順天堂大学など最難関私立にも合格者を輩出し、少人数定員制の小規模な医学部予備校ながら「圧倒的な合格力」を証明しています。

エースメディカルみなとみらいから難関の医学部合格を勝ち取った卒業生からは、「授業がとても分かりやすい上に、なぜその解法を選ぶのかまで詳しく教えて頂けたことで急に成績が伸びた」「全員のペースに合わせて授業を進めてくれたのでしっかりとついていけた」などの声があり、講師や授業の質に対する満足度の高さがうかがえます。

参考:エースメディカルみなとみらい『合格者の声』(https://www.acemedical.jp/voice/)

エースメディカルみなとみらの詳細はこちら

授業料を抑えて医学部合格を目指すなら【四谷学院】

四谷学院医学部予備校に負けない合格実績が魅力

色々な境遇からの多くの逆転合格実績あり「大手予備校の集団授業だと学力的についていけるか不安、でも医学部予備校は予算的に厳しい」とお考えの方は科目別能力別集団授業と55段階個別指導を受講できるダブル教育の四谷学院がおすすめです。

四谷学院は横浜を含め全国31か所の校舎をもちます。

40年の歴史があり、集団授業と個別指導を組み合わせる理解力と解答力を養う指導を行うことで社会人や主婦の方からも医学部合格者をだした実績を多くもつことが特徴です。

集団授業ではライバルのいる環境で適度な緊張感を維持し、55段階個別指導では個人的にわからない点を解決していく、まさに大手予備校集団コースと医学部予備校の個別指導の良いところを取り入れているといえます。

医学部予備校は学費が厳しい、勉強にブランクがある、勉強の方法が分からない、集団授業では積極的に質問することができないという方は是非お試しください。

基本情報

横浜医学部予備校「城南医志塾」の基本情報は次のとおりです。

提携している寮もあり、全館管理人が常駐、さらにオートロック付きなので初めての一人暮らしでも安心です。

種別 大学受験予備校
授業形式 少人数集団クラス・個別指導
設置コース 高卒生 本科コース
現役生 本科・単科コース
所在地 神奈川県横浜市西区北幸1-5-6 四谷学院ビル
アクセス 横浜駅から徒歩2分

知識をインプットする科目別能力別授業

四谷学院は他の大手予備校に多い志望校別のクラス編成ではなく、科目ごとに習熟度別のクラス編成にしています。

これにより生徒一人ひとりに適切な指導が可能です。

得意教科はレベルの高いクラスで伸ばし、苦手教科は基礎クラスで基本事項をしっかり定着させることで、全体の成績を効率よく上げ合格に導きます。

年に数回クラスアップテストがあるので、個別指導のみの医学部予備校に比べ、モチベーションを維持しやすい環境といえます。

解答力をアップさせる55段階個別指導

本番のテストで自力で解答するには、理解するだけではなく答える力(解答力)が必要です。

55段階システムでは四谷学院が厳選した良問を自力で解き、プロの社会人講師が採点、個別に指導することで解答力を効率よく上げることができます。

また、集団授業で理解ができなかった部分を質問することができるのも魅力です。

四谷学院の詳細はこちら

現役に強い医学部予備校なら【城南医志塾】

城南医志塾城南予備校グループの医学部予備校

現役で医学部合格を狙うならば在籍高3生の合格率が88.9%と医学部予備校のなかでも高い合格率を誇っている城南医志塾がおすすめです。

こちらは城南予備校DUOが展開する横浜医学部予備校となります。

現役医師による医志教育、トレーナーの現役医大生・プロ講師の受験対策による合格のための指導はもちろんのことその先にある「医師になること」を見据えた指導が特徴です。

またAIを利用した超オーダーメイド指導atama+もとりいれており、つまづきの原因をすぐさま特定し効率よく成績アップが期待できるのも魅力です。

ご希望の場合ご家庭でのオンライン学習も可能です。

施設面に関しては横浜駅から7分という好立地で、ビルのフロア全体が城南医志塾生専用で個別のロッカーや自習机が用意されており安心感があります。

また休憩に利用できるウォーターサーバーが設置されたラウンジもあり、リフレッシュできるので学習に集中できる環境といえます

基本情報

横浜医学部予備校「城南医志塾」の基本情報は次のとおりです。

提携している寮もあり、全館管理人が常駐、さらにオートロック付きなので初めての一人暮らしでも安心です。

種別 医学部予備校
授業形式 少人数集団クラス・個別指導
設置コース 高卒生 本科コース・完全プレミアム個別コース・単科コース
中学・高校部 現役突破コース・総合選抜対策コース
所在地 神奈川県横浜市西区高島2-6-26城南横浜ビル7F・8F(受付7F)
アクセス JR 横浜駅から徒歩7分

顧問医師によるサポート

「経験に基づいた面接試験のポイント”や“医師になることの意義」は、医学のエキスパートしか伝えられません。城南医志塾では現役医師を顧問として迎え、受験生の「医志」を支えます。

顧問医師の監修プログラムにより小論文・面接・ディスカッション・プレゼンテーションの二次試験対策を行い、圧倒的な二次力をつけるとともに現役医師・他生徒から刺激をうけることでモチベーションが維持できます。

「医志教育」は他の医学部予備校にはみられない学習システムです

実力養成コース・中学生からの医学部教育

医学部予備校では珍しい中学生からの医学部教育をとりいれています。

コンセプトは「主要教科の高校3年間カリキュラムを1年で仕上げる」です。

東大・医学部を狙う高校では、高1終了時点で、高校カリキュラムを全て終了させ、残りの2年間を使って志望校対策に入ります。

実力養成コースはこのような高校の生徒たちに追いつくためのコースです。

入塾から1年間(中学生は高1終了時まで)で、医学部受験に必要な科目のカリキュラムを終了させ、早い段階で入試問題に取り組める基礎学力を定着させます。

医学部推薦・総合選抜対策も充実

現役生の場合、学校の内申がとれている場合は推薦利用が合格の近道です。城南医志塾では推薦対策コースを設けておりマンツーマンで志望理由書作成から小論文指導までを行います。

プロ教師がしっかりとした添削指導を行い、「的確に意見を述べることができる力」を養います。

早い段階で推薦を考えている場合は中学生~高校2年生の間に実力養成コースで高3までの内容を履修し、高3から一般入試の対策をしながら推薦を視野にいれることをおすすめします。

城南医志塾の詳細はこちら

オンラインと通学で迷ったら【メディカルアーク】

メディカルアーク横浜を代表する医学部予備校の1つ

2020年開校 医師が選ぶおすすめ医学部予備校NO.1

医学部予備校が多く並ぶ横浜では比較的新しい校舎ですが、2020年度は在籍する全高卒生の合格率96%と高い合格率を誇ります。

延べ人数や上位レベルクラスのみ母数にした値ではなく在籍者全員中90%の合格率をだすのは医学部予備校でも驚異の値です。

対面集団授業・個別指導コース,ネット配信動画受講コースやオンライン個別指導コースなど生徒のニーズにあわせて、様々な受講様式を用意しているのも特徴です。

また、コースを組み合わせての受講も可能なので、自分にあう授業形態が分からない生徒は問い合わせしたうえで体験授業や講習会にご参加ください。

もちろんどのコースを受講しても授業以外のサポート体制は万全です。

基本情報

横浜医学部予備校「メディカルアーク」の基本情報は次のとおりです。

少人数制、365日サポート体制で生徒がベストパフォーマンスが出せるような最適な環境を提供します。

通学の際も横浜駅から地下街を経由しますので、下校時も安心です。

種別 医学部予備校
授業形式 少人数集団クラス、個別指導
設置コース 高校生・高卒生コース/オンライン個別指導コース/ネット配信動画受講コース
所在地 横浜市神奈川区鶴屋町3−30ー8 SYビル5F
アクセス JR 横浜駅から徒歩5分

自信があるからできる「医学部合格保証」

合格できなければ、次年度の学費が無料となる入塾テストなしの合格保証コースを設けています。

合格保証コースを設けられるのは、一年で合格させる決意と自信のあらわれです。

確固たる意志を持った生徒の為にメディカルアークでは「徹底した指導」を実践し「必ず1年で合格を決める」ことを本来の目的とし、授業以外の綿密な学習計画のもと圧倒的な学習量と指導力で多くの受験生を合格へ導きます。

3点を重視した戦略的指導

医学部入試において最短距離で合格するには戦略的対策が必要です。

メディカルアークでは次の3つに重点をおき指導を行っています。

  • 理科科目の重点指導
  • 2科目の強みをもつ
  • 過去問演習・大学別入試対策

合格できなかった生徒の特長として、理科習熟度が低いことがあげられます。

医学部入試では理科科目は取れて同然。

メディカルアークでは半年で偏差値を60まで上昇させる独自の学習システムを提供します

また医学部入試において2科目の得意科目があると合格しやすい傾向にありこれを伸ばす指導を行っています。

医学部予備校と大きく異なる点は「大学別対策授業の豊富さ」と、入試問題演習を通常授業に組み入れ「入試問題慣れ」を養成する授業システムにあります。

このシステムにより入試本番でも落ち着いて問題がとくことができるのです。

通信講座でも充実した学習指導

通信指導であっても医学部予備校通学コースと全くおなじ個別授業を受講できます。

先生と同じ画面を共有してすすむ双方向オンライン授業なので、疑問もその場で解消できます。

また、横浜の医学部予備校の中でも合格率トップクラスを誇る講師の授業動画が見放題です。

実際の医学部予備校校舎で行った対面授業をそのまま提供しているので、校舎で受講しているような臨場感があります。

授業外の相談も専門スタッフがオンラインで対応しますので、自学習や志望校の選び方に不安がある方でも安心です。

メディカルアークの詳細はこちら

個別指導なら【メディカルラボ】

メディカルラボ河合塾系列の医学部予備校

メディカルラボは一人ひとりの学力・志望校・入試様式に対応できる豊富な情報力をもつ医学部予備校です。

河合塾の情報力に加え全国の校舎から得られた一般入試・指定校入試・総合選抜などの情報や合格者の傾向を割り出し受講者に適した学習サポートを行います。

完全マンツーマン個別指導なので苦手な分野や志望する大学の傾向にあった自分だけのカリキュラムで勉強を進めることができます。

授業は他予備校でも活躍し、多くの受験生を医学部合格に導いてきた実力派社会人プロ講師が担当し現役・浪人・再受験・一般入試・総合選抜・指定校入試,様々な様式から多くの合格者をだしています。

基本情報

横浜の医学部予備校「メディカルラボ」の基本情報は次のとおりです。

遠方からも通えるよう、提携マンションも用意されています。

種別 医学部予備校
授業形式 完全個別指導
設置コース 高卒生 本科コース/現役生 本科・単科コース
所在地 横浜市神奈川区栄町1-1 KDX横浜ビル2F
アクセス JR 横浜駅から徒歩6分

医学部予備校合格者数NO.1

メディカルラボは教育機関として伝統をもつ河合塾グループ傘下である全国28校舎展開の医学部予備校です。

医学部予備校合格者NO.1の実績をほこり私立医学部へ多くの合格者を輩出しているため二次の面接内容、総合選抜や地域枠の受験情報などあまり拡散されていない医学部入試情報を多く有しています。

このような医学部情報を精査・分析し安定した情報を校舎に提供する「メディカルラボ情報研究所」を設置し、どの校舎においてもカリキュラムやテスト、指導方針などを各大学の傾向に合わせてカスタマイズし、授業に反映させています。

医学部合格最短ルートで導く完全個別カリキュラム

基本的な学力を身につけることはとても大切です。

しかし、どの大学でも受かる学力、という言葉を信じて勉強していたら、時間はたりません。

メディカルラボは医学部受験に特化し、さらに志望校を絞り込んだ上で、志望校入試で「合格最低点」を取ることを目標にカリキュラムを作成します。

志望校の合格ラインを踏まえて、効率よく苦手科目を克服し、得意教科をのばすことで、医学部合格への最短ルートを導き出します。

生徒一人ひとりの学力はもちろん科目ごとに過去問を徹底分析した結果を踏まえた具体的なカリキュラムを提示するので迷うことなく安心して勉強を進めることができます。

特殊な150分授業+テスト

どんなに指導経験豊富な講師の指導を受けても定着しなければ合格にはつながりません。

メディカルラボでは1回の授業を150分に設定しています。内訳は講義(50分)→演習(50分)→解説講義(50分)です。

「学び、試し、定着させる」のサイクルによってインプットした知識を確実に定着させることが期待できます。

授業は完全個別ブースの中で行われるので、周囲を気にすることなく質問することができ、講師は生徒の表情や言葉から確実に理解しているかを見極めながら授業をすすめるので積極的に質問ができない生徒も安心です。

メディカルラボの詳細はこちら

【その他】専門的な受験対策ができる大手や専門予備校はどこ?

難関の医学部受験に挑む多くの受験生は、予備校に通って専門的な指導を受けています。

医学部予備校は医学部受験に特化した専門予備校ですが、大手予備校にも複数の医学部進学コースがあるため、予備校選びに悩む受験生は多いかもしれません。

ここでは、専門的な受験対策が可能な横浜市内の大手予備校・医学部予備校を一覧にまとめました。

駿台

駿台予備学校大手の中でも医学部に強いと評判

三大予備校のひとつに数えられ、毎年多くの難関大合格者を輩出する駿台予備学校。

横浜市内では横浜駅近くに1号館・2号館があります。

基礎を重視した授業、最新のICTを活用した教材の質が評判で、医学部合格に向けた確かな学力を効率よく身につけることができます。

特徴 大手予備校として難関大学や医学部に抜群の合格実績
授業料 高卒クラスの場合:入学金100,000円、授業料はコースによって異なる
所在地 横浜校1号館:神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-23-7、横浜校2号館:神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-25-2

駿台予備学校の詳細はこちら

河合塾

河合塾医学部専門校舎も多い理想的な環境が魅力

駿台予備校とともに大手予備校のひとつに数えられる河合塾は、大手ならではの多彩なコースやカリキュラムがそろっています。

河合塾のキャッチコピーは「すべては一人ひとりの生徒のために」。

横浜駅近くにある横浜校は首都圏最大級の設備・学習環境が整えられ、志望校合格を目指す受験生一人ひとりをバックアップしています。

特徴 横浜校は首都圏最大級の大型校舎! 多彩なコース・カリキュラムがそろう
授業料 高卒クラスの場合:入学金100,000円、授業料はコースによって異なる
所在地 横浜校:神奈川県横浜市西区北幸2-11-6

河合塾の詳細はこちら

横浜予備校

横浜予備校コストパフォーマンスが高い医学部予備校

横浜の桜木町駅・馬車道駅近くにある「横浜予備校」は、難関大や医学部に多くの合格者を輩出する大学受験予備校・医学部予備校です。

既卒生向けの医学部コースでは1クラス2〜4名のレベル別・少人数制で、医学部予備校や大手予備校で教えている経験豊富なプロ講師陣が授業を担当します。

苦手科目のみを完全個別指導で追加受講できるため、個々の弱点も克服できます。

特徴 極少人数授業で生徒一人ひとりを綿密に指導
授業料 既卒生 医学部コースの場合:268万円(年間40週間分の授業料/入会金・教材費・夏期冬期講習などを含む)
所在地 神奈川県横浜市中区花咲町1-18 第一測量桜木町ビル5F

横浜予備校の詳細はこちら

医学部予備校のオンラインコースはどう?

医学部予備校のオンラインコースはどう?オンライン授業のメリット・デメリット

医学部予備校では、インターネット環境があれば自宅でも対面式の授業が受講できるオンラインコースを設置している校舎が増えています。

地理的制約から解放されるため、横浜以外の医学部予備校の授業が自宅に居ながら受講可能となり、寮に入る必要もありません。

授業もビデオ通話機能を使って個別指導が実施されるため、映像授業のような集中力しづらいといった問題もないのが特長です。

医学部予備校では、通学生と同等の指導やサポートができるよう各校で工夫されており、質の高い受験対策が行えるといえます。

ただし、メリットが多いオンライン授業にもデメリットはやはりあります。

例えば下記の点が懸念材料となりがちです。

授業以外の時間の使い方が難しい

授業中は講師とコミュニケーションを図りながら受講できるため、質問はもちろん学習相談も行えます。

ただし、医学部予備校の校舎に通うわけではないので、授業時間以外の時間の使い方に苦労することも多いようです

医学部予備校では同じ医師を志すライバル達が合格に向かって必死に自習室で勉強しているので、刺激を受けて夜遅くまで勉強に専念できる環境があります。

しかし、オンライン通信の場合は自習は自宅で行うので、孤独になりがち。

また、自室にはゲームやテレビな、漫画本などの誘惑も多く、なかなか医学部予備校のように圧倒的な自習時間を確保することが困難になる受験生もいるようです。

したがって、ある程度の自己管理能力が医学部予備校のオンライン通信コースを利用する上では求められます。

目や耳に疲労がたまる

授業では長時間パソコン画面に集中するため、目が疲れやすくなってしまいます。

また、リモートワークでイヤホンを長時間することで、耳のトラブルを抱える人が増えたことも問題となっています。

さらには腰痛や肩こりに悩む人も増加。

医学部予備校のオンライン授業では、画面を通して学習する機会が増えるので、通学生にはないトラブルにあうリスクも増えてしまいます

以上のように医学部予備校のオンライン通信コースはメリットばかりではありません。

横浜にある医学部予備校の通学コースで学習したほうが学力が伸びやすい生徒もいます。

オンライン通信コースに興味がある受験生は必ず体験授業を受けるなどして、1年間続けられそうか確認しましょう。

体験授業や説明会に積極的に参加しよう!

今回は横浜でおすすめの医学部予備校のご案内をいたしました。他にも横浜には紹介しきれなかった多くの医学部予備校があります。

学力を上げる・モチベーションを維持するためには受験生本人や保護者が納得できるような学習・フォローシステムであることが重要です。

医学部予備校の学費は決して安いものではありません。

横浜の医学部予備校の多くは無料体験授業個別相談の機会を設けていまので、口コミ・評判も大切ですが、是非ご自身で体験授業や個別説明会に参加し受験生の現状などをしっかり相談したうえで、自分のスタイルにあった医学部予備校を見つけてください。

また、オンラインや寮を活用して横浜以外の医学部予備校も選択肢に入れると、より理想的な学習環境に出会えるようになります。

TOPへのバナー
医学部予備校の口コミを大募集!

当サイトでは、現在医学部予備校の口コミ・体験談を募集しています。医学部志望の受験生に役立つ情報の場として、ぜひご協力お願いいたします。

医学部予備校の
口コミ投稿はこちら
おすすめ医学部予備校
太宰府アカデミー
太宰府アカデミー

福岡で合格実績豊富な全寮制の医学部予備校

ウインダム
ウインダム

生徒の2人に1人が医学部進学を実現させる実力派予備校