医学部入試問題を斬る

エースメディカルみなとみらいの峰岸先生が様々なテーマを扱い医学部入試を徹底解説。

比較ランキングサイト

医学部予備校TOP > 医学部入試問題を斬る

峰岸先生が徹底解説!『医学部入試問題を斬る』

「医学部入試の攻略」というテーマで医学部入試の対策講座を開設しています。入試問題の解説の他、受験に関する様々なテーマで入試に切り込んでいきます。入試問題についても英語のみならず各科目はもとより、小論文、面接といったものも幅広く扱う予定です。

第143回.医学部入試問題-英語「長文読解-兵庫医科大学」②

今回から兵庫医科大学の問題(2015年)を解いていきましょう。今日は第2パラグラフから読んでいきましょう。解説の都合上本文やパラグラフに番号を入れています。

(2)①Adequate, even, glare-free, balanced-spectrum lighting is an important environmental asset in schools.②Good lighting (イ)( ) ( ) ( ) ( ) ( ), improve health and learning, enhance safety, reduce vandalism, and help students connect visually to their environment.

設問
(1) 下線部(ア)~(コ)に入るように各語群にある語句を並べ替えなさい。但し,文頭に来る語句も小文字で示してある。

  • (イ) 語群:can / design / energy / expenditures / reduce

第2パラグラフ
第1文

Adequate, even, glare-free, balanced-spectrum lighting is an important environmental asset in schools

文頭の形容詞Adequateは「適量の」でevenは「均一の」でglare-freeは「まぶしくなく」です。balanced-spectrumは「バランスの取れたスペクトル光線の」です。これらはすべて主語であるlighting(照明)にかかります。述語はis an important environmental asset(重要な環境面での利点)です。 in schoolsは「学校内の」です。

訳:適量で均一的に眩しくなく調和の取れた照明は学校の重要な環境面利点です。

第2文

Good lighting (イ)( ) ( ) ( ) ( ) ( ), improve health and learning, enhance safety, reduce vandalism, and help students connect visually to their environment.

カッコ( )のない部分を見ていきましょう。

improveは動詞で「改善する」です。 「何を改善するのか」はhealth and learning(健康と学習状況)です。enhanceは動詞で「高める」です。「何を高めるのか」はsafety(安全性)です。reduceは動詞で「軽減する」です。「何を減らすのか」はvandalism(破壊行為)です。helpも動詞で「手助けする」です。「何を手助けするのか」はstudents(学生)が connect (つながること)です。visually to their environmentは「環境と視覚的につながる」です。つまり「明かるければ、周辺がよく見える」ということです。

カッコ( )のある部分を見ていきましょう。Good lighting (イ)( ) ( ) ( ) ( ) ( ),となっていますが今見た後半部分と整合性を持つにはGood lighting(十分な光源が)につながる利点を述べていけばいいですね。

設問1(イ)を見ましょう。

語群は can / design / energy / expenditures / reduceですので、助動詞と動詞のつながりから確定しましょう。can design (計画できる)かcan reduce (軽減できる)のどちらかになります。目的語を考えましょう。design(計画)か energy (エネルギー)かexpenditures(支出)のどれかですから、energyを形容詞として考えてenergy expenditures(エネルギーの支出)として動詞を reduce(減らす)がしっくりきます。すると「design」が余ってしまうのですが、これを名詞の「計画」としてとって、主語のGood lightingにつなげるとGood lighting designで「十分な光源の設計・計画」となりますね。よって第2文はGood lighting design can reduce energy expenditures, improve health and learning ~となります。

正解 (イ) design can reduce energy expenditures

訳:十分に光源を設計すれば、エネルギーの支出を下げ、健康や学習効果を高め、安全性を強化し、公共物などの破壊を減らし、そして、生徒が自分たちの環境を視覚的につなげる手助けをすることができます。

**********************************************

いかがでしょう。今回の整序は後半部分と同じ形にものを選べば解けましたね。このように構造分析をしっかりできるように学習を進めて下さい。次回もこの続きを読み解いていきましょう。お楽しみに。

**********************************************

エースメディカルみなとみらいでは、生徒各個人に合わせて英文のレベルを分け、中学生レベルの英文から科学雑誌の英文までを準備しています。医学部に受かる力の養成に直結した授業を展開しています。無料レッスン随時受付中です。お問い合わせください。

2018年6月22日

プロフィール

峰岸 敏之
1964年生まれ。早稲田大学大学院・法学研究科前期課程修了、法学修士。大手新聞社で新聞記者を経験後、講師業に転向。河合塾や城南予備校、栄光ゼミナールなどの大手予備校や医学部予備校などで、大学受験ブロック長や英語科責任者などを務める。指導教科は英語と小論文。2013年春に横浜に医学部予備校を開校し、「30年以上続く予備校を作り、医学部への合格者を1000人を出す」が目標。

page top