医学部入試問題を斬る

医学部予備校比較ランキング※最適な医学部予備校の選び方

エースメディカルみなとみらいの峰岸先生が様々なテーマを扱い医学部入試を徹底解説。

医学部予備校TOP > 医学部入試問題を斬る

峰岸先生が徹底解説!『医学部入試問題を斬る』

今回も北里大学医学部の過去問を解いていきましょう。今日は第2パラグラフ第4文からです。解説の都合上、各パラグラフ、各文に番号を付けています。2013年度の問題です。

第83回.医学部入試問題-英語「空所補充問題Ⅲ」⑥

今回も北里大学医学部の過去問を解いていきましょう。今日は第4パラグラフ第4文からです。解説の都合上、各パラグラフ、各文に番号を付けています。2013年度の問題です。

(4) ④Both men and women (8)consistently used the amygdala to complete the task. ⑤However, the men used the right side of the amygdala, while the women used the left side. ⑥What’s more, each group remembered different aspects of the image. ⑦The men remembered the (9)gist of the situation whereas the women concentrated on the details. ⑧This suggests men and women process information from emotional events in very different ways.

問2 本文中の(6)~(10)の語(句)に最も近い意味のものを,それぞれ①~⑤の中から一つずつ選びなさい。

(8) consistently
① contradictorily ② rarely ③ regularly ④ roughly ⑤ unpredictably

(9) gist
① essence ② fault ③ nonsense ④ positive ⑤ trivia

【解説】
第4パラグラフ
第4文

Both men and women (8)consistently used the amygdala to complete the task.

主語はBoth men and women (男女とも)で動詞はused(使った)です。その目的語は the amygdala(偏桃体)です。使った理由は to complete the task(課題を終わらせるために)です。ここでの課題は「実験のために与えられた課題」のことです。
ここで問2(8)を解きましょう。consistentlyは「絶えず、いつも。一貫して」です。選択肢を見ると①contradictorily(矛盾して)②rarely(めったにない)③regularly8(一定して、絶えず)④roughly(おおよそ⑤unpredictably(予測不能な)ですから、正解は③です。

訳:男女とも与えられた課題を仕上げるのに絶えずに扁桃体を使いました。

第5文

However, the men used the right side of the amygdala, while the women used the left side.

主語はthe men(男性は)で動詞はused(使った)です。目的語はthe right side of the amygdala(偏桃体の右側)です。whileは接続詞でここでは「一方で」がよいでしょう。次の部分のthe women (女性は)が主語で動詞はused(使った)です。その目的語はthe left side(左側)ですので「偏桃体の左側」という事です。

訳:しかしながら、男性は扁桃体の右側を使い、それに対して女性は左側を使っていました。

第6文

What’s more, each group remembered different aspects of the image.

What’s moreは「さらに」です。主語はeach group(それぞれのグループ)で動詞は remembered(覚えていた)です。その目的語はdifferent aspects(違う側面)です。「どんな側面か」はof the image(その課題のイメージに関して)です。

訳:さらに、それぞれのグループは課題のイメージの異なった側面を記憶していました。

第7文

The men remembered the gist of the situation whereas the women concentrated on the details.

主語はThe men(男性は)で動詞はremembered (覚えていた)です。その目的語はthe gist of the situation(状況の要点)です。whereasは「それに対して」です。この文の主語はthe women(女性は)で述語部分がconcentrated on(集中していた)です。「何」に集中していたのかは the details(細部に)です。ここで問2(9)を解きましょう。gistは「要点」です。選択肢は①essence(本質)②fault(欠点)③nonsense(無意味なことば)④positive(積極的な)⑤ trivia(些細な)ですからここでは①が正解になります。

訳:男性は状況の要点を記憶していたのに対して、女性は細かい点に集中していました。

第8文

This suggests men and women process information from emotional events in very different ways.

主語はThis(このこと)です。つまり「男女とも偏桃体を使っていたがその使い方が違っていた」ということです。動詞はsuggests(示している)で目的語はmen and women(男性も女性も)で動詞はprocess(処理している)です。「何」を処理しているのかはinformation(情報)です。その情報はどこから生じているのかはfrom emotional events(感情的なできごと)です。「どのように処理しているのかは」in very different ways(まったく違うやり方で)です。

訳:このことからわかることは、感情的な出来事から得た情報に対し男女では全く異なったやり方で処理するということです。

**********************************************

いかがでしょう。覚えるという事に関して、偏桃体の使う部分も、使い方にも男女で差異があるというのは新鮮ですね。また次回も続きを読んでいきましょう。

**********************************************

エースメディカルみなとみらいでは、生徒各個人に合わせて英文のレベルを分け、中学生レベルの英文から科学雑誌の英文までを準備しています。医学部に受かる力の養成に直結した授業を展開しています。無料レッスン随時受付中です。お問い合わせください。

2017年2月17日

<<プロフィール>>

峰岸 敏之
1964年生まれ。早稲田大学大学院・法学研究科前期課程修了、法学修士。大手新聞社で新聞記者を経験後、講師業に転向。河合塾や城南予備校、栄光ゼミナールなどの大手予備校や医学部予備校などで、大学受験ブロック長や英語科責任者などを務める。指導教科は英語と小論文。2013年春に横浜に医学部予備校を開校し、「30年以上続く予備校を作り、医学部への合格者を1000人を出す」が目標。

医学部予備校比較ランキング※最適な医学部予備校の選び方

ページトップへ戻る

 医学部予備校比較ランキングについて | 相互リンク | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | お問い合わせ

Copyright (C) 医学部予備校比較ランキング※最適な医学部予備校の選び方 All Rights Reserved.