医学部入試問題を斬る

医学部予備校比較ランキング※最適な医学部予備校の選び方

エースメディカルみなとみらいの峰岸先生が様々なテーマを扱い医学部入試を徹底解説。

医学部予備校TOP > 医学部入試問題を斬る

峰岸先生が徹底解説!『医学部入試問題を斬る』

「医学部入試の攻略」というテーマで医学部入試の対策講座を開設しています。入試問題の解説の他、受験に関する様々なテーマで入試に切り込んでいきます。入試問題についても英語のみならず各科目はもとより、小論文、面接といったものも幅広く扱う予定です。

第92回.医学部入試問題-英語「正誤問題」②

今回も東京医科大学の過去問を解いていきましょう。2012年の出題です。今日は第2パラグラフからです。解説の都合上本文やパラグラフに番号を入れています。

(2)①Meyer's is one of six U.S. cases linked to the German outbreak and he is the first to talk about his terrible experience, speaking by phone from his home in Franklin, Massachusetts. ②Meyer was in Hamburg as that city was emerging as the center of a food poisoning disaster that would be among the deadliest in memory. ③More than 4,000 people in Germany and other countries became ill since the outbreak was detected in May, including several hundreds who developed a serious complication that can lead to kidney failure. ④At least 53 died.

【解説】

第2パラグラフ
第1文

Meyer's is one of six U.S. cases linked to the German outbreak and he is the first to talk about his terrible experience, speaking by phone from his home in Franklin, Massachusetts.

主語はMeyer's(メイヤーさんのもの)ですから、メイヤーさんがかかった大腸菌のことです。述語はis one of six U.S. cases (全米での6つの事例の中の一つ)です。ここにlinked以下の修飾語がかかってきます。linked to~は「~につながる」です。the German outbreak は「ドイツでの大流行」です。and以下の主語はheで述語はis the first (最初の人物)です。「何の人物か」はto talk about his terrible experience(彼のひどい経験を語った)です。「どのように話したのか」はby phone from his home in Franklin, Massachusetts(マサチューセッツ州フランクリンの家庭から電話で)です。

訳:メイヤーさんが感染した菌は、ドイツでの大流行につながるものでした。そして彼はマサチューセッツ州フランクリンの自宅から電話で、そのひどい経験を話した最初の人物です。

第2文

Meyer was in Hamburg as that city was emerging as the center of a food poisoning disaster that would be among the deadliest in memory.

主語はMeyerで述語はwas in Hamburg(ハンブルクにいました)です。as は「~であるように」です。that cityはHamburgのことです。was emerging は「浮上していた」です。as the center of a food poisoning disasterは「食品汚染の中心地として」です。ここに関係詞that以下で説明がなされます。would be among ~は「~の中にいる」です。「~」の部分に最上級が来れば「最も~の中の一つ」という意味です。the deadliest in memoryは「記憶の中では最悪のもの」です。deadliestはdeadly(致死的な、ひどい)の最上級です。

訳:メイヤーさんはハンブルクにいました。この町は、記憶の中で最悪のものになりうる食品汚染の中心地として浮上していました。

第3文

More than 4,000 people in Germany and other countries became ill since the outbreak was detected in May, including several hundreds who developed a serious complication that can lead to kidney failure.

主語はMore than 4,000 people in Germany and other countries(ドイツと他の国で合わせて4千以上の人が)です。述語はbecame ill (病気になった)です。since the outbreak was detected in Mayは(5月に発症が察知されて以来)です。including several hundredsは「数千人を含む」です。「どんな人か」はwho developed a serious complication (重篤な合併症を発症した人)です。どんな合併症かはthat can lead to kidney failure(腎不全につながる可能背うがある)です。

訳:腎不全につながる恐れのある重篤な合併症を発症した数百人を含めて、5月にその発生が確認されて以来、ドイツをはじめ他国でも4千人以上の人が感染しました。

第4文

At least 53 died.

訳:少なくても53人が死亡しました。

**********************************************

いかがでしょう。具体的にどんな大腸菌だったかが出てきましたね。次回はここに該当する問題もやっていきましょう。お楽しみに。

**********************************************

エースメディカルみなとみらいでは、生徒各個人に合わせて英文のレベルを分け、中学生レベルの英文から科学雑誌の英文までを準備しています。医学部に受かる力の養成に直結した授業を展開しています。無料レッスン随時受付中です。お問い合わせください。

2017年4月21日

<<プロフィール>>

峰岸 敏之
1964年生まれ。早稲田大学大学院・法学研究科前期課程修了、法学修士。大手新聞社で新聞記者を経験後、講師業に転向。河合塾や城南予備校、栄光ゼミナールなどの大手予備校や医学部予備校などで、大学受験ブロック長や英語科責任者などを務める。指導教科は英語と小論文。2013年春に横浜に医学部予備校を開校し、「30年以上続く予備校を作り、医学部への合格者を1000人を出す」が目標。

医学部予備校比較ランキング※最適な医学部予備校の選び方

ページトップへ戻る

 医学部予備校比較ランキングについて | 相互リンク | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | お問い合わせ

Copyright (C) 医学部予備校比較ランキング※最適な医学部予備校の選び方 All Rights Reserved.