推薦対策設置

医学部予備校比較ランキング※最適な医学部予備校の選び方

多くの医学部予備校では一般入試だけでなく推薦入試の対策も実施しています。

医学部予備校TOP > 推薦対策設置

推薦対策設置

医学部予備校では、一般試験や編入試験のコースを設置しているだけでなく、推薦入試専用の講座を設置している学校も多く見受けられます。

推薦入試は、一般試験よりも早い時期に行われます。主に、医師への思い・志望校への想い・医師としての適正・学力が判断材料となります

推薦入試を受ける学生は、一般試験との両立に苦労していることが多いです。

したがって、推薦入試の受験を考えている人は、一般入試対策と上手く並行して準備が行える推薦対策講座を有効活用していくことをおすすめします。

推薦入試は既卒生にもチャンス

推薦入試には、高校の評定平均の条件をクリアしていればどの高校からでも出願できる公募制と、大学側から指定された高校のみ出願できる指定校制の二つがあります。

さらに、推薦入試は現役生のみ受験可能だと思われがちだが、浪人生や再受験生にも出願できる大学があるので、ぜひ当入試にチャレンジすることをおすすめします。

たとえば、藤田衛生保健大学では推薦入試の合格者内訳は現役4名・一浪12名・二浪5名と、浪人だからという差別はないのでどんどんチャレンジしてく良いでしょう。

注意したいのは、近年推薦入試の資格や定員数が変化しいているので必ず事前に把握しておいてください。

推薦枠の定員増加の大学もあれば、定員を減少させたり出願資格を1浪までと制限している大学もでてきています

私立医大の推薦入試は、ライバルは優秀な学生ばかりなので難易度は高くなりますが、一般入試に比べると倍率も下がる大学が多いので、積極的に受験してみてはいかがでしょうか。

対策講座

医学部の推薦入試は、倍率は低くなりますが評定や受験者の質は高く、十分な対策と訓練が必要になってきます。

医学部予備校では、豊富なデータと分析によって、大学別の推薦入試対策を行っており多くの推薦入試合格者を輩出しているのでおすすめです。

対策内容としては、好感が持てる願書などの資料作成方法の指導から、大学別の傾向を分析した課題で小論文対策を実施、そして質問事項などを予想した面接対策などがあります

その他、英・数・理などの適正試験対策も一般試験の学習と別途実施されています。

自分で準備していると一般入試の勉強に支障をきたす恐れがあります。予備校によっては、出願書類の作成代行を行っている学校もありますので、積極的に活用していくと良いでしょう。

 

<<おすすめ医学部予備校>>

野田クルゼ

40年以上の伝統と歴史を誇る実績トップクラスの医学部予備校

学び舎東京

医学部および難関大学に強い個別専門予備校

慶応進学会フロンティア

多浪生および再受験生から圧倒的な支持を誇る

 

<<おすすめ学習ツール>>

メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

医学部予備校比較ランキング※最適な医学部予備校の選び方

ページトップへ戻る

 医学部予備校比較ランキングについて | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | お問い合わせ

Copyright (C) 医学部予備校比較ランキング※最適な医学部予備校の選び方 All Rights Reserved.