医学部予備校の通信教育を比較

医学部予備校比較ランキング※最適な医学部予備校の選び方

医学部予備校の通信教育なら遠方の受験生でも質の高い指導が受講可能です。

医学部予備校TOP > 医学部予備校の通信教育を比較

医学部予備校の通信教育なら全国で受講可能

通常、首都圏の大学に地方在住の受験生が集まりますが、その逆はあまり見られません。

しかし、医学部受験の場合は競争倍率が高く、各大学の偏差値が均衡しているため、地域に関係なく全国の大学が出願候補となります。

都市部の受験生は医学部受験に特化した指導が専門予備校などで受けられますが、、地方在住の受験生は専門的な対策がなかなか受けられません。

地方には、医学部専門のコースを設置している予備校・進学塾は少なく、大手予備校も映像授業に特化した校舎がほとんどだからです。

合格実績の高い医学部予備校は、受験生人口が多い都市部に集中する傾向があり、高卒生なら寮などを利用して通うことも可能ですが、その分生活を負担しなくてはなりません。

そこでおすすめしたいのが、遠方在住の方や忙しい社会人を対象に開講している医学部予備校の通信教育です。

通学不要の受託で受講できる通信教育なら、地方在住の現役生も医学部受験に特化した対策が可能です。

忙しい社会人でも、空いた時間を有効活用しながら質の高い指導とムダの無い効率な学習計画のもと勉強できるメリットがあります。

オンラインを利用した直接指導や、定期的なフォローアップなど、通学生と遜色のないフォローアップが受けられるので、通信教育でも十分な対策が可能です。

医学部予備校通信教育のメリット・デメリット

メリット デメリット
授業料が割安 人間関係が希薄で競争心が期待できない
通学費・寮費が不要 モチベーションの維持が困難
夜遅くの通学の心配不要 自己管理能力が問われる
全国から受講可能

おすすめランキング~通信教育編~

ランキング1位
進学塾ビッグバン
特徴 詳細 公式HP
圧倒的な質と量で高い医学部合格率を実現 詳細 公式HP

進学塾ビッグバンは、大阪・東京で高い合格率を誇る医学部予備校です。医学部合格率は毎年80%台という高い結果を出している実力派予備校です。大手予備校で活躍するプロ講師陣から少人数制クラスで丁寧に指導してもらえます。また、強制自習時間を設けるなど圧倒的な学習量を確保できることでも有名です。オンライン個別指導「FUTURE」を利用すれば、遠方在住の受験生でも通学生と同じ質の高い医学部対策が可能です。

ランキング2位
慶応進学会フロンティア
特徴 詳細 公式HP
多浪生・再受験生にも強い高い指導力が魅力 詳細 公式HP

慶応進学会フロンティアは、多浪生や再受験生に強いと評判の医学部予備呼応です。通信教育も設置しており、絶対的問題量を添削形式でこなしていけます。通学生と変わらない丁寧なフォローアップも利用可能で、偏差値40からの医学部合格を実現している質の高い指導を全国から受講できます。

ランキング3位
メディカルアーク
特徴 詳細 公式HP
オンライン個別指導で通学と同じ指導環境を実現 詳細 公式HP

メディカルアークでは、オンライン個別指導を開講しており、通学しなくても医学部受験に精通した講師陣からマンツーマンで直接指導してもらえます。テレビ電話と高精細ウェブカメラを駆使して、通学生と遜色のない指導が受けられるのが魅力です。神奈川県下No.1の医学部合格率を誇る実績の高い指導が自宅で体感できます。

 

<<広告・PR欄>>

野田クルゼ

野田クルゼの公式サイトです。
http://www.kurse.co.jp/

学び舎東京

学び舎東京の公式サイトです。
http://manabiyatokyo.jp/

慶応進学会フロンティア

慶応進学会フロンティアの公式サイトです。
http://www.gokaku-igakubu.com/

 

<<おすすめ学習ツール>>

メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

医学部予備校比較ランキング※最適な医学部予備校の選び方

ページトップへ戻る

 医学部予備校比較ランキングについて | 相互リンク | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | お問い合わせ

Copyright (C) 医学部予備校比較ランキング※最適な医学部予備校の選び方 All Rights Reserved.