医学部予備校独占インタビュー!東京医進学院編

医学部受験に向けた実践的なカリキュラム。東京医進学院をインタビュー!

比較ランキングサイト

医学部予備校TOP > 医学部予備校独占インタビュー!~東京医進学院編~

全寮制も選べる東京医進学院に独占インタビュー!

医学部進学に特化した実践的なカリキュラムと、圧倒的なサポート力で数多くの医学部合格者を輩出している東京医進学院に独占インタビュー。

全寮制、通学制、個別指導の3つのコースから選べる高卒生コースや、医学部受験をフルサポートしてくれる現役生コースが魅力です。

今回はそんな東京医進学院、三鷹校の校長であり、人気の英語講師でもある獅子目先生にお話を伺いました。

東京医進学院とは

東京医進学院

東京医進学院は、創立40年という伝統と多数の合格者を輩出してきたという実績のある、医学部專門の予備校です。

長い年月をかけて培われてきた医学部受験合格へのノウハウと、プロ講師による少人数制授業、より実践力を磨くためのゼミや模試の取り組みが行われています。

また受験勉強の指導だけでなく、将来の医療人を見据えて医師による講演会の実施や、医学部では必須となる面接・小論文対策など、サポート面でも充実しています。

加えて、生徒のメンタルケアとしてカウンセリングの実施や、進捗管理も徹底されており、生活面での安心感もあるのが特徴です。

東京医進学院

東京医進学院三鷹校、校長の獅子目先生にお話を伺いました

獅子目校長

――本日は、よろしくお願いいたします。早速ですが、東京医進学院の特徴を教えてください。

獅子目先生 東京医進学院は1976年の創立以来、40年以上伝統を持つ医学部受験の専門予備校です。伝統を生かした万全のカリキュラムで、約4000 人の医療人を輩出しています。

プロの講師陣による少人数制の授業、実戦講習や合宿、不得意科目を自信に変える個別指導、本番さながらの模試など、様々な角度から学力を磨き上げるカリキュラムを用意しています。

また全寮制と通学制の2タイプの校舎で、生徒の学力や環境に合わせた指導力で、合格を掴み取っています。かつて当学院で学ばれた方のお子様が、また当学院を選ばれるなど、親御様からも高い評価を得ています。

――また通学制だけではなく、“全寮制”を取り入れた背景を教えてください。

全寮制 獅子目先生 全寮制を取り入れるメリットは、圧倒的なコミュニケーション量と生活サイクルの見直し、改善です。

寮で生活するということは、自分一人の生活と違い小さなコミュニティに属し、勉強時間以外も共にすることになります。

お互いに切磋琢磨しあったり、時には一緒に外出し、リフレッシュしたりすることもあるでしょう。

現在医療現場で活躍しているOB・OGも当学院で出会った同志とは今も連絡を取りあい、「一生の友人ができた」と、うれしい声を聞かせてくれます。

ここでは受験のためだけの関係に収まらない自分を大きく変えてくれるシーンがたくさんあります。また「自分を変える」ことは一人では難しいのです。

こうした集団行動を通じてお互いを支えあい理解し、刺激しあうことで自然と芽生えていくものなのです。

――生徒の生活スタイルを変えるために、どのような取り組みをされていますか。

寮の内部 獅子目先生 はい。当学院では全寮制と通学生の2タイプがあるのですが、生活スタイルや自身を変えるためにおすすめであり近道なのが、”全寮制”になります。

特に三鷹校は、医学部入試に特化した究極の環境が揃った” 全寮制校舎”になっております。生徒それぞれの能力に応じた詳細なコース設定になっています。

先にも伝えしたとおり、自身のみで生活リズムやスタイルを変えることは難しいのです。

そのため、寮のみんなと生活する中で、同じ時間に起床し、「朝ごはんを食べる⇒勉強する⇒お昼ごはんと休憩⇒勉強⇒夕食⇒勉強」といった一連の流れを生徒たちみんなですることで、少しずつリズムを整えていく仕組みづくりをしています。

朝が苦手な生徒さんは我々スタッフが起こしに行くこともあります。

また勉強の面でいえば、予習・復習のタイミングや内容なども指導しますし、授業を受けた後の勉強方法も問題なくこなしていると思います。

また、寮と教室が一体なので、自室で勉強していてもすぐに質問できるのは大きなメリットだと思います。

そういった細かい指導により、分からないから勉強がはかどらないのではなく、「分かるから楽しい!もっとここを解いてみよう!」と意識から変わってくるのだと思います。

私自身も英語の講師ですが、生徒が難問を解いたときに一瞬だけ見せるドヤ顔を見つけるたびに「今まで苦戦していたけど、どこを読めばいいのか分かってきたんだな」と嬉しいんです。

勉強だけでなく生徒のメンタルとモチベーションアップもサポートする

――たしかに寮での生活は生徒の生活リズムや勉強に集中するにはとてもいいですね。ただ生徒さんのリズムが整ってくると、失礼な言い方になりますが”中だるみ”のようなものが起きたりはしないのでしょうか。

教室 獅子目先生 そうですね。どんなに強い意志があったとしても、少し気持ちが揺らぐといいますか、模試の結果などにより、自信を無くしてしまう生徒さんも正直います。

そのため、毎週末にカウンセリングを行い、悩みを聞いたりアドバイスをしたりしています。

特に当学院の全寮制が寮と教室一体型にしているのも、同じスタッフが勉強面と生活面のケアをしながら、ちょっとした変化を見逃さずに声をかけることが大切だと思っているからです。

また、勉強を継続するためのモチベーションアップにつながるようなイベントを実施しています。

例えば「私立医系大入試相談会」です。年に1回開催しており、2017年は全私立医学部に参加いただきました。

大学の教授や入試担当者から直接お話を聞けることでモチベーションは一気にあがります。

また毎年、夏と冬に実施している「医学部合格合宿」は生徒の間でも「とてもよかった。

合宿に参加したことで自分が今やらなければいけないものや、参加したからこそ、自分がどれだけ『医療に携わりたいのか』という思いが、目標ではなく”絶対なるんだ”という確信に変わりました!」という嬉しい感想をもらいます。

みんなの顔つきが変わる瞬間をこちらも感じ取れるので、講師陣も、よりワクワクしながら合宿に臨んでいます。

また合宿には特別なことがたくさんあります。

受験対策にむけて「より凝縮されたカリキュラムを用意している」こと。そして質疑応答も23時まで対応するため、苦手だったところもしっかり克服できること。

また、合宿では校舎間での模擬試験のランキング発表もあります。

自分がどのレベルの位置にいるのか、誰がライバルなのか?が分かります。それがなかなか好評で楽しんでもらっています。

――また生徒のモチベーションを下げないために、合宿を行うことで生徒の変化が実感できるということですね。生徒だけでなく、親御さんとのコミュニケーションはどのようにとっていらっしゃるのでしょうか。全寮制でお子様を預けるとなると勉強面だけではなく、健康や食事の面も気にされるのではないでしょうか。

寮部屋 獅子目先生 そうですね。自宅を離れて生活するわけですから、心配は当然かと思います。

ですが、定期的に発行する「Toishin Journal」、2週間に一度の頻度でご家庭に送付している定期レポート等で、授業への出席状況や学習状況をしっかりとご報告することで、ご家族様にも詳細に把握頂けるように心がけております。

もし、授業開始時に教室に姿が見えない場合は必ずご本人もしくはご家庭に連絡し、状況を確認しています。

また、受験校選定についても、合格実績や入試傾向など、当学院に蓄積されたデータをもとに、個々にご提案しております。

年に4回行っている保護者面談の際に、「なんだか逞しくなって、こうやって自立していくんだなと子供の成長を感じますね」とお子様の成長を口にされる親御様が多くいらっしゃいます。

それは、本人の「もっと頑張ろう!」「絶対、医療人になるんだ!」というモチベーションに大きくつながっているのを私たちはすごく感じます。

受験というのは当人だけで乗り越えられるものではなく、ご家族の支えがあってこそ成功するものです。

お子様の成長を感じることで、今まで以上に深いコミュニケーションの機会が生まれ、家族の絆をも強める事ができるのだと思います。

寮(校舎)は、閑静な住宅街に位置し、男子寮は教室と同じ建物内にあり、女子寮は隣接(徒歩1分以内)しています。

防犯対策にも力を入れており、複数の防犯カメラやオートロックを完備、また寮母・寮監が住み込みでおりますので、緊急時の対応も可能です。

また食事や健康には栄養バランスがとても重要なので、専門機関を通して生徒の栄養バランスやおいしく食べてもらえる献立にしています。

アレルギーで食べることができないメニューもあると思いますが、その場合には別メニューの用意をします。

ただ、日曜日は授業も食堂もお休みなので、自炊したり、友達と外食したりしています。

寮の近くにはたくさん美味しいお店ありますし、少し歩けば大きな公園もあるので、四季を楽しむこともできますよ。個室についてはプライベートが確保されており、ゆっくりと過ごす事ができます。

女子寮はワンルームマンションタイプで清潔で、落ち着けるように配慮されています。

――最後に生徒さんへ一言お願いします。

獅子目先生 獅子目先生 医学部合格は、講師陣の力やカリキュラムだけで生まれた結果ではなく、きちんと勉強量を確保できる環境や「医療人になる!」とうモチベーションを1年間保てるサポート体制が、実はとても大きいのです。

当学院では全寮制を設けており、住まいや食事の心配をせずに一年間勉強だけに集中したいという方はもちろん、朝が苦手で生活サイクルを変える自信がない学生さんは、ぜひ当学院をお選びください。

どんな困難も分かち合い、医学部合格まで一緒に頑張りましょう!


テキスト 自習室 個別指導室 寮の共有施設


公式サイトはこちら

おすすめ医学部予備校

野田クルゼ

40年以上の伝統と歴史を誇る実績トップクラスの医学部予備校

学び舎東京

医学部および難関大学に強い個別専門予備校

慶応進学会フロンティア

多浪生および再受験生から圧倒的な支持を誇る

おすすめ学習ツール

メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

page top