東海大学編入対策講座設置

医学部予備校比較ランキング※最適な医学部予備校の選び方

東海大学医学部の編入試験は特徴ある試験内容のため対策講座が別途設置されています。

医学部予備校TOP > 東海大学編入対策講座設置

東海大学編入対策講座

医学部予備校の多くでは、東海大学医学部の編入対策講座を独立して設置しています。

これは、東海大学医学部の編入試験は他大学に比べるとユニークな試験を実施しているので別途対策と準備をする必要があるからです

私立大学医学部の編入試験であれば、国公立大学に比べて合格しやすい傾向にあるので是非検討してみてはどうでしょうか。

なお、東海大学医学部は、一次試験では書類審査・学科試験(英語)・適正試験が実施され、二次試験では個人面接が実施されており文系出身者でも受験可能な試験となっています。

編入志望者に大きく開かれた門戸

東海大学医学部の特徴は、編入学生の割合が多いことです。

多くの大学では、「学士号取得者」を対象としていますが、東海大学では学士取得者のみならず「大学在学中」「短期大学卒業」「高専修了者」「専門学校修了者」と多くの人を対象に出願資格を与えています

さらに、年齢制限の撤廃や文理系を問わない編入試験(英語・適正試験・面接)の実施により医学部志望者のチャンスは拡大するいっぽうです。

編入学定員を40名設けているので、入学後も孤立することなく大勢の同級生に囲まれて学習できるのは安心です。

学士編入志望の方は、ぜひ当大学の編入試験を受験することをおすすめします。

徹底的に分析された対策講座

医学部予備校では、英語、適正試験、面接の全てを網羅して対策しています。

東海大学は個性的な試験内容が特徴的ですが、対策講座ではしっかり分析と対策を行い毎年合格者を輩出している実績があるので安心です。

英語に関しては、適正試験の難易度が低いため、高度な英語力で高得点を狙う必要があります。

また、編入学試験の特徴である医学関連をテーマにした問題が出題されるので、専門用語や化学論文特有の表現に対応できる読解力を習得します。

適正試験は、数学や統計データの分析、医療に関する常識問題など理論的思考が問われる問題を中心に出題されます。慣れるまでは難しく感じるかもしれませんが、過去問や対策問題で訓練することで高得点が狙える学力を身につけます

そして、東海大学で一番重要視されている面接対策は、「医師になりたいという強い意欲と信念を持ち、かつ柔軟性を備えた人物」という大学の求める人物像に見合う受け答えや態度ができるよう訓練していきます。

 

<<おすすめ医学部予備校>>

野田クルゼ

40年以上の伝統と歴史を誇る実績トップクラスの医学部予備校

学び舎東京

医学部および難関大学に強い個別専門予備校

慶応進学会フロンティア

多浪生および再受験生から圧倒的な支持を誇る

 

<<おすすめ学習ツール>>

メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

医学部予備校比較ランキング※最適な医学部予備校の選び方

ページトップへ戻る

 医学部予備校比較ランキングについて | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | お問い合わせ

Copyright (C) 医学部予備校比較ランキング※最適な医学部予備校の選び方 All Rights Reserved.