医学部予備校の講師

全国各地から東京の医学部予備校に通う受験生が多い理由について解説しています。

比較ランキングサイト

医学部予備校TOP > 医学部予備校の講師

業界屈指のプロ集団が集まる

医学部受験は私立でも偏差値60以上の高い学力が求められているため、指導を担当する講師に求められるレベルも高くなります。

そこで、各医学部予備校では質の高い指導を提供できるよう業界でも一流と呼ばれるプロ講師陣を集めています

医学部受験を知り尽くし長年にわたり多くの合格者を輩出させてきたベテラン講師、そして大手進学予備校で映像授業を担当あるいは締切講座を出すなどの人気実力派講師が在籍しています。

しかも、少人数クラスまたはマンツーマンで指導してもらえるので、大手に比べて講師との距離が非常に近いのが特徴です。

医学部受験のプロから指導されるメリットとしては、まず各医学部の入試傾向やクセなど熟知しているので、単なる知識だけに留まらず志望校合格に直結した対策も教えてもらえます。

そして、大手予備校の人気講師は生徒満足度が高く、指導スキルもあるため、学習意欲・やる気を出させるのが上手でモチベーション高く勉強に取り組めるメリットがあります。

医学部予備校の学費が高いと言われているのは、業界で引く手あまたの講師陣を確保するための高額な人件費を少人数で負担することが要因の1つとなっています。

しかし、優秀なプロ講師陣から直接指導が受けられるので医学部合格実績は高くなっています。

講師はプロフィールをチェック!

医学部予備校の講師陣の質は、どこも自信を持っているので講師紹介などで詳しく経歴などのプロフィールを確認することが可能です。

逆にプロフィール詳細がないところは、アルバイト講師だったり、非常勤講師であったりすることが多いので体験授業や見学会のときに直接確認してみることをおすすめします。

特に確認しておきたいポイントとしては、まず学歴と指導力は比例しないとは言いますが、高学歴であるほうが自身も難関試験を突破してきた成功体験があるのでおすすめです。

指導力は医学部予備校の厳しい採用試験を突破しているので問題はないはずであり、予備校の多くは講師のアンケート調査を生徒に実施しているので問題があれば在籍していないはずです。

学歴のなかでも特に医学部合格の実績がある講師は、より勉強法などに説得力があり受験生活を送るうえでも役立つアドバイスがたくさんもらえます。

次に、医学部受験に必要な科目ごとに専任講師が在籍しているかも、自分の志望校に合わせて確認しておきましょう。

特に、小規模の医学部予備校の場合は複数の科目を掛け持ちで指導しているケースもありますが、この場合は質問したい時に講師が他の授業を行っているという場合があります。

質問を後回しにしてしまうと苦手分野になりやすいため、リアルタイムでいつでも質問ができるか環境かを確認しておきましょう。

また、国公立の医学部を目指す受験生の場合、センター試験の文系科目である国語や社会の講師を配置していないケースがあります。

この場合、アルバイト講師や映像授業で対策するケースが多いですが、質問などフォロー体制を細かく確認しておくことが重要です。

常勤講師が多いほどおすすめ

医学部予備校の場合は、中小規模の校舎が多いので非常勤講師が多く在籍しているケースも少なくありません。

非常勤講師だからと言って指導の質が劣ることはありませんが、いつも校舎に在籍していないのでフォロー体制では劣ってしまいます。

現役医学部生のチューターなどに質問することは可能ですが、やはりいつも習っている講師に質問したいという人は多いのではないでしょうか。

講師とコミュニケーションを取ることは、お互いの信頼関係を深めると同時に、生徒の苦手な部分やクセを講師も見抜くことができ、より最適な指導を提供することが可能となります。

したがって、常勤講師が多い医学部予備校ほど授業を担当する講師に直接質問や相談ができる機会があるのでおすすめです。

また、講師1人当たりに対する生徒数が少ない医学部予備校も手厚い指導が受けられるので受験生の満足度は高くなる傾向にあります。

講師の質は都市部の医学部予備校が高い?

人材は東京へ一極集中への傾向があり、予備校業界の講師もやはり同じ状態で首都圏や都市部ほど多くの講師が活躍しています。

やはり人口が多いほど教育産業は伸びており、東京は名門進学校も豊富で医学部志願者も多いのでたくさんの医学部予備校が校舎を展開しています。

東京を本部とする予備校も多く、全国各地の生徒が視聴する映像授業を担当する講師が多く在籍しています。

映像授業を担当する講師はその予備校の看板講師であることが多く、そんな優秀な講師が医学部予備校にも在籍しているので、東京の医学部予備校は講師の質が高いと言えるでしょう。

ただし、地方都市の予備校だからといって講師の質が劣るとは言い切れず、地元の医学部予備校でも指導レベルが高く多くの合格者を輩出している講師は沢山います

そもそも地方の医学部予備校の場合は、校舎数も少ないので講師の争奪戦になる事が無く、質の高い講師は大手や医学部予備校に在籍していることがほとんどです。

したがって、地元の医学部予備校からでも十分に志望校合格を目指すことは可能ですが、あとは講師との相性、それ以外の学習環境が自分に適しているかどうかが重要となります。

地域に関係なく、自分が理想とする受験対策ができるかどうかが医学部合格に大きく影響してくるわけであり、当サイトでは体験授業や説明会へ参加することをおすすめしています。

医学部予備校診断ツールはこちら>>

おすすめ医学部予備校

野田クルゼ

40年以上の伝統と歴史を誇る実績トップクラスの医学部予備校

学び舎東京

医学部および難関大学に強い個別専門予備校

慶応進学会フロンティア

多浪生および再受験生から圧倒的な支持を誇る

おすすめ学習ツール

メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

page top