ダメな医学部予備校の見極め方

医学部予備校比較ランキング※最適な医学部予備校の選び方

医学予備校は数多くあるため自分にとって適切な学校かを見極めることが重要です。

医学部予備校TOP > ダメな医学部予備校の見極め方

ダメな医学部予備校の見極め方

自分に合った医学部予備校を選ぶことは、難関試験に短期間で合格できるか否かに大きく影響してきます。

したがって、信頼できる予備校なのか自分の目でしっかりと見極めることが大切です。

まずは、合格率が高いのを過度に主張している学校には注意してください。

たとえば、生徒10人中6人の合格者がいる場合は合格率6割とならない場合があることです。実際、受験校総数に占める合格校の割合を合格率として算出している予備校があります。

つまり、10人の受験生が受験した大学総数が30校として、そのうち18校に合格していれば合格率6割ということです。

したがって、複数の大学に合格した学生がいれば、合格者数は6人未満だって考えられます。

しかし、全ての予備校が同じ算定方法を利用しているわけではありません。あくまで、該当する学校もあるということです。

重要なのは、合格率だけを見て予備校を選択しないということです。カリキュラムや指導がしっかりしていて合格率が自然と高い予備校もたくさんあります。

学費の説明が曖昧

医学部予備校を選ぶ上で、学費の説明が曖昧な学校は避けましょう。

医学部専門予備校になれば、学費も何百万円と高額なので一番トラブルになりがちなところです。

例えば、集団クラスとは別に個別指導の講座を設けている場合は注意が必要です。

個別指導料金は集団クラスよりも高額な上、予備校業界ではドル箱な部分でもあります。

あまりに自分で回せないような数を進められる場合はちゃんと断りましょう。

また、集団クラスにパックとして個別指導が付いてくる場合もあります。しかし、これは実際には個別指導が実施されなったという声もよく聞かれます。

ただし、個別指導は苦手論点の克服や、集団クラスの担当講師からマンツーマンで指導を受けることは学力向上のメリットを大いに期待できるので個別指導を否定しているのではありません

大切なのは、あらかじめ担当者や責任者に気になったことはどんどん質問して、自分が納得のいく形で必要な分だけのサービスを受けることです。

学校の対応が悪い

医学部予備校もたくさんありますので、中には運営がまだまだしっかりしていない学校もあります。

質問や相談に対する返事や対応が遅かったり、運営側の述べていることがコロコロ変わる学校は注意です。

あらかじめ体験入学や入学相談を行う場合は、運営体制もしっかりチェックしておきましょう。「聞いてなかった」「話が違う」などのトラブル回避のためにも重要です。

 

<<おすすめ医学部予備校>>

野田クルゼ

40年以上の伝統と歴史を誇る実績トップクラスの医学部予備校

学び舎東京

医学部および難関大学に強い個別専門予備校

慶応進学会フロンティア

多浪生および再受験生から圧倒的な支持を誇る

 

<<おすすめ学習ツール>>

メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

医学部予備校比較ランキング※最適な医学部予備校の選び方

ページトップへ戻る

 医学部予備校比較ランキングについて | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | お問い合わせ

Copyright (C) 医学部予備校比較ランキング※最適な医学部予備校の選び方 All Rights Reserved.