医学部予備校の学費

医学部予備校比較ランキング※最適な医学部予備校の選び方

医学部予備校は学校の規模・授業システム・対策コースによって学費が異なります。

医学部予備校TOP > 医学部予備校の学費

大手予備校vs医学部専門予備校

医学部予備校の学費は、大手予備校と医学部専門予備校とでは金額が大きく異なってきます。

通常、大手予備校の医学部対策コースでは100万円以下で受講できますが、医学部専門予備校では平均500万円ほどの授業料が必要になります。

もちろん、医系専門予備校の場合はこの金額に食事代やロッカー代、または個別指導料金など学習に関する全ての料金が含まれてくることが多いですがやはり高額です

その上、この金額は一括で納付することが多いので、医学部専門予備校の授業料は家計に大きく影響してしまいます。

安いか高いかは考え方次第

医学部専門予備校の場合は、300万円から600万円ほどかかってきます。

現役生の場合は、授業時間が少ないのでまだ安くなりますがそれでも大手の予備校に比べると高額です。

ただし、少人数制の採用やきめ細かなサポートを提供してくれるし、校舎も設備がしっかり整っていて快適な学校が多いです

また、合格実績が高い学校もたくさんあるので、1年投資して志望校の医学部に合格できると考えたときに高いと考えるか、安いと考えるかは個人によって意見は分かれると思います。

いくら安い授業料でも、何年も浪人するのであれば医学部予備校で短期合格した人よりもコストはかかってきます。

その上、時間という貴重な財産を何年も投資してしまうというリスクもあります。

よって、必至に1年間勉強して合格するという覚悟があれば、医学部予備校に行く価値はあるでしょう。

医学部専門予備校で学費を抑えるコツ

どうしても医学部予備校で学習したくても躊躇してしまうのは授業料が原因だと思います。

ただし、次のことを考慮できれば医学部専門予備校に通えるチャンスは広がってきます。

まずは、予備校の選抜試験に合格して特待生の枠で入学することです。前もって高い学力が必要ですが、通常で入学するよりも全学免除や一部免除で大幅な負担を減らすことができます。

次に、予備校によっては月謝制を採用している学校もあります。

例としては、医学部専門予備校のウィンダムは高い合格合格実績を誇っていますが、授業料は月謝制なので前もって大きな金額を準備する必要がありません

 

<<広告・PR欄>>

野田クルゼ

野田クルゼの公式サイトです。
http://www.kurse.co.jp/

学び舎東京

学び舎東京の公式サイトです。
http://manabiyatokyo.jp/

慶応進学会フロンティア

慶応進学会フロンティアの公式サイトです。
http://www.gokaku-igakubu.com/

 

<<おすすめ学習ツール>>

メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

医学部予備校比較ランキング※最適な医学部予備校の選び方

ページトップへ戻る

 医学部予備校比較ランキングについて | 相互リンク | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | お問い合わせ

Copyright (C) 医学部予備校比較ランキング※最適な医学部予備校の選び方 All Rights Reserved.