国際医療福祉大学医学部

国際医療福祉大学医学部は英語教育や海外実習に力を言えれた国際色豊かな大学です。

比較ランキングサイト

医学部予備校TOP > 国際医療福祉大学医学部

国際医療福祉大学医学部医学科

国際医療福祉大学医学部

国際医療福祉大学医学部医学科は、2017年4月に開学した国内で最も新しい医学部医学科となります。

医師不足解消のため東北医科薬科大学が先に設置が決まり、残り1枠が国家戦略特区構想で千葉県成田市が提案する医療学園都市構想の一環として、国際医療福祉大学が成田キャンパスで医学部医学科を新設した経緯があります。

国際的な医学教育を全面に押し出したカリキュラム構成となっており、定員140名のうち20名は東南アジアの留学生とし、教員も5%が外国人で構成されます。

また、臨床実習は海外の提携大学や医療機関で学ぶ機会が設けられており、国内外で活躍できる医師を養成するのが特徴です。

現在は栃木・東京・静岡に計4つの附属病院を有していますが、2020年に千葉県成田市に600床を超える大規模な国際的附属病院の開設が予定されており、外国人患者へのケアも含めて貴重な体験を積むことができます。

国際色豊かなだけでなく、私立大学医学部で最も安い学費も注目されており、初めて6年間総額の授業料が1,850万円と2千万円代以下となりました。

成績上位者には奨学金が1,140万円給付され、6年間の学費は実質710万円で済むので、経済的理由で国公立を目指していた受験生も候補に入れることができます。

まだまだ、歴史が浅くまずは医師国家試験で高い合格実績を上げる必要があるので、年齢に関係なく優秀な受験生を確保する傾向にあるので再受験生にもおすすめの大学となります。

医学科のスケジュール

国際医療福祉大学では、英語教育に力を入れており1年次より主にネイティブの外国人教員から英語を学び、2年次には論文発表や症例報告など医学英語を駆使してコミュニケーションが取れるよう習得していきます。

また、1年~3年次まで海外の医療制度を英語で学んだり、海外医療体験では外国に訪問したりして、現地の医療事情を調査して将来の理想の姿について考える機会が設けられています。

さらに、入学当初から一般教養を学ぶと同時に基礎医学についても早くから勉強を開始し、医師としての基礎を築いていくのが特徴です。

4年次からは、診療参加型臨床実習(クリニカルクラークシップ)が始まり、医療チームの一員として行動し実践力を養っていきます。

5年次には、USMLEと呼ばれるアメリカの医師免許試験の受験を全学生に推奨しており、合格すればアメリカ以外の医学部を卒業した医師が現地の臨床研修に参加する資格を得ることができます。

6年次には、アジア諸国や欧米諸国などに臨床教育を4週間以上受ける海外臨床実習があります。

今までに習得した英語力と医学を駆使して各国の医療事情を肌で体験する貴重な実習です。

全体として英語だけの講義も多く、海外体験も豊富であるため、将来は海外でも活躍したいという人には理想的な環境と言えます。

基本情報

キャンパス ■成田キャンパス
住所 〒286-8686 千葉県成田市公津の杜4丁目3
医学科公式HP https://narita.iuhw.ac.jp/gakubu/igakubu/index.html

国際医療福祉大学医学部の入試情報 

一次試験科目 入試時間
数学 150点 80分
英語 200点 80分
理科 200点(2科目) 120分
小論文 段階評価 60分
合計 550点 /
二次試験科目 入試時間
面接 段階評価 30分×2

平成29年(2017年)度入試結果

募集定員 志願者数 受験者数 合格者数
100 2769 2655 130

国際医療福祉大学医学部医学科の口コミ・体験談

当サイトでは、現在国際医療福祉大学医学部医学科の口コミ・体験談を募集しています。医学部志望の受験生に役立つ情報の場として、ぜひご協力お願いいたします。

>>国際医療福祉大学医学部医学科の口コミ・体験談の投稿はこちら<<

おすすめ医学部予備校

野田クルゼ

40年以上の伝統と歴史を誇る実績トップクラスの医学部予備校

学び舎東京

医学部および難関大学に強い個別専門予備校

慶応進学会フロンティア

多浪生および再受験生から圧倒的な支持を誇る

おすすめ学習ツール

メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

page top