医学部予備校独占インタビュー!慶応進学会フロンティア編

医学部予備校比較ランキング※最適な医学部予備校の選び方

医学部合格に関して高い実績がある慶応進学会フロンティアに独占インタビューを行ないました。

医学部予備校TOP > 医学部予備校独占インタビュー!~慶応進学会フロンティア編~

偏差値40からの医学部合格が可能な慶応進学会フロンティアに独占インタビュー!

医学部予備校比較ランキングでは、受験生に役立つ様々な企画を用意しています。

今回の第二弾は、2013年に校舎を新設した「慶応進学会フロンティア」の医学部受験専任担当講師である杉崎先生にインタビューをお願いしました。

慶応進学会フロンティア専用の学生寮完備 少人数クラス風景 全員がプロ講師

慶応進学会フロンティアとは

慶応進学会フロンティア

慶応進学会フロンティアは、偏差値40からでも医学部合格が目指せる面倒見の良い医学部予備校です。

広告文句ではなく、実際に偏差値30~40台の多くの生徒が医学部合格を実現しています。

さらに、前身の慶応進学会のときから現役生だけでなく、再受験生や多浪生が多く学んでおり、毎年たくさんの生徒が医学部合格を勝ち取っています。

合格保証制度を提供するなど、現段階の偏差値に関係なく1年で医学部に合格できることをお約束します。

慶応進学会フロンティアの詳細はこちら

慶応進学会フロンティアの杉崎先生にお話を聞きました。

――本日は、よろしくお願いいたします。まず、慶応進学会フロンティアの特徴を教えてください。

杉山先生杉崎先生:よろしくお願い致します。

慶応進学会フロンティアは、前身の慶応進学会を含めると30年の医学部受験指導実績があります。

今まで培ったノウハウや受験データを集結させて、2013年に「慶応進学会フロンティア」を開講し、より徹底したサポート体制で医学部受験に向けて指導できるようになりました。

偏差値30~40程度の生徒など、入学当初は中学レベルの基礎学力も乏しかった生徒が毎年医学部合格を実現している30年に渡る実績が本校にはあります。

基礎学力から徹底して鍛え上げていくので、現時点での学力なんか気にする必要はありません。

――偏差値40からでも医学部に合格できるのはすごいですね

杉崎先生:そうですね。本校では無駄な講義で生徒を拘束せずに、入試に必要な問題演習などの時間を豊富に確保しています。

大手予備校と比較すると約4倍もの時間を問題演習に充てていることになります。

豊富な問題演習を通じて実戦力を養いライバルに差をつけることで、医学部合格が確実となる学力を1年で身につけることが可能となっています。

あとは、学生講師のいない医学部受験に精通した優秀な講師陣が数多く在籍しており、生徒はいつでも質問できる環境を整えています。

私自身も32年の医学部受験指導のキャリアがあり、今までに東大や慶応などをはじめとする数多くの医学部に合格者を輩出させてきました。

このような講師陣が複数で同じ教材をベースに違った角度から問題演習をさせるので、やる気さえあれば誰でも医学部合格に必要な学力が身についていくのです。

――多浪生や再受験生も多いとお聞きしましたが?

指導風景杉崎先生:はい。前身の慶応進学会の時代から多浪生や再受験生が多く在籍しているのが特徴です。

3浪以上や再受験生は医学部合格が難しいと言われていますが、当校独自のノウハウにより毎年多くの生徒が合格しているため、口コミ等で広まっているようです。

特に3浪以上の生徒には必ず原因があります。まずはその原因を2~3週間かけてつきとめます。

そして、原因が分かったろころで、これを克服するために生と一人ひとりに合ったオリジナルプランを立てます。

受験科目だけでなく、小論文から面接対策はもちろん、出願書類作成の添削から志望校決定まで、多浪生や再受験生が不利にならないよう徹底的にサポートするので安心してください。

他の予備校では結果が出せなかった生徒でも、当校の丁寧な指導と対策により、医学部合格を実現することができます。

――そうなんですね。他にも予備校の特徴などはありますか?

杉崎先生:当校では、私の医学部受験指導のキャリアの中で、個別指導として担当した生徒約240名については全員医学部合格を実現させてきました。

この実績と経験を基に設置したのが「合格保証」が付いたプログラムです。

万が一、志望校に合格できずに翌年も再挑戦したいという生徒には、当コースの授業料を全額免除でサポートします。

ただし、定員制を採用し、いくつかの条件がありますので、興味のある方は当校までお問い合わせいただければと思います。

――校舎は最寄の麹町駅からすぐの立地で環境が良いですね。

リスニング自習室杉崎先生:そうですね。

最寄り駅の出口を出れば、当校までは徒歩1分で着きます。

他にも空き教室を自習室として開放したり、リスニングができる自習スペースを提供するなど、勉強に専念できる環境作りに努めています。

本校舎とは別に徒歩2,3分の場所に自習棟もあるため、「勉強したいけど自習室が満席」という心配はいりません。

また、生徒一人ひとりに専用ロッカーを用意しているので、重たい教材の持ち運ぶ必要も無いし、「勉強は学校だけ」と生活にメリハリをつけることも可能です。

――杉崎先生も自ら医学部受験をしているそうですが。

杉崎先生:はい、これは趣味のようなものなのですが、医学部に限らず受験しています(笑)。

当校の講師にも受験マニアみたいな先生は多くて、なかには過去問集の解説を執筆している人もいます。

私も各大学医学部の過去問を30年間分は全て確認しています。その際には、出題傾向だけではなく、出題の意図まで徹底的に研究しているので、毎年多くの医学部予想問題で的中を当てることができています。

――最後に、受験生にメッセージをお願いします。

杉山先生2杉崎先生:以前指導した生徒で、現役時代は日大の理系にも合格できなかったにもかかわらず、私の指導と彼の努力の結果、東大理科三類にトップクラスで合格した人がいました。

このうように、間違った勉強法が原因で潜在能力を発揮できずにいる生徒がたくさんいます。

当校では、適切な指導と丁寧なサポートで、現段階の偏差値に関係なく1年で医学部合格へと導きます。

「厳しいけれど、面倒見が良い」を教育理念とし、最短ルートで皆さんの夢のスタートラインに立てるよう講師・スタッフ一丸となって全力でサポートします。

体験学習や学習相談を随時行っていますので、一度当校まで見学に来てみてください。

―― 本日はお忙しい中ありがとうございました。

杉崎先生:ありがとうございました。

合格保証で医学部合格をサポート 授業風景 教室風景 充実した受験情報

慶応進学会フロンティアの公式サイトはこちら

 

<<広告・PR欄>>

野田クルゼ

野田クルゼの公式サイトです。
http://www.kurse.co.jp/

学び舎東京

学び舎東京の公式サイトです。
http://manabiyatokyo.jp/

慶応進学会フロンティア

慶応進学会フロンティアの公式サイトです。
http://www.gokaku-igakubu.com/

 

<<おすすめ学習ツール>>

メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

医学部予備校比較ランキング※最適な医学部予備校の選び方

ページトップへ戻る

 医学部予備校比較ランキングについて | 相互リンク | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | お問い合わせ

Copyright (C) 医学部予備校比較ランキング※最適な医学部予備校の選び方 All Rights Reserved.