医学部予備校独占インタビュー!慶応進学会フロンティア編第二弾

医学部合格に関して高い実績がある慶応進学会フロンティアに独占インタビューを行ないました。

医学部予備校TOP > 医学部予備校独占インタビュー!慶応進学会フロンティア編第二弾

多浪生・再受験に強い慶応進学会フロンティアに独占インタビュー!

医学部予備校比較ランキングでは、受験生に役立つ様々な企画を用意しています。

今回は、再び医学部予備校の中でも高い合格実績を誇る慶応進学会フロンティアに独占インタビューを行いました。

当校は、多浪生や再受験生の医学部合格実績が非常に高く、他の予備校から多くの生徒が集まってくるほど人気があります。

そこで今回は多浪生・再受験生によりフォーカスを当てて、医学部合格を導く当校の指導力の高さをうかがっているため、なかなか医学部合格が実現できない浪人生や医学部合格を目指す社会人の方は必見の内容となっています。

>>前回のインタビュー記事はコチラ

慶応進学会フロンティアとは

慶応進学会フロンティア

慶応進学会フロンティアは、国公立大学や私立御三家などの難関医学部への合格実績が豊富な少人数制の医学部予備校です。

特に、3浪以上の多浪生や医学部再受験生の指導実績が高く、多くの予備校から毎年生徒が集まっています。

合格に必要な最低限の受験勉強を効率よく行うことで、偏差値40からの医学部合格が実現可能です。

また、医学部予備校の中では珍しく合格保証制度を採用しており、医学部合格までとことん面倒見てくれる手厚いサポートが魅力です。

慶応進学会フロンティアの詳細はこちら

慶応進学会フロンティアの杉崎先生にお話を聞きました。

――杉崎先生、本日はどうぞよろしくお願いいたします。まず、慶応進学会フロンティアは、多浪受験・再受験に強いとよく耳にいたします。実際のところはいかがでしょうか。

杉山先生杉崎先生:よろしくお願い致します。

はい。平成27年入試をみても、 本校生の4浪以上の一次試験合格者は10名中8名で80%で、これは全国平均2%の実に40倍の合格率となります。

さらに、そこから二次合格状況は8名中5名が合格し、合格率62%以上です。全国平均が4~5%ですので、平均の15倍以上となりますので確かに高い実績と言えると思います。

――では、なぜ慶応進学会フロンティアは多浪受験・再受験に強いのでしょうか。

杉崎先生:一言で試験に失敗したといっても、失敗の理由は様々です。

当校では長年の医学部受験指導の経験により、何か足りないのか、どこを埋めてあげれば合格できるのかを的確に探り当てることができます。

例えば、努力家で実力もあるのに一次試験で失敗を続けてしまっている受験生に多いのが数学や英語の基礎学力に穴があるケースです。

当校では、この穴を的確に発見し埋めることで得点を着実に上乗せすることができます。医学部独特の二次試験についても、受験校選びから小論文・面接試験対策まできめ細かいサポートし、多浪や再受験をハンディとすることなく合格に導くことができるのです。

――多浪生はやる気を引き出すのが難しいとよく他校でも耳にします。

指導風景杉崎先生:そうですね。

当校では、最小の努力で成果を出すための指導ができる自負がありますが、同時に受験生本人のやる気と努力がなければ合格を勝ち取らせることはできませんね。

逆に言うと、本人のやる気を引き出し、当校の指導に素直について来させることができるかに合否がかかっています。

多浪生は年齢と経験を重ねた大人であることが多く、彼らのモチベーションを引き出すのに当校の長年の指導経験と実績が役立っていると思っています。

昨年度も7浪以上の生徒が3名入学しましたが、当校で一念発起して頑張れた結果、全員見事合格されました。

――もしも、入試本番まで数か月を切った状態でも、やる気のエンジンがかからず、生成績も低迷しているような受験生がいれば、どのような指導をされますか。

杉崎先生:思い切ったプランの変更が必要ですね。

当校であれば、その生徒の現在の学力、得意科目・不得意科目、志望校を正確に分析し、完全にその生徒さん向けの個別指導プランを作成します。

そして、入試本番までの大半の授業を当校講師との個別指導にあて不足学力を的確に向上させ、第一志望校・第二志望校の予想問題の演習を繰り返し行うことで、入試得点率を一気に数十ポイントアップさせ一次試験合格へ滑り込ませます。

講師のリソースの都合上、ごく少数の生徒しか承れませんが、昨年度はこちらのプランで3名生徒を何とか合格させることができました。

――また、やる気があり真面目に努力も続けてきたにも関わらず、通っている予備校が合わないと感じており、思うように成績も伸びないままこの時期を迎えている受験生にはどのような提案をされますか。

指導風景2杉崎先生:常識的に考えると、大きく環境を変えるのはリスクが高いと考えるのが一般的かもしれません。

しかし、本当にそれは正しい考えでしょうか。直感的に来年の入試について現在不安を感じているのであれば、勇気をもって転校も選択肢に入れるべきなのではないでしょうか。

当校では年度の途中に入学されてくる方にも、中途入学がハンディとならないよう柔軟にカリキュラムを組むことが可能です。

受験本番1ヶ月~数か月前に駆け込みで入学された方も医学部合格を勝ち取らせた例も多数あります。このままでは不安を抱えたまま受験に突入してしまうとお感じの受験生の方は、当校のような面倒見の良い予備校に相談してみることをおすすめいたします。

――それでは最後に、多浪生・再受験の方に激励のメッセージをお願いいたします。

杉崎先生2杉崎先生:私の持論ですが、多浪という経験は必ずしもマイナスばかりではないと思います。

挫折やストレスを乗り越えた経験がある人の方が、病気に苦しむ患者の心に寄り添える医師になれるのではないでしょうか。

再受験の方の他の学部で学んだ知識や社会人として働いた経験は、複雑化する現代の医療社会においてきっと役立つことがあるでしょう。

入試において現役生が優遇される医学部も現実として存在はいたしますが、受験回数や年齢をハンディと思わずにポジティブな心持ちで難関に立ち向かう受験生に対し、当校はサポートを惜しみません。

『厳しいけれど、面倒見は良い』そんな予備校をお探しのご両親、受験生の皆さん一度当校に見学にいらしてみてはいかがでしょうか。

――杉崎先生、本日はありがとうございました。

公式サイトはこちら

おすすめ医学部予備校

野田クルゼ

40年以上の伝統と歴史を誇る実績トップクラスの医学部予備校

学び舎東京

医学部および難関大学に強い個別専門予備校

慶応進学会フロンティア

多浪生および再受験生から圧倒的な支持を誇る

おすすめ学習ツール

メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

page top