東京慈恵会医科大学医学部

医学部予備校比較ランキング※最適な医学部予備校の選び方

東京慈恵会医科大学医学部は教育システムや臨床教育に定評のある難関私立医大です。

医学部予備校TOP > 東京慈恵会医科大学医学部

東京慈恵会医科大学医学部医学科

東京慈恵会医科大学医学部

東京慈恵会医科大学医学部医学科は、私立大医学部の中でも最上位の難易度を誇る大学であり、御三家(慶応、日本医科)の一つとされている大学です。

東京慈恵会医科大学医学部医学科は、1881年(明治14年)に成医会講習所を開設したのを起源にもつ歴史と伝統のある大学です。

創設者である高木兼寛は、自動主義である英国医学を教授したのもあり、心ある医師を育てることを重視しており、医療技術や知識だけでなく人間性の育成に力を入れています。

そのため、コミュニケーションを重視しており生徒と教員との距離が非常に近いことが特徴です

また、看護師や薬剤師との共同実習を通じて医師以外の仕事を理解し協調性を育みチーム医療の重要性を教えています。

さらに、高木兼寛が学んだイギリスのキングスカレッジ・ロンドンは姉妹校であり、毎年数名の学生が奨学金を得て留学しています。


医学科のスケジュール

慈恵会医科大学では、6年間一貫して行われる医学総論には早期臨床体験、福祉体験実習、病院業務実習などか含まれており、入学当初から医療現場に触れる機会が設けられている特徴があります。

さらに、2,3年次には、プライマリ・ケア、産業医実習などを選択することも可能となっています

基本的には1年次には総合教育や生命基礎科学を学び、2年次には基礎医学を中心に学びます。

3年次には臨床基礎医学や社会医学を学ぶと同時に、教員の指導の下研究活動に従事し研究医としての考え方を習得してきます。

4年次には、機能・臓器別の統合講義や少人数制のチュートリアルで臨床医学を学んで行きます。

5年次の臨床実習では診療チームの一員として診療に参加し実戦経験を積んでいきます。

6年次は選択実習となり、附属病院、関連病院、または海外の大学・病院での臨床実習や国内外の研究施設で研究に専念することが可能です。

基本情報

キャンパス ■国領キャンパス:1年次 ■西新橋キャンパス:2~6年次
住所 〒105-8461 東京都港区西新橋3丁目25番8号
医学科公式HP http://www.jikei.ac.jp/univ/igaku/index.html

東京慈恵会医科大学医学部の詳細

一次試験科目 試験時間
数学 100点 90分
英語 100点 60分
理科 200点(2科目) 120分
合計 400点 /


東京慈恵会医科大学医学部は、1921年に設置された由緒正しい私立医学部です。現在は、日本医科大学を抜き慶應義塾大学に次ぐ難易度を誇る医学部となっています。

入試科目にすいて言及すると、生物を除く理系科目では医科単科大学らしく難易度はかなり高いです。

倍率としては毎年6倍程度と私立医学部にしては低いですが、これは東京慈恵会医科大学医学部の入試難易度が高く受験生の上位層しか受験しないためと言われています。

多くの私立医学部と違い、今までは小論文が課されていませんでしたが、2017年度入試から小論文試験を課すようになりました。

東京慈恵会医科大学医学部は、東京都港区にあり、立地もかなり良いです。

平成29年(2017年)度入試結果

募集定員 志願者数 受験者数 合格者数 補欠合格者数 繰上合格者数
110 2035 1788 165 218 102


最高
(得点率)
最低
(得点率)
平均点
78.5% 44.8% 非公表


2017年度の東京慈恵会医科大学医学部入試の倍率は10.8倍でした。補欠合格者数は102名と近年の中では少なめでした。

今年度の東京慈恵会医科大学医学部入学者数は110名です。

平成28年(2016年)度入試結果

募集定員 志願者数 受験者数 合格者数 補欠合格者数 繰上合格者数
110 2276 2073 165 206 151


最高
(得点率)
最低
(得点率)
平均点
86.5% 61.5% 非公表


今年度の東京慈恵会医科大学医学部入試の倍率は12.6倍でした。

2016年度の東京慈恵会医科大学医学部入学者数は112名です。

平成27年(2015年)度入試結果

募集定員 志願者数 受験者数 合格者数 補欠合格者数 繰上合格者数
110 2400 2183 155 225 184


最高
(得点率)
最低
(得点率)
平均点
84.88% 62.93% 非公表


2015年度の東京慈恵会医科大学医学部の倍率は14.1倍です。今年度の入学者数は112名でした。

補欠合格者数が184名、と2014年度と比較すると30名程度多かったです。

平成26年(2014年)度入試結果

募集定員 志願者数 受験者数 合格者数 補欠合格者数 繰上合格者数
110 2574 2368 155 269 152


最高
(得点率)
最低
(得点率)
平均点
83.5% 58.3% 非公表


2014年度の東京慈恵会医科大学医学部の倍率は15.3倍です。今年度の入学者数の現役・浪人比は半々でした。

合格倍率は2012年度から右肩上がりとなっています。

東京慈恵会医科大学医学部医学科の口コミ・体験談

当サイトでは、現在東京慈恵会医科大学医学部医学科の口コミ・体験談を募集しています。医学部志望の受験生に役立つ情報の場として、ぜひご協力お願いいたします。

>>東京慈恵会医科大学医学部医学科の口コミ・体験談の投稿はこちら<<

東京慈恵会医科大学への合格実績がある医学部予備校

ランキング1位
駿台予備校
駿台予備校

駿台予備校は、医学部に強いと昔から言われ毎年多くの医学部合格者を輩出している大手予備校です。特に、難関国公立大学医学部および私立上位大学医学部の合格者数を多いのが特徴です。長年多くの医学部合格者を輩出した豊富なデータと質の高い授業で医学部合格へ向けた受験生の学習をサポートします

駿台予備校の口コミ投稿をする駿台予備校の詳細駿台予備校の資料請求はこちら
口コミ・評判 特徴 校舎
実績豊富な伝統の医学部コース 全国主要都市
ランキング2位
野田クルゼ
野田クルゼ

野田クルゼは、医学部受験に特化し40年以上の伝統と実績を持つ、難関受験に強い早稲田アカデミー系列の医学部専門予備校です。講師は全員有名大学卒で医学部受験指導のプロのみ。少人数クラスとクラス授業と個別指導、合宿、学生寮など医学部受験対策に必要なものは全て用意しています。高校1年生から既卒生まで受講可能な全クラス設定があります。

野田クルゼの口コミ投稿をする野田クルゼの詳細野田クルゼの資料請求はこちら
口コミ・評判 特徴 校舎
40年以上医学部に特化した受験ノウハウが強み 東京
ランキング3位
池袋医学館
池袋医学館

池袋医学館は、大手予備校で活躍している有名講師が少人数クラスと個別で指導してくれる医学部専門予備校です。講師陣は教材や参考書の執筆や模擬試験作成など担当する大手予備校の中でも評価の高い講師陣が集結しています。大教室でしか受講できない講師から丁寧なサポートを受けられるので、合格率も高く80%を超えています。無料体験授業を受講してぜひ講師力を体感してください。

池袋医学館の口コミ投稿をする池袋医学館の詳細池袋医学館の資料請求はこちら
口コミ・評判 特徴 校舎
医学部合格率80%以上 東京
 

<<おすすめ医学部予備校>>

野田クルゼ

40年以上の伝統と歴史を誇る実績トップクラスの医学部予備校

学び舎東京

医学部および難関大学に強い個別専門予備校

慶応進学会フロンティア

多浪生および再受験生から圧倒的な支持を誇る

 

<<おすすめ学習ツール>>

メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

医学部予備校比較ランキング※最適な医学部予備校の選び方

ページトップへ戻る

 医学部予備校比較ランキングについて | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | お問い合わせ

Copyright (C) 医学部予備校比較ランキング※最適な医学部予備校の選び方 All Rights Reserved.