医学部予備校独占インタビュー!TMPS医学館編

医学部予備校比較ランキング※最適な医学部予備校の選び方

医師から高い評価を得ているTMPS医学館に独占インタビューを行いました。

医学部予備校TOP > 医学部予備校独占インタビュー!~TMPS医学館編~

医師が推薦するTMPS医学館に独占インタビュー!

医学部予備校比較ランキングでは、受験生に役立つ様々な企画を用意しています。

本日は多くの医師から高い評価を得ている医学部予備校「TMPS医学館」に独占インタビューを行いました。

当予備校の代表で講師も務める長澤先生は、30年以上の指導経験と実績から独自の学習システムを確立させており、偏差値30台からでも医学部合格を実現させています。

今回は、偏差値30台でも医学部合格が実現可能な当校の指導内容や学習環境を詳しく解説していますので、予備校選びの参考にしてみてください。

長澤先生 講師・スタッフ 自習室

TMPS医学館とは

TMPS医学館

TMPS医学館は、多くの医師から推薦されている合格実績が豊富な医学部予備校です。

10年以上の合格実績を誇る当校代表の長澤潔志の教育論は、大手マスコミにも取り上げられています。

業界初の24時間開校を採用し、夜中もスタッフが常駐のなか生徒は安心してとことん学習できます。

また、40人限定の少人数、年間500時間を超える徹底ケアのもと、業界を代表する最強講師陣からレベルの高い指導が受けられます

当校では、無料体験授業を実施しているので、興味がある人はまずは体験することから始めると良いでしょう。

詳細はこちら

「TMPS医学館」の長澤先生にお話を聞きました。

――長澤先生がTMPS医学館を設立しようと思ったきっかけは何でしょうか。

長澤先生2長澤先生:私は大学や予備校で30年以上教育に携わってきましたが、医学部受験を目指すのは優秀な生徒ばかりではないのですね。偏差値が30とか40くらいの生徒もいます。そのような生徒の場合、学力を上げるためには何が必要なのかというと、生徒自身の生活スタイルを変えることなのです。生活スタイルが変わると自発的に勉強するようになります。「もっと頑張りなさい」と叱咤激励するだけではダメ。生徒と真剣に向き合うことが必要なのです。しかし、実際にはそういう教育ができる場はまだまだ少ない。そこで、私が考える教育方法を実践する場としてTMPS医学館を設立しました。

――生徒の生活スタイルを変えるために、どのような取り組みをされていますか。

長澤先生:当校では、生徒が朝早くから夜遅くまで勉強できる自習室を用意し、疑問点はすぐ講師に質問できる体制をとっています。また、当校では集中して勉強する機会として夏合宿を開いておりますので、長期間一緒に生活し、一緒に勉強し、一緒に行動することで生徒の生活スタイルが大きく変わります。

――生徒だけでなく、親御さんとのコミュニケーションも頻繁にとっているようですね。

長澤先生3長澤先生:当校では2ヶ月に1回「PTSA会」という面談会を行っています。これは、担当講師、保護者、生徒、スタッフが集まり、生徒の学習状況や成績を元に、合格する為の方法を真剣に考える会です。時には厳しいことも言わなくてはいけませんが、生徒の将来のためですから、お互い本音で話し合います。

――PTSA会の手応えはいかがでしょうか。

長澤先生:昨年から回数を増やしたのですが、有り難いことに欠席者は一人もいません。PTSA会の日は朝9時から夜10時までびっしり面談をします。成績報告だけの父母会なら、出席してくださらないでしょう。遠方から足を運んでくださる方もいますからね。成績が伸び悩んでいる生徒にとっては、あまり嬉しくないという声もあるかな(笑)。でも、講師、スタッフ、親御さんのみんなが真剣な様子を見て、生徒も真剣な姿勢で勉強に取り組むようになります。 また、PTSA会だけでなく年に1回ホームカミングデイという会も開催しています。この会は、一期一会の機会を大切にする会です。卒業生とその保護者様と楽器を演奏したこともありますよ。

――次に貴校自慢の「最強講師陣」についてお聞きします。一流の先生がたくさんいらっしゃるということでしょうか。

授業長澤先生:当校では入試問題や全国模試の問題作成をしていたようなトップレベルの先生を数多く揃えています。一流の先生というのは世の中で一握りしかいないと言われていますが、当校にはその一握りの先生がいると自負しています。

――現在貴校に通われている生徒さんやその親御さんが貴校を選ばれた理由は、生徒への手厚いサポート、それから最強の講師陣と言えるでしょうか。

長澤先生:前者に関しては、私たちは医学部に合格するまで生徒ととことん向き合いますから、生徒への手厚いサポートというのは、その通りだと言えます。しかし、教える先生がどれほど優秀かを生徒や親御さんが入学前に判断することは難しいでしょうね。むしろ、本やテレビで金髪に白衣姿の私を見て興味を持ち、「この先生ならうちの子を伸ばしてくれるかもしれない」と連絡をくださるケースがよくあります。実際に親御さんとお会いしてじっくりお話しすることで、当校の素晴らしさをご理解いただけているのではないかと思います。

――生徒数が前年比130%増とのことですが、これだけ生徒や親御さんの支持を集めているのは、長澤先生のキャラクターや教育方針に魅力を感じた方が多いということでしょうか。

長澤先生:私の教育方針は単に学力を上げるだけではありません。やがて医者になるわけですから、人間力を高めることも重要です。そこに魅力を感じて信頼してくださる親御さんが多いのだと思います。

――元大学入試試験官による面接講座はとても実践的だと思いました。これも人間力を高めるのに役立ちそうですね。

書籍長澤先生:実は私が推薦入試や一般入試の入試試験官をしていた経験がありますので、その経験を活かして面接指導をしています。入試試験官はどんな話を聞きたくて面接をしていると思いますか。言葉遣いや礼儀作法だけを重視しているわけじゃない。私は経験上何が必要か分かっていますから、実践的な面接指導ができるのです。

――貴校には偏差値が低くても医学部に合格した生徒さんが多いと伺っています。何か特別なカリキュラムがあるのでしょうか。

長澤先生:そのような生徒を引き上げるのが私たちの役目です。カリキュラムも当然ありますが、これまで何度かお話してきたように、一緒に生活して一緒に勉強することから始めます。偏差値が低い生徒は長い時間集中できないことが多いからです。生活態度が変わると行動が変わる。行動が変わると考え方が変わる。そして、考え方が変わると自分から勉強するようになるのです。だから、合宿して一緒に生活する機会も必要。年末年始も合宿をしていました。

――合宿を行うことで生徒の変化が実感できるということですね。

自習室2長澤先生:そうです。当校の合宿は内容が非常に充実していることはもちろんですが、「勉強を教える日」の集合体ではありません。年齢を超えてお互いに人間としての話し合いができる場でもあります。

――貴校にはどんな生徒が向いていると思われますか。

長澤先生:優秀な生徒もそうでない生徒でも、当校はどんな生徒でも大丈夫ですよ。優秀な生徒はカリスマ講師に引き上げられてぐんぐん伸びていきますし、そうでない生徒も綿密なサポートによって受験の最後の最後まで成績を伸ばします。たとえ、偏差値が低くやる気がゼロであっても素直ささえ持ち合わせていてくれれば合格まで引き上げることがこの学校では可能ですよ。

――近年増えている社会人再受験生の体制はありますか。

休憩室長澤先生:もちろんあります。30歳以上の方が医師を目指すというのは、10年ほど前から増えてきましたね。看護師、整体師、弁護士など様々な方が医師を目指すケースがありました。社会人になってからの医学部受験は非常に大変です。時間的制約もありますしね。でも、実際に40歳の主婦が当校で勉強して医学部に合格した例もありますから、本人の強い意志があれば大丈夫です。

――噴水やカフェ風スペースがあり、とてもリラックスした雰囲気ですね。校内環境へのこだわりについて教えてください。

長澤先生:予備校というと一般的に暗いイメージがありますよね。私自身もそういう予備校時代を送りました。だから、私は自分で予備校を作るなら楽しく勉強できる環境を用意してあげたかったのです。ゲーム、ギター、筋トレグッズなんかも過去には置いたことがあるくらいです。最大限に集中して勉強するためには、切り替えが大切です。最近は惰性でだらだらと勉強する生徒がとても多い。息抜きをするときはして、勉強するときは思い切り取り組む。これがとても重要です。

――長澤先生が医学部予備校で教える醍醐味とは何でしょうか。

長澤先生4長澤先生:毎年違った事例が出てきて暗中模索することも多いのですが、逆にそれを生きがいとして教えているようなものです。当校を卒業した生徒が医者になってから訪ねて来て、「あの時先生と話したことが忘れられない」と言われると、もう嬉しくてたまらない。講師を続けてきて良かったと思える瞬間ですよ。

――本日はいろいろなお話を聞かせていただいてありがとうございました。最後に読者にメッセージをお願いします。

長澤先生:私たちは医学部に合格するまでとことん付き合います。一緒に頑張りましょう。ぜひお待ちしております。


公式サイトはこちら

 

<<広告・PR欄>>

野田クルゼ

野田クルゼの公式サイトです。
http://www.kurse.co.jp/

学び舎東京

学び舎東京の公式サイトです。
http://manabiyatokyo.jp/

慶応進学会フロンティア

慶応進学会フロンティアの公式サイトです。
http://www.gokaku-igakubu.com/

 

<<おすすめ学習ツール>>

メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

医学部予備校比較ランキング※最適な医学部予備校の選び方

ページトップへ戻る

 医学部予備校比較ランキングについて | 相互リンク | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | お問い合わせ

Copyright (C) 医学部予備校比較ランキング※最適な医学部予備校の選び方 All Rights Reserved.