杏林大学医学部

杏林大学医学部は新設医大の中では人気の高いクリーンな試験を実施している医学部です。

医学部予備校TOP > 杏林大学医学部

杏林大学医学部医学科

杏林大学医学部

杏林大学医学部医学科は、年齢性別関係なく全ての受験生に門戸が開かれたクリーンな入学試験を実施している大学です。

杏林大学医学部は、1953年(昭和28年)に開設された三鷹新川病院を起源とする医系大学の中ではまだまだ新しい大学になります。

ただし、日本最大級の高度救命センターを構え、東京の基幹病院に指定されており医学教育として得難い環境が整っているのが魅力です。

さらに、臨床医の育成に力を入れており、1年次から病院見学に加え臨床医学総論等の授業も始まり医療人としての自覚を形成させます

また受験生からはオープンキャンパスなどで、大学側の勧誘が積極的で好印象を持っている学生が多く、人気のある大学の一つです。

医学科のスケジュール

杏林大学では、1年次には、基礎科目のほかに臨床医学入門や両院実習など臨床医学に関する分野も早くから学習します。

2年次には、基礎医学科目を中心に人体の構造と機能を理解します。

3年次には人体の仕組みに加えて「病態」を学ぶほか、後半からは統合型の臨床科目を講義とチュートリアルを通じて学び自主学習能力とプレゼンテーションスキルを習得します。

4年次では、臨床診断総論で5年次から始まる臨床実習へ備えた学習を行います。

5年次の臨床実習では、ベッドサイドラーニングとして附属病院の各診療科をまわります。その他、救急車同乗実習、手術・検査の見学、カンファレンスや勉強会などたくさんの臨床体験を受けることができます

6年次には、臨床総合演習として実際の医師に近いより実践形式で実習をおこなうクリニカルクラークシップが実施されます。その際、希望すれば海外の医療施設で臨床体験をおこなうこともできます。

基本情報

キャンパス 三鷹キャンパス
住所 〒181-8611 東京都三鷹市新川6-20-2
医学科公式HP http://www.kyorin-u.ac.jp/univ/faculty/medicine/

杏林大学医学部の入試情報 

一次試験科目 試験時間
数学 100点 60分
英語 100点 60分
理科 150点(2科目) 100分
二次試験科目 試験時間
小論文 / 60分
面接 / /

東京都三鷹市に作られた杏林大学医学部は、かつて簡単な分類でした。 私立入試にしては珍しく2011年まで倍率が10倍にいかなかったのですが、一般入試を大幅に変更することで2017年度入試では、22.4倍にもなりました。 補欠の繰り上げ合格者数は定かではないですが、補欠の人はネットで補欠番号を知ることが可能です。

平成29年(2017年)度入試結果

募集定員 志願者数 受験者数 合格者数 補欠合格者数 繰上合格者数
91 2884 2764 123 非公表 非公表
最高点 最低点 平均点
非公表 非公表 非公表

2017年度の杏林大学医学部の倍率は22.4倍でした。 より優秀な人材を求めるために、杏林大学医学部では奨学金制度を実施し始めました。成績優秀者には、学費が一部免除されます。

平成28年(2016年)度入試結果

募集定員 志願者数 受験者数 合格者数 補欠合格者数 繰上合格者数
91 2784 2649 124 非公表 非公表
最高点 最低点 平均点
非公表 非公表 非公表

2015年度入試までは、三鷹キャンパスと五反田キャンパスどちらかでの受験だったが、今年度から五反田キャンパスのみとなりました。(※五反田キャンパスの定員をオーバーした場合にのみ、三鷹キャンパスを開放しています)。 数学の出題範囲に、データ分析、複素数平面が追加されました。

平成27年(2015年)度入試結果

募集定員 志願者数 受験者数 合格者数 補欠合格者数 繰上合格者数
91 2784 2716 121 非公表 非公表
最高点 最低点 平均点
非公表 非公表 非公表

杏林大学医学部の試験は、三鷹キャンパスか五反田キャンパスで受験可能です。 総合格者数に占める現役の比率はとても低いです。

平成26年(2014年)度入試結果

募集定員 志願者数 受験者数 合格者数 補欠合格者数 繰上合格者数
91 2770 2623 122 非公表 非公表
最高点 最低点 平均点
非公表 非公表 非公表

杏林大学は合格最低点を医学部医学科のみで公開しています。そのため、医学科の合格最低点な不明です。

杏林大学医学部医学科の口コミ・体験談

投稿者:てむてむ (女性:卒業生)

入試は男女差別や年齢差別がなくクリーンな入試制度を導入している印象がありました。また、私立医大では珍しく寄付金や学債が一切必要ないので余計な出費がいりません。

2013/11/05

当サイトでは、現在杏林大学医学部医学科の口コミ・体験談を募集しています。医学部志望の受験生に役立つ情報の場として、ぜひご協力お願いいたします。

>>杏林大学医学部医学科の口コミ・体験談の投稿はこちら<<

杏林大学への合格実績がある医学部予備校

ランキング1位

駿台予備校

駿台予備校
口コミ・評判

★★★★

特徴

実績豊富な伝統の医学部コース

校舎

全国主要都市

駿台予備校は、医学部に強いと昔から言われ毎年多くの医学部合格者を輩出している大手予備校です。特に、難関国公立大学医学部および私立上位大学医学部の合格者数を多いのが特徴です。長年多くの医学部合格者を輩出した豊富なデータと質の高い授業で医学部合格へ向けた受験生の学習をサポートします

ランキング2位

野田クルゼ

野田クルゼ
口コミ・評判

★★★★★

特徴

40年以上医学部に特化した受験ノウハウが強み

校舎

東京

野田クルゼは、医学部受験に特化し40年以上の伝統と実績を持つ、難関受験に強い早稲田アカデミー系列の医学部専門予備校です。講師は全員有名大学卒で医学部受験指導のプロのみ。少人数クラスとクラス授業と個別指導、合宿、学生寮など医学部受験対策に必要なものは全て用意しています。高校1年生から既卒生まで受講可能な全クラス設定があります。

ランキング3位

慶応進学会フロンティア

慶応進学会フロンティア
口コミ・評判

★★★★

特徴

偏差値40台でも医学部合格が可能

校舎

東京

慶応進学会フロンティアは、予備校一の面倒見の良さで医学部合格を徹底サポートしてくれます。まず、3浪以上の多浪生でも特別プログラムを用意して医学部合格を実現します。さらに、合格保証付きの医学部完全合格プログラムを設置し、本気で医学部合格を目指します。医学部に絶対合格したいとう強い信念のある受験生にピッタリです。

おすすめ医学部予備校

野田クルゼ

40年以上の伝統と歴史を誇る実績トップクラスの医学部予備校

学び舎東京

医学部および難関大学に強い個別専門予備校

慶応進学会フロンティア

多浪生および再受験生から圧倒的な支持を誇る

おすすめ学習ツール

メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

page top