東京の医学部予備校が支持される理由

全国各地から東京の医学部予備校に通う受験生が多い理由について解説しています。

比較ランキングサイト

医学部予備校TOP > 東京の医学部予備校が支持される理由

医学部予備校に通うメリット

医学部を目指す受験生は大手進学予備校の医学部コースに通う人が多いですが、合格できずに浪人時代は医学部予備校に通う流れが主流となっています。

大手予備校に通うのは、圧倒的な医学部合格者数、知名度が高いから、友人が通っているからなど安易な理由が多いです。

もともと勉強ができる優秀な受験生であれば、駿台なんかの医学部コースはレベルの高い授業が実施されており医学部合格に直結した効率の良い対策が可能です。

しかし、勉強が苦手で偏差値も医学部合格からほど遠い受験生の場合は大手進学予備校の学習システムでは1年で合格レベルまで伸ばすのは非常に厳しいです。

そのため、現役時代に成果が出せずに多くの受験生が初めて真剣に学習環境を考え、医学部予備校に通うわけであります。

医学部予備校は、偏差値が低い受験生におすすめされるのは、少人数指導と学習管理の徹底にあります。

生徒が少なく、講師との距離が近いので丁寧な指導が実現し、いつでも質問をすることができるので、不明点を放置することがなくなります。

講師も生徒一人ひとりを把握できる規模なので、各生徒に合わせた指導やアドバイスができるようになり、着実に理解・定着させながら学力アップが図れるわけです。

医学部予備校に入れば朝から夜まで籠りっきりで勉強することになり、校内学習を義務化している校舎も少なくありません。

嫌でも勉強するという体制が整っているので、自然と学習時間を確保して量をこなしていけるのでサボり癖がある人でも勉強できます。

大手予備校から医学部予備校に移るのではなく、最初から医学部予備校に通っていれば1年合格を短縮させられると思いませんか

予備校に通うことを決めた際、大手進学予備校を選ぶ理由が安易な場合は、体験授業や説明会に参加して医学部予備校を知ることから始めてみましょう。

経済・文化・教育全てにおいて東京が中心

東京は日本の中心地であるため、企業の本社も東京に集まり、流行や文化も東京から始まるのは周知の通りです。

教育についても同じであり、国内最高学府は東京大学であり、その東大合格者数TOP3も開成・筑波大付属駒場・麻布と東京勢が占めています。

小学校受験から盛んな東京は、塾業界も活況であり質の高い優秀な人材がたくさん集まっているのが特徴です。

なので医学部予備校の講師なんかも大手予備校の主力校舎で活躍している人が非常勤で指導していることもあります。

また、医学部予備校数も東京が一番多いのですが、それだけ多いと競争も激しくお互いが質の高い指導を提供しようと切磋琢磨しあえる環境にあるのでレベルの底上げにつながっています。

情報が容易に入手できて少子化の現代は、普通に指導を行っているだけの医学部予備校は淘汰される時代であり、多くの合格実績を残す予備校だけが残る時代です。

競争を生き抜く質の高い医学部予備校を求めて生徒は全国から東京に集まっています。

地方出身なら入寮するのが一番!

地方在住の受験生が東京の医学部予備校に通うとなると住む場所を用意する必要があります。

生活拠点としては、医学部予備校の直営寮、提携寮、マンション・アパートの3パターンがあります。

おすすめは、医学部予備校の直営寮で間違いないです。

マンションやアパートは、1人暮らしで食事など家事全般を全て自分でこなす必要があるので不規則な生活に陥りがちです。

また、生徒や友人のたまり場と化してしまいやすく、勉強へのモチベーションにいい影響を及ぼさない面もあるので避けたほうが良いでしょう。

提携寮の場合も、医学部予備校生以外の大学生や専門学校生などと共同生活を送るケースがあるので、勉強の支障になったり、騒音に悩まされるなどトラブルに遭う可能性は決して低くはありません。

いっぽう、直営寮なら入居者は医学部予備校生だけなので同じ医学部を目指す同志として切磋琢磨できる環境があります

また、寮内に自習室が設けられたリ、校舎と一体となって通学が不要だったりと様々な工夫がされていているので勉強がより効率的に行えます。

地方出身生の医学部受験生は、東京にある医学部予備校の中から直営寮完備の学校を探すと良いでしょう。

東京にはどんな医学部予備校がある?

医学部予備校数がNo.1の東京には歴史ある医学部予備校から、実力派予備校講師が新設した医学部予備校まで様々な校舎が存在しています。

東京でも特に医学部予備校で有名な野田クルゼは、40年以上の歴史を誇る伝統予備校として親子2代で通っている生徒も珍しくありません。

近年は国公立医学部の合格者数を伸ばしており、質の高い指導を行うことで注目されています。

受験勉強に集中して取り組みたいという生徒にオススメなのは東京医進学院の全寮制コースです。

教室と寮が一体となっており通学時間0分の環境は無駄な時間が一切なく勉強時間に費やせます。

また、寮と校舎が一体ということは夜遅くまで勉強しても治安上の問題を気にしないので良いため子供を預ける保護者の方から好評です。

あと、私立の医学部に絞って目指すならメデュカパスという予備校も人気が高く、歴史もあるので継続的に質の高い指導を提供している証です。

もともとは両国予備校と呼ばれる医学部合格実績で一世風靡した予備校関係者によって設立された経緯があります。

医学部合格者を多数輩出していた学習システムを継承し、現在の医学部入試用にアレンジされた学習法には定評があります。

他にも東京には個性的な指導を提供している医学部予備校がたくさんあるので、まずは沢山の予備校について知ることから始めてみましょう

東京の医学部予備校はコチラ>>

おすすめ医学部予備校

野田クルゼ

40年以上の伝統と歴史を誇る実績トップクラスの医学部予備校

学び舎東京

医学部および難関大学に強い個別専門予備校

慶応進学会フロンティア

多浪生および再受験生から圧倒的な支持を誇る

おすすめ学習ツール

メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

page top