医学部予備校と過去問対策

医学部予備校の過去問対策は個人で行うより効果的かつ効率的です。

医学部予備校TOP > 医学部予備校と過去問対策

医学部予備校と過去問対策

医学部予備校では、各大学の過去問を徹底的に分析し、問題形式や出題範囲のクセを把握して指導に反映させています。

個人で過去問対策を行うよりも、医学部入試に精通したプロ講師陣がチームを組んで科目ごとに徹底追及しているので効果は非常に高くなります。

したがって、自分で過去問対策を行うよりも高度かつ的確な対策ができるようになり、結果的に医学部予備校の合格実績を後押ししているのです。

特に私立大学医学部においては大学間の入試傾向が明確に異なっており、偏差値が合格レベルに達していても大学別の対策を怠れば合格も難しいと言われています。

過去に出されたからもう出題されないと思っている人もいるかもしれませんが、類似問題は繰り返し出題されます。

過去問だからと甘く見ずに、志望校のクセや特徴は深く理解していくことが重要です。

個人で行う過去問対策も重要

医学部予備校が過去問を踏まえて指導を行ってくれるので安心ですが、それでも個人でも過去問を使って勉強を行うことは重要です。

というのは、過去問を使って対策を行うことで、限られた時間内で高得点を取るための戦略を取ることができるからです。

大学によっては、時間内で全問解いてしまうことが困難だったり、捨て問として他の問題に時間をかけることが重要だったりするからです。

難問に時間をかけすぎて解ける問題に対する時間が足りなかったという失敗談をよく耳にします。

過去問を解いておけば、本試験でも焦らずに捨て問かを判断することが可能となり、1点でも多く点数を稼ぎながら合格点へ到達していくことができます。

過去問対策は赤本などを活用して、一通り学習範囲が網羅できて応用や実戦形式に移る夏以降から活用していくと良いでしょう。

また、過去問は1回きりではなく、何度も繰り返し解いておくことが大切です。

大学別対策の予想問題は的中の可能性大

過去問対策だけでなく、各医学部予備校が直前期になどに開講する大学別対策を受講するのもおすすです。

直前期に実施される大学別講座では、本番を想定した予想問題を実戦形式で解いておくことができます

過去問とは違い、各大学の過去問から予想した本年度の入試問題を、実際の試験と同じ制限時間で解いていくため、最後の総仕上げとして活用できます。

予想問題は、医学部予備校が最新の入試傾向を踏まえて作成された出題内容となっているので必ず復習を行い、次に出題された場合は必ず得点できるように自分のものにしておきましょう。

というのも医学部予備校の大学別対策講座の問題は、本試験で同じような問題が出題される的中問題が多く見受けられるからです。

おすすめ医学部予備校

野田クルゼ

40年以上の伝統と歴史を誇る実績トップクラスの医学部予備校

学び舎東京

医学部および難関大学に強い個別専門予備校

慶応進学会フロンティア

多浪生および再受験生から圧倒的な支持を誇る

おすすめ学習ツール

メディカルline

メディカルlineの公式サイトです。
https://medic-base.com/

page top