専任講師のみのプロ医学部予備校

医学部予備校比較ランキング※最適な医学部予備校の選び方

プロメディカスは首都圏に3校舎を持つ医学部予備校です。

医学部予備校TOP > プロメディカス

プロメディカスについて

一口に医学部専門予備校と言っても、講師の質はバラバラです。

もちろん、学生講師がいれば年齢が近い分、相談もしやすいですが、やはり信頼をおけるのは、医学部専門の講師だと思います。

このページで紹介する医学部専門予備校プロメディカスは、高学歴かつ、受験指導に精通した専任講師陣しか存在しません。

そのため、安心して医学部受験に専念できます。

医学部専門予備校プロメディカスの専任講師による各医学部の傾向と対策など、受験情報も盛り沢山です。

ここでは、そんな医学部専門予備校プロメディカスがどういう予備校であるのかということから、実際の評判、学費まで徹底解説致します。

それでは、さっそく医学部専門予備校プロメディカスについて見ていきましょう。
【目次】



プロメディカスの概要

医学部コースを全てご紹介

医学部専門予備校プロメディカスは、2006年の横浜校を初めとして、現在は3校校舎を持つ医学部専門予備校です。(プロメディカス東京駅前、プロメディカス横浜、プロメディカス大宮)

冒頭で紹介したように医学部専門予備校プロメディカスは専任講師のみで構成されいている医学部専門予備校のため、医学部受験の圧倒的合格力が魅力です。

そのため、首都圏高にしか校舎も持たない医学部専門予備校プロメディカスに遠方から通う方も多いそう。

そんな医学部専門予備校プロメディカスは、生徒一人ひとり専用の自習室やローッカーが完備されているため、重たい参考書をわざわざプロメディカスまで運ぶ必要や、自習室の場所を確保する必要もありません。

また、医学部専門予備校プロメディカスでは、受験情報に精通した責任者が学習の仕方や、医学部受験の併願作戦も考えてくれます。

圧倒的サポート力が自慢の医学部専門予備校プロメディカスは、9つのコースがあります。

医学部専門予備校プロメディカスの全てのコースは、1クラス8名以内です。

まず、大きく分けると医学部専門予備校プロメディカスには、基本コース3つと専門コース6つがあります。

それぞれ1つずつ詳しく見ていきましょう。

基本コース

医学部現役科コース

対象は、高校1~3年生です。高校生は、普段の学校生活に加えて、予備校に通うため、時間をどのように使い学習していくかというのが大きな課題となっています。

医学部専門予備校プロメディカスでは、毎年数多の医学部合格者を排出してきたノウハウを使い、時間を効率的に、戦略的に医学部合格へと導いていきます。

医学部本科コース

対象は、高卒生です。医学部専門予備校プロメディカスならではの専門講師のみで行われる指導体制で、最難関医学部合格への道を切り開きます。

学習管理を徹底的に行なってくれるのに加え、それに対して各指導責任者のアドバイスもいただけます。

また、医学部専門予備校プロメディカス特製のレギュラーテストを受けることで、1週間の理解度も深まります。

医学部マンツーマンコース

対象は、高校1~3年生、高卒生です。医学部専門予備校プロメディカスのプロ専任講師が、生徒一人ひとり独自のカリキュラムを作成してくれるのに加え、なぜその学習を行う必要があるのか、といった根本的問題も適切に指導してくれます。

また、指導講師を指名することも可能のため、自分にあう医学部専門予備校プロメディカスの講師を見つけることが出来ます。また、校舎と時間もフレキシブルに出来るため、自分の都合に合わせることが可能です。



専門コース

獣医学部受験科コース

対象は、高校3年制と高卒生です。医学部予備校には、医学部専門コースがあっても、獣医学部用のコースは存在しないこともあります。

ただ、この医学部専門予備校プロメディカスは、他の医学部予備校と違い、獣医学部用のコースもあるため、きちんと受験対策をすることが出来ます。

推薦入試対策コース

医学部を一般入試で入るのは至難の業ですが、実は推薦入試で医学部に合格するのもとても大変です。

しかし、学校の評定条件をきちんとクリアし、人間的にも優れている人ならば推薦入試で医学部に合格することも十分可能です。

医学部予備校プロメディカスでは、高校3年生と高卒生に向けて、期間限定でこのコースを開放しています。

中高一貫徹底サポート医大ゼミ

医学部に合格するために、小学校から対策する人もいるように、若いうちに医学部入試に向けて対策をたてることはとても重要です。

医学部専門予備校プロメディカスでは、中高一貫生(中学1年生~高校3年生)に向けた コースがあります。

というのも、いくら最難関の医学部入試と言っても、基礎がおろそかになっていては、医学部に合格することは出来ません。

医学部に合格できるようなノウハウと勉強の仕方をきちんと教えてくれる医学部専門予備校プロメディカスなら誰よりも早く医学部受験に向けて対策することが可能です。

東海大学医学部編入対策 英語・適性講座

医師になることを希望して、近年では様々な経歴を持つ人が医学部受験をチャレンジしています。その中でもおすすめの医学部が編入する人にも優しい東海大学医学部です。

医学部専門予備校プロメディカスでは、この東海大学医学部対策専用のコースを作ることで、確実に対策することが出来ます。

なんと、医学部専門予備校プロメディカスなら、東海大学医学部入試で必要とされる、1次の英語、適性試験に加え、2次の個人面接まで全てを網羅的に対策可能です。

東海大学医学部についてさらに詳しく知りたい方は、下記のリンクをクリックしてくださいませ。

>>東海大学編入についての詳細はこちら<<


医学部現役科 日曜特訓

医学部専門予備校プロメディカスでは、高校1~3年生に向けた日曜集中マンツーマン特訓を行っています。

科目は、英語・数学・物理・化学・生物・小論文から選ぶことが可能のため、自分の苦手分野をこの機会に克服することも可能です。



以上、医学部専門予備校プロメディカスが行っている9つのコースについて詳しく見てきましたが、いかがでしたでしょうか。次項では、医学部専門予備校プロメディカスの評判について紹介していきます。

医学部専門予備校としての評判とは?

実際に通った方の評判を徹底網羅

様々な生徒に対応するために、9つのコースもある医学部専門予備校プロメディカス。

そんな医学部専門予備校プロメディカスの評判はどうなのか、ここでは実際の評判を紹介していきます。

医学部専門予備校プロメディカスの良い評判
とても熱心で、医学部受験に必要な知識を分かりやすく教えてくれた
校舎の立地が良い
どの医学部がどのような特徴を持つのかきちんと理解できた
自分専用の自習室とロッカーがあるのはとても良かった
医学部合格者数が多いので、安心して受験に専念できた
特待制度を用いて、かなり安く授業を受けることが出来た
自習室が朝8時から夜10時まで開放されていた


このように医学部専門予備校プロメディカスの評判は、かなり高かったです。学生アルバイトが存在せず、専任講師のみが授業を行うことからも授業の質に対して悪い評判もなかったです。

普段の授業の質も良いのに加えて、医学部専門予備校プロメディカスでは、自習室とロッカーも一人ひとり専用なので、場所に困ることもありません。

意外とお得な学費と特待制度

学費と特待制度について

ここでは、評判の高さを後押ししている医学部専門予備校プロメディカスの学費と特待制度について紹介していきます。

医学部専門予備校プロメディカスの学費

それでは、さっそく医学部専門予備校プロメディカスの学費について見ていきましょう。

医学部専門予備校プロメディカスのコースは9つありますが、ここでは、獣医学部受験科コース、医学部推薦入試対策講座、中高一貫徹底サポート医大ゼミを除いた6つのコースについて紹介致します。

医学部現役科コースの学費

高校1~3年生クラス
入会金 32,400円
クラス授業料 1学期、2学期、3学期すべて1科目220,320円
※1クラス150分/週。
※高校1年生、2年生は英語、数学、化学から選択可能。
※高校3年生は英語、数学、化学、物理、生物から選択可能。
※クラス授業料に教材費、施設費、授業外指導費を含みます。


医学部本科コース

高卒性
入会金 54,000円
教材費 108,000円
施設費用 216,000円
授業外指導料 108,000円
年間クラス授業料 3,348,000円
※1クラス150分/週。
※クラス授業料に教材費、施設費、授業外指導費を含みます。


マンツーマンコース

マンツーマンコースのみ受講の場合、入会金が必要です。

入会金 32,400円
中学生 9,720円
高校生 17,280円
高卒性 18,360円
※1クラス100分。


医学部再チャレンジコース

入会金 32,400円
授業料 9,720円
施設費用 16,200円
※1クラス60分。


東海大学医学部編入対策 英語・適性講座

入会金 32,400円
授業料 18,360円
施設費用(月額) 16,200円
※1クラス50分。2クラスから受講可能


日曜集中マンツーマン特訓

マンツーマン特訓のみ受講の場合、入会金が必要です。

入会金 32,400円
授業料 17,280円
施設費用(月額) 16,200円
※1クラス100分。

ここまでは、医学部専門予備校プロメディカスの学費について紹介しました。次は、医学部専門予備校プロメディカスの授業をさらにお得に受講できるかもしれない特待制度について見ていきましょう。

特待制度

医学部本科コースに限って特待制度を医学部専門予備校プロメディカスは設けています。

試験要項としては、以下の通りです。

試験科目 英語・数学・理科(化学/物理/生物の中から2科目選択)・面接
試験時間 各科目30分・面接10分


この医学部専門予備校プロメディカス専用試験を受験し、下記の得点率を取れば授業料が割引されます。

・A特待:授業料50%免除 入会試験 得点率90%以上 面接評価A
・B特待:授業料30%免除 入会試験 得点率80%以上 面接評価A
・C特待:授業料20%免除 入会試験 得点率70%以上 面接評価A
※特待の適用はクラス授業料のみになります。
 その他の学費、諸費用には適用されません。

以上、医学部専門予備校プロメディカスの学費と特待制度について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

医学部専門予備校プロメディカスの詳細まとめについては、次項で見ていきましょう。

医学部専門予備校プロメディカスの詳細

指導形態 少人数(8名以下)、個別指導
コース   ・医学部現役科コース
  ・医学部本科コース
  ・マンツーマンコース
  ・獣医学部受験科コース
  ・医学部推薦入試対策講座
  ・中高一貫徹底サポート医大ゼミ
  ・医学部再チャレンジコース
  ・東海編入 英語・適正講座
  ・医学部現役科 日曜特訓
合格実績 208名(2016年度)
予備校所在地 全3校舎
・プロメディカス東京駅前
東京都中央区八重洲1-8-16 新槇町ビルヂング14F
・プロメディカス横浜
神奈川県横浜市中区日本大通7
・プロメディカス大宮
埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-277 大宮田中ビル3~5F

プロメディカスの資料請求はこちら

当サイトでは、現在プロメディカスの口コミ・体験談を募集しています。医学部志望の受験生に役立つ情報の場として、ぜひご協力お願いいたします。

プロメディカスの口コミはこちら プロメディカスの資料請求はこちら
医学部予備校比較ランキング※最適な医学部予備校の選び方

ページトップへ戻る

 医学部予備校比較ランキングについて | 相互リンク | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | お問い合わせ

Copyright (C) 医学部予備校比較ランキング※最適な医学部予備校の選び方 All Rights Reserved.